みっけブログ

良いお店を選ぶ為の知って得する情報がいっぱい。

餃子の街の宇都宮、裏通りにはソープランド街

2018年10月11日

宇都宮(うつのみや)は、栃木県の県庁所在地であり、同県の中部に位置します。宇都宮市の人口は、50万人を超え、北関東3県で最大です。また、近年は、“餃子の街”として知られ、加えてカクテルやジャズなどで町おこしを行っています。ちなみに、近年、餃子消費量日本一をかけて、宇都宮市と静岡県浜松市が熾烈な戦いを繰り広げています。

そんな“餃子の街”宇都宮にも、ほかの地方都市同様に色街があります。その規模は決して大きくありませんが、意外なところにあるのが興味深いところです。そこへは、同市きっての繁華街“オリオン通り”の脇道から行くことができます。江野町のオリオン通りは、アーケードなので雨に濡れずに、また夜中でも子供が往来できる健全な商店街ですが、脇道に入ると昭和の時代から時を止めたようなスナック店、飲食店、風俗エステ店が建ち並び、10軒ほどのソープランドがあります。料金は、2万円から3万円ですから大衆店という部類になります。その中には、昭和50年代から店名を変えずに続いているソープランド店があるというのですから、歴史を感じずにはいられません。

表通りから間違って迷い込んでも、ソープランド店の軒先、裏口には黒服のスタッフがいますので、その気がなければ気軽に散歩できる雰囲気はありません。そこは、裏通り、色街ですから。

関連する記事

関連するハッシュタグ

こんな風俗店は摘発される!? お店選びは慎重に!

オナクラ女子は、脱がない、舐めない、触られない