おっぱぶとは?仕事内容と流れを徹底解説!

暁ちさと

暁ちさと

おっぱぶはお酒を飲みながら女の子とイチャイチャできるお店です。仕事内容とその流れを、詳しく紹介していきます。

1.お酒の飲みながらイチャイチャ

おっぱぶに来店したお客さんは、まずお店の人から説明があります。おっぱぶはお店によってルールがかなり違うので、どんなことがOKでなにがNGか説明をしておくのです。そのままテーブルに案内されてあいさつをするのが、最初の流れ。そこでドリンクをオーダーし、お酒を飲みながら少し話をするのも仕事内容のうちです。

ただ普通の飲み屋ではないので、最初からぴったりとくっついてお客さんの気持ちを高めていきましょう。また会話は大切ですが、他愛のない話で引っ張ると嫌がられます。お客さんが時間稼ぎととらえてしまい、不機嫌のなってしまうかもしれません。またセクキャバでは常時おさわりができるところと、決まった時間だけ過激なサービスができるところがあります。常時おさわりのところは、男性は1秒たりともムダにしたくないのが本音でしょう。そのような場合には会話を少し交わしてからは、まずディープキスをしてサービスに移行していきます。

おっぱぶでは、おっぱいのお触りの次にディープキスは重要と言われているほどです。キスNGでもOKなお店もありますが、ほとんどのお店ではディープキスは基本になっていると考えたほうがいいでしょう。

2.どこまで触られるかはお店によって違う

おっぱぶでどこまでされるのが仕事内容になるのかは、お店によってかなり変わります。服の上からおっぱいを触るだけのソフトなところもあれば、上半身は脱ぎやすい服を着て生で触られるのが基本のところもあるのです。さらに生でのお触りがありのところでは、乳首舐めもありなところが多いのも事実。ディープキスと乳首舐めまではOKと思っている女の子は、どのセクキャバでも比較的働きやすいでしょう。

しかしさらにハードなお店になると、下半身のお触りや指入れまでこっそりとOKをしているお店もあります。そこまでサービスが違うと、収入面だけでお店を選ぶと自分の許容を超えた仕事内容の流れのところに当たるかもしれません。おっぱぶの求人は、収入とサービスが見合っているかを考慮して見る必要があります。

とはいえおっぱぶの求人で、「ここまで触られます」などと書いているところは少ないでしょう。利用した男性の口コミを、インターネットで検索して探すと詳細な体験記がみつかるかもしれません。もちろんお店に直接確認をするのも、忘れないでください。