風俗の給料はいくら?時給日給から月収年収まで大公開【2019年最新版】

暁ちさと

暁ちさと

風俗の給料はお店によってかなり違いますし、女の子によってもかなり違います。
なぜなら、風俗のお仕事は成果主義なので、あなたが何人お客さんを接客したかによってお給料が決まるからです。

ですが、ある程度の目安として、ざっくりと相場をお教えすることは可能です。

オナクラ・手コキ系
・10~30万円前後
性感マッサージ・ピンサロ
・30~50万円前後
デリヘル・ヘルス・M性感
・50~80万円以上
ソープ・SM
・70~100万円以上

このように、仕事がハードになるほどもらえるお給料も上がる傾向があることがわかります。

しかし、これは20代の一般的な女性が月に15日間、6時間~8時間程度働いた場合の額です。

あなたの年齢や働いた時間、指名やオプションを獲得した数、そして何よりお店によって大きく変わることを忘れないでください。

この記事では、風俗の給料を職種別に時給から年収までまとめてみました。

さらに、実際にお店で働いている女の子のお給料を、業種別に大公開!

是非この記事を、あなたがお店を選ぶときの参考にしてみてくださいね!

風俗の給料のしくみ

日給や年収について触れる前に知っておきたいのが「風俗の給料のしくみ」です。普通のアルバイトや正社員と異なる給料システムなので、風俗未経験・初心者は軽く目を通しておいてください。経験者は読み飛ばしても問題ありません。

給料は歩合制です

風俗の給料システムは歩合制なので、何人お客さんを接客したかによって1日の稼ぎが変動します。

例えば、お客さん1人につき1万円のお店では、3人で3万円・5人で5万円の収入です。しかし当然のことながら、仕事が来なければ日給は0円になります。
(ピンサロを除く)
普通の時給制のバイトなら「今日は暇だラッキー♪」と感じますが、歩合制の風俗では適度に忙しいほうが嬉しいということですね。
実際、収入が少ない風俗嬢の多くは「お客さんが来なくて暇」「待機時間が長い」という悩みを抱えています。

手取りはプレイ料金×バック率で計算されます

風俗嬢の手取りは、お客さんが支払う「プレイ料金」×女性の取り分「バック率」で計算されます。例えば、1時間15000円・バック率60%のデリヘルの給料は9000円、2時間65000円・バック率60%の高級ソープは時給換算2万円です。

この他、指名料やオプション料金のバックが加算されます。しかし、「雑費」という経費が給料から天引きされてしまいます。なぜなら、ヘルス(箱ヘル)やソープならタオル代やローション代、デリヘルならイソジン代などが必要だからです。

風俗の給料の相場

マリアテレジア東京の風俗求人

風俗の給料システムを何となく理解していただいたところで、給料の相場についてご紹介します。今回はピンサロ・ソープランド・デリヘル(ヘルス)・オナクラ・風俗エステ・SMクラブの6つの業種を取り上げました。