風俗の応募は電話・メール・LINEのどれが良い?

暁ちさと

暁ちさと

風俗の応募には「電話・メール・LINE」のどれが良いのでしょうか?

これは、女の子から見た場合と、風俗店側から見た場合で少々違ってきそうです。

私は以前、風俗店で店長をしていました。その時の経験を元に言わせて頂けるのであれば、求人の応募は「電話」が一番だと感じます。
メールやLINEでの応募も非常に多かったのですが、最終的には電話で話をしてから面接の日程を決めるようにしていました。

どうしても電話で話せない女の子に限っては、メールやLINEだけで応募を受けることもありましたが、多くは面接にすら来ませんでした。

「バックレ」を未然に防ぐことは出来ませんが、電話で話すことで少なからず面接担当者は「この女の子は来る」、「この女の子はバックレる」と感じたりします(単なる勘ですが、長年やってると意外に当たります…)。

こんな経験をされてる風俗店の店長は私だけではないでしょう。風俗店側の視点から見させてもらった場合は、「電話」がもっとも良いと思うのではないでしょうか。

ただ、女の子の目線で応募の仕方を見た場合、【電話】が一番とは言い切れない場合もあります。それぞれの応募方法にメリットもあればデメリットもありますので、自分に合った応募方法を選ぶのが良いでしょう。

ここでは、応募方法のメールやLINE、電話の良い部分・悪い部分を紹介していきます。そのうえでどれが一番良いのかを考えていきましょう。
※当サイト「みっけ!」では、LINE・メール・電話、全ての応募に対応しております。
>>>稼げるお店を「みっけ!」で探す

女の子側から見た電話応募のメリットとは

風俗店の求人に応募する方法でもっとも一般的なのが電話での応募になります。メリットとしてあげられるのは、「一回ですべてが済む」「余計な写メなどを送らないで済む」というあたりではないでしょうか。

メールやLINEで応募する場合、やりとりを数回~数十回行わなければいけません。時間が無い女の子や、その場で面接の日程を決めたいと思っている女の子であれば、電話で応募をするのが一番スムーズに話が進むでしょう。

また、写メ面接のような“自撮り画像”をお願いされることをしなくて済むので容姿に自信が無い女の子には良いかもしれません。

⇒元風俗店店長が教える風俗の電話応募のかけ方