カテゴリー

求人掲載についてお考えですか?

広告掲載について

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ
風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

ホテヘルの仕事内容と流れを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテヘルの仕事内容と流れを徹底解説!

あなたは、ホテヘルとデリヘルの違いがわかりますか? 仕事内容や流れはほとんど同じですが、両者にはほんの少しの違いがあります。今回は風俗の求人でもよく見かける、ホテヘルについて仕事内容などを説明していきます。

1.お客さんが受付に来店

デリヘルにもホテヘルにもプレイルームはなく、女の子が派遣されるのは同じです。しかしデリヘルは事務所しかなくお客さんは電話で予約をしますが、ホテヘルの場合には受付所が設けられています。ここが大きな違いであり、またそれ以外はほとんど仕事内容の流れも同じといっていいでしょう。

ホテヘルを利用するお客さんは、まずは受付に来てパネルなどで女の子を決めます。お客さんにとって、モザイクやぼかしのない写真を見られるのは大きなメリットです。お客さんは気に入った女の子をパネル指名するかスタッフに好みを伝えて決めてもらうなどの方法で、一緒に遊ぶ女の子を決めます。

お客さんが受付に来ることは、女の子にとってもメリットがあります。モニターからお客さんを確認できるお店が多いので、知り合いなどが来店したならNGにできる点です。またひどく酔っ払って危険なお客さんなどは、スタッフの判断で拒否をするので危険な目に遭うリスクが減ります。またデリヘルは派遣先が広範囲で移動時間が多くなりますが、ホテヘルの場合は近くのホテルやレンタルルームなので移動時間が少ないところも魅力といえるでしょう。

2.お客さんと一緒にホテルへ


ホテヘルではお客さんが来店して、その流れで女の子と一緒に近くのホテルに行くパターンが一般的です。ホテヘルの受付があるところはホテル街の近くが多いので、それほど長い距離を一緒に移動するわけではありません。なので誰かに見られる可能性は少ないですが、やはり抵抗がある女の子もいるでしょう。その場合には男性が先にホテルに行き、女の子が後から行くお店もあります。求人や男性向けのサイトにも、ホテルまでどのように行くのか書いているところはあまりありません。もし気になる場合には、お店に仕事内容の疑問として聞いてみるといいでしょう。

ホテヘルはデリヘルよりも、短い時間のコースが好まれる傾向にあります。それだけ手軽な感じで、お客さんが利用しているともいえるでしょう。時間は短い分、数をこなして稼ぐ必要があります。デリヘルのように移動時間が多くないので、たくさんのお客さんを相手にすることも可能です。ひとりでも多くのお客さんについてもらえるように、お客さんが喜ぶサービスや写メ日記の更新などをこまめにすることが指名につながります

3.シャワータイム

ホテルに着いたら、まずはシャワーを浴びます。これもホテヘルに限らず、デリヘルなど他の風俗でも同じ流れです。シャワーを浴びるのは決まりなのですが、たまにシャワーを浴びることを拒否するお客さんがホテヘルにもいます。とくにホテヘルは短いコースを受ける人が多いため、シャワーの時間さえもったいないと思ってしまうのです。

そんなお客さんも、上手になだめて一緒にシャワーを浴びましょう。それでも拒否する場合には、シャワーはホテヘルの仕事内容で決まっていることをちゃんと説明して説得をしてください。それでもダメならお店に連絡するしかありませんが、それではプレイもできないのでよっぽどの人でない限り言うことを聞いてくれるはずです。

シャワーでいろいろとサービスをする場合もありますが、先ほども触れたようにデリヘルは短いコースの人が多いのでシャワーに時間をかけるとベッドが短くなってしまいます。ホテヘルの仕事内容のメインはやはりベッドなので、シャワーは短めで切り上げてベッドに流れましょう。

女の子の中にはお風呂でサービスをするわけでもないのに、お風呂をわざと長めにして時間稼ぎをしようとする子もいます。そんなことをしても評判が悪くなり収入が減るだけなので、お客さんには時間分きっちりとサービスをしましょう。

4.ベッドでのプレイ


ホテヘルではシャワーから上がってからが、本格的サービスです。ここからの内容はデリヘルもホテヘルも、ほとんど違いがありません。お店の基本プレイを守れば、サービスはある程度自由にできるのはホテヘルの仕事内容でもいいところです。お客さんに合わせた対応はもちろん、自分らしさがでるようなものを取り入れるのもいいでしょう。

お客さんの希望に応えるのは大切なことですが、本番行為や激しいSMプレイなどはきちんと断ることも大切です。また本来はオプションであるはずの行為を、なんとかお願いをして女の子してもらおうとする人もたまにいます。お金になるはずの行為なので、無料でする必要ありません。きちんとオプションであることを説明してお金をもらうか、それが無理なら諦めてもらうしかないでしょう。

お店の仕事内容で禁止されている行為をした場合、そのお客さんが他の女の子と遊んだときにあなたを例に挙げるかもしれません。「○○ちゃんは、してくれたのに」などの話になると、聞いた女の子にも迷惑がかかってします。またその流れから、女の子がお店に伝えてバレてしまう展開にも。そうなるとお店にはいられなくなるので、ちゃんとお店のルールに添ったサービスをしましょう。

5.ホテヘルのオプション

他の風俗と同じくホテヘルの仕事内容にも、オプションが設定されています。王道のホテヘルであれば、それほど変わったオプションはありません。コスプレやローターなど、他の風俗でもよくあるものがほとんどです。もちろんOKするかどうかは女の子が決められるので、無理なものはNGにしておきましょう。

ホテヘルに来るお客さんは短いコースで気軽に利用する人が多いので、オプションで稼ぐよりも数で稼ぐほうが効率もいいもの。もちろんオプションもたくさんつけてくれたならさらに収入が上がりますが、苦手なものまで無理にOKして続けられなくなってしまってはどうしようもありません。それならできることをたくさんのお客さんにするほうが、ホテヘルではいいでしょう。

また一部のホテヘルには、アニメやゲームのコスプレに特化したお店もあります。仕事内容の流れは同じですが、お客さんはアニメやゲームに詳しい人が多いのでなりきることが重要。またアニメコスプレのお店のオプションは、猫耳や2着目の衣装などマニア受けをするようなオプションも用意されているのが特徴です。

6.シャワーを浴びてお別れ

ベッドでのプレイが終わったら、最後にシャワーを浴びます。ホテヘルは利用時間が短いお客さんが多いので、このシャワーも手短に済ませてもらいましょう。女の子は片付けなどもありますが、こちらも手早い流れで済ませてお客さんとお別れのあいさつをします。

ホテルは一緒に出る場合と別々に出る場合がありますが、基本はお店の方針に従ってください。ただお客さんと一緒にいるところを周囲に見られたくないなどの理由があれば、面接の前にお店にどのようなシムテムか問い合わせをするといいでしょう。女の子の希望を考慮してくれるかもしれないので、気になるお店には気軽に質問をしてみてください。

一緒でも別々でも、部屋を出るまで気を抜かないのも大切な仕事内容です。終わったからといって、さっさと部屋を出てしまってはお客さんも冷めてしまいます。次につながる流れを作れたなら、高収入に近づくはずです。

ホテヘルとデリヘルの仕事内容の流れはほぼ同じですが、受付所があるかないかの違いがあります。デリヘルに興味を持った女の子は、働きたいエリアに求人がないか見てみましょう。

⇒関東の稼げるホテヘルバイト特集【厳選7店】

他の風俗の仕事内容と流れも確認!

関連する記事

あなたの悩みを『みっけ』で解決♪お悩みQ&A

Q

干されている?

今月に入ってから本指様しかつけてもらえていません。 そのため予約がないとお茶の時もあり… 写メ日記は毎日必ず書いていますが、日記をみていただきお店に来た時に違う嬢を勧められたとお客様か(7時間前)

Q

先ほどついたお客様の話です

私は元々気が小さいのか態度が横暴や横柄の方についてしまうとタジタジになってしまいます。先ほどついたお客様は、お酒を飲まれていましたが言葉がきつい事もあり怖くなり接客どころでないと判断した私はすぐお店に(7時間前)

Q

昼職をしている嬢

以前こちらで干されているかも、と相談させてもらいました。 皆様のアドバイスを元に店長と相談したところ「昼職をしているからお金に余裕あるでしょ?そうじゃない子を優先している。新人もいるし」と言われまし(7時間前)

Q

仮採用後の辞退について

面接で採用してもらいましたがやっぱり辞退したいと思っています。 面接の際に採用担当者様が確認用で写真を何枚か撮ってもらいました。 その写真データも辞退したら消去してくれるか心配です。削除依頼すれば(3時間前)

Q

会話の引き出し

広く浅く色々知っておいたほうがいいというのを聞きましたが、ジャンルはどのあたりがいいでしょうか? プレイもいいけど話していたいな、とか飽きないなと思ってもらえるようになりたいです。(3時間前)