求人掲載についてお考えですか?

広告掲載について

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ
風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

風俗のバンス制度のメリット・デメリットとは?

風俗のバンス制度のメリット・デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗店で働くメリットは日払いで高収入が稼げることです。

また学校や会社勤めの副業としても完全自由出勤の風俗嬢の仕事は時間的に効率的に出来るバイトとして人気です。

またすぐに高収入が必要な女性も実現可能なのが風俗の仕事です。

しかし「今すぐ20万円が必要」な緊急事態にはどうしたらいいのでしょうか?

いくら高収入バイトの風俗店でも即日10万円以上稼ぐことが出来るのはごく一部の高級ソープ店を除き不可能に近いです。

今すぐまとまったお金が必要になった女性のために「バンス制度」を設けている風俗店もあります。※バンス制度とはお給料の前借り制度です。

今回は気軽にお店から必要金額を前借りできる便利なバンス制度ですがメリットとデメリットについてご説明していきます。

バンス制度とは?

バンス制度とは女性が勤務する風俗店から信用をもとに無利子でお給料の前借りができるシステムです。

風俗嬢の多くは「即日まとまったお金が必要」「借金の返済が膨らんで返済が滞ってしまって困っている」など日払いのお給料はもちろんのこと前借りを必要としている女性もいます。

風俗求人に「バンス制度あり」「前借りOK」「すぐお金が必要な方はご相談ください」など見かけたことがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

風俗嬢の仕事は日払いで給料が稼げますが「いち早く10万円が必要」など切羽詰った女性を救済するために数万円から20万円程度の金額の前借り制度(バンス制度)を設けている風俗店もあります。

お金に困っている女性にはありがたいバンス制度。無利子で返済ペースも無理なく相談できるメリットも大きいです。

しかし「風俗店に前借りするなんて怖い」と感じる女性も多いかもしれません。正しく解釈してきちんと風俗店に返済すれば怖いことはなく問題もありませんからバンス制度のメリットとデメリットをきちんと頭にいれておきましょう。

バンス制度のメリット


バンス制度を取り入れている風俗店の多くは「今後働いてもらえる」信用をもとにお金を貸しています。風俗店が無利子でお金を貸してくれるありがたい制度です。返済方法は「日払いのお給料から天引き」「返せるときに返せばいい」など女性に負担のない方法を取り入れている風俗店が多いようです。

働く女性としては「無利子で前借りが出来る」「返済方法も無理がない」メリットがあります。今すぐまとまったお金が必要な女性も無利子で返済も給料から返していけますので「借金をしている」という罪悪感を感じなくて済みます。

バンス制度にはデメリットもある

「無利子でお金を貸してもらえて返済も無理なくできる」「収入に応じて返済方法も融通がきく」メリットが大きいバンス制度。反面うまい話には落とし穴があります。バンス制度には以下のようなデメリットもありますので慎重に検討すべきです。

  • 入店と同時の前借りは不可能
  • バンス制度を受けるにはルックスなどの採用基準が高い場合もある
  • 強制出勤させられるデメリットの可能性もある
  • 返済するまで退店させてもらえない
  • 返済しないで無断欠勤などして連絡が取れなくなった場合は実家や家族にばらされてしまうリスクもある

風俗店から信用をもとにお金を借りるバンス制度ですから信用を得るには「稼げそうな女性」と思っていただくことがまず第一条件です。

その風俗店で稼げそうと信用されないとバンス制度は受けられないので求人広告に「バンス制度あり」の文言があっても要注意です。またあなたのルックスや出勤を当てにしてお金を貸すわけですから「人質になっている」のも同然。

風俗店のバンス制度とは高利貸と同じです。貸すときは甘く、借りたら厳しい現実が待ち受けている場合もあります。

入店時に「バンス制度あるからいつでもお金貸すよ」との誘い手口は実は退店させてもらえない、強制出勤させられるなど「バンス制度なんて使わないでおけばよかった」と後悔してしまうリスクも高いデメリットがあります。

「返せるときに返してくれればいいから」とお金をくれるような軽い感覚でいる風俗店は実は「返済してないんだから店の言いなりに出勤しなければいけない」デメリットもあります。強制出勤は当たり前。体調不良で欠勤したいと言っても出勤人数が少ない日に限っては無理やり出勤させられるデメリットも。

バンス制度を頼って入店し、新人期間が過ぎてしまうと「稼げなくなる時期」が到来してきて「出勤したくない」「他の風俗店に移りたい」「もう退店したい」と思っても簡単には逃げられなくなっています。

バンス制度を取り入れている風俗店はボランティアでお金を貸すわけではありません。無利子でお給料を前払いで貸してもらえるには落とし穴があると考えたほうが無難です。お金を借りたら最後。返済するまでは風俗店の言いなりにならなければならないデメリットも大きいです。

「強制出勤させられるのがイヤ」「辞めたくなったらすぐに退店したい」「返済できないと家族や実家にばらされる」などの心配がある女性にはデメリットだらけですのでおすすめは出来ません。10万円~20万円が今すぐ必要ならキャッシングやカードローンを利用したほうがまだ安全です。

上手なバンス制度の利用方法


風俗店がバンス制度で「お金を貸しますよ」と提示できる金額の相場は数万円~20万円くらいです。キャッシングもカードローンも利用したくない・無利子でお金を借りたい女性は便利なバンス制度ですがすぐに返済計画が立てられることが理想です。

風俗業界も今や女性全員が確実に稼げるとは断言できない時代になりました。「稼げる店と稼げない店」「稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢」と大別されますのでバンス制度の意味をまず理解しましょう。

バンス制度とは風俗嬢を出勤させる・退店させない役割もあります。風俗店側はボランティアのように無利子でお金を貸してくれますが「返済を延ばす」「返済できない」のはズルズル風俗店に利用されてしまうデメリットもあるのです。

風俗嬢への信用をもとにお金を貸してくれて「無理のない返済方法で」「無利子で」リスクが低そうなバンス制度ですが一歩間違えば「風俗店にがんじがらめにされる」「逃げられない」危険と背中合わせであるデメリットがあることをお忘れなく。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「今すぐ20万円が必要」「キャッシングやカードローンだと金利がかかってしまうし」「風俗嬢の仕事ならすぐに返済できそう」と安易に利用してしまいそうなバンス制度ですがただほど恐ろしいものはありません。

風俗店もボランティアではありませんから安易に「返済してもらえないかもしれない」リスクの高い風俗嬢にはバンス制度は利用できません。また借りた借金はすぐ返済する目的がないと「返すのいつでもいいから」と甘い言葉と裏腹に風俗店の言いなりにならなければならなくなってしまいます。

バンス制度でお金を借りる場合は「お給料から一定金額の天引きで返済する」などルールをきちんと決めて1日でも早く借金をなくすように気を付けましょう。バンス制度で借りた金額を返済できないうちに欠勤したり連絡が取れなくなった場合は家族や実家の親に連絡がいったりし風俗嬢であることもばらされてしまうデメリットがあります。

風俗店に入店する際に提出する身分証がありますのでバンス制度を利用して返済するまでは逃げることは不可能です。身バレどころかあなたの人生を危険にさらされる可能性もありますので「ただほど高いものはない」と思って慎重に考えましょう。

関連する記事

あなたの悩みを『みっけ』で解決♪お悩みQ&A

Q

働きたいけど、アリバイが欲しい

風俗で働いてお金を貯めるために子供を保育園に通わせたいです。 入園はフルタイムでしっかり働いていないと通えないからって厳しいみたいです。 『保育園落ちた』で話題だけどほんと厳しい(><) 会社で働いて…(2017.09.23)

Q

退店意思を伝えても

退店意思を伝えても、通いにしたらと言われました。私は風俗をあがりたく昼職にしようと考えています。お店の女の子にまで引き留められてしまいました。 お店から言われたのは通いを提案され、 しまいには昼職って…(2017.09.22)

Q

挨拶

メンズエステで、働いて数ヶ月なのですが出勤した時の挨拶って夕方や夜でもおはようございます。なのですか?(2017.09.22)

Q

出勤

当日急に出勤する旨を連絡しても働かせてもらえるのでしょうか?(2017.09.22)

Q

お仕事

メンズエステに、入店したのですがまだ2人しかお客様と接っしたことがなく流れもわからず戸惑っています…。 講習も受けたのですが簡単なマッサージのやり方を一回のみでお客様をつけられてしまい…1人目はクレー…(2017.09.22)