カテゴリー

求人掲載についてお考えですか?

広告掲載について

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ
風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

M性感で働くメリット・デメリット6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗になじみのない女の子には、M性感と聞いてもビンとこないと思います。M性感のバイトでは、どんなことをするのでしょうか? メリットとデメリットを見ていきましょう。

1.女性側の受けがない

M性感のバイトは、女の子が攻めて男性にサービスをするのが基本です。そのために受けが嫌いな女の子にとっては、大きなメリットがあるといえるでしょう。受け身のほうが楽という子も多いですが、男性から攻められる行為も体力を消耗します。

ヘルスなどでのバイトは、受けは避けられません。M性感は攻めだけでやっていけるので、受けが苦手な子には体力的にも精神的にも楽だといえるでしょう。一方であまり攻めが好きではないと思っている女の子にとっては、デメリットしかありません。時間内はひたすら男性を攻め続けるのが、M性感のバイトです。攻められるのが好きな女の子がM性感で働くのは、場違いもいいところ。お店選びの時点で、間違っているといえるでしょう。

基本的には自分から攻めるのが好きでSっ気のある子でないと、M性感で働くのは難しいもの。お店によっては着衣で働けてお触りNGところもあるので興味を持つ子もいるかもしれませんが、仕事内容が自分に合っているかどうかがなによりも重要です。総合的に見て、自分に合っているかを判断してください。

2.本番を要求されることが少ない


M性感は女の子が攻めるのがメインのプレイのため、男性はひたすら受け身です。それが好きで来ているお客さんばかりなので、「自分も攻めたい」と言い出すお客さんも少ないのがメリットです。風俗のバイトをしていると興奮したお客さんから、本番を要求されるところが大きなデメリット。しかしM性感の場合は、本番を迫ってくるお客さんも少ないのがメリットです。

基本的に男性は受け身で、女の子から気持ちよくしてもらうことを求めています。そのために本番のように男性が攻める行為は、M性感のプレイには合わないからです。ただ興味本位で来たお客さんの中には攻められるだけでは物足りず、本番をお願いしてくる人もいるかもしれません。しかし他の風俗よりもそんなお客さんは少ないので、毎回、断るのに苦労をするなんて心配がないところは大きなメリットといえるでしょう。

お客さんは、攻められて快感を得ることを求めています。そのために女の子のプレイが中途半端な場合には、なかなか満足ができません。そのために、本番をねだってくる男性もいるでしょう。M性感で本番の要求を回避するには、お客さんにいいサービスをすることも重要です。

3.Sっ気のある女の子には天職

M性感は名前のとおり、男性が攻められて性的快感を味わう風俗です。そのためにM性感のバイトは、Sっ気のある女の子にとってはメリットだらけといえるでしょう。SMクラブではかなりハードなことを要求されますが、M性感の仕事であれば「ちょっとSっ気がある」くらいの女の子でもがんばれば務まるバイトです。言葉責めも要求もあるので、天性のSっ気を生かして思い切り男性の心を刺激してください。

同じプレイをするにしても、S気質のない女の子は男性をワクワクさせる演出は難しいもの。しかしSっ気のある女性には「じらし」や「からかい」などを上手に使い、プレイに入る前の楽しみを倍増させられるのが強みです。自分にはSっ気があると自覚をしている女の子や周囲から「女王様」と呼ばれるような子は、S性感のバイトにきっと向いています。

とはいえ普段のエッチではナチュラルなことしかしたことないような子は、自分に向いているかもわからないでしょう。M性感の仕事内容をチェックして、「楽しそう」と思えるような子は素質があります。どんなサービスをするのか、ネットなどで確認をしてみましょう。

4.攻めが疲れる

M性感のバイトは、女の子が攻めるのが仕事です。いくらSっ気のある女の子でも、お客さんが続くとかなりの疲労がたまるのが大きなデメリットといえるでしょう。デリヘルなどであれば、攻守を切り替えて乗り切る方法も取れます。しかしM性感では、それができません。疲れたからといって手を抜いてしまうと、お客さんからの評価は下がります。そのお客さんからの指名が取れず、さらには「あの子はサービスが悪い」と口コミに書かれてしまうと稼げなくなってしまうことも考えられるでしょう。

風俗の仕事はどれも体力が必要ですが、M性感も例外ではありません。ただ相手から攻められることがないので、受けによっての体力消耗がない部分はメリットといえるでしょう。お客さんに攻められるのが嫌いな子も、風俗には多いものです。

風俗を利用する男性の中には、女の子を乱暴にあつかうような人もいます。これは、業界全体のデメリットともいえるでしょう。しかしM性感の場合には、むしろ自分が乱暴にして欲しい人たちが集まります。お客さんから乱暴な目に遭うことが少ないという部分も、M性感でバイトをするメリットです。

5.肛門に抵抗のある人には地獄


M性感のバイトでは、男性への攻めが主な仕事内容とは何度も書いています。しかしこれが一般的な風俗のような攻めではなく、M性感独特のプレイがあるのがデメリットといえるでしょう。中でもM性感の名物ともいえるのが、前立腺マッサージです。M性感に来る男性は、前立腺マッサージを目的だといってもいいでしょう。

前立腺マッサージは肛門から指またはおもちゃを入れて、前立腺を刺激するというもの。この言葉を聞いただけで、「もうダメ!」と思った子はM性感で働くことは向いていません。素直に他の風俗に行ったほうが、ストレスもたまらないでしょう。

「肛門から指を入れて、なにが気持ちいいの?」と考える人もいるかもしれません。しかし前立腺マッサージの快感を覚えると、通常の風俗では満足できないという人もいるほど。つまり一度ハマったお客さんは、リピートをしてくれる可能性が高いところがM性感のバイトのメリットといえるでしょう。

しかし肛門に指やおもちゃを入れる行為は、デメリットと考える子が多いのも事実だと思います。指を入れるときにはコンドームをつけるなどの配慮をするお店がほとんどなので、その辺りも考慮に入れて働けるかどうかを考えてみましょう。

6.Mっ気のある女の子にはきつい

M性感のバイトは、Sっ気のある女の子にとっては天職といっていいほどに向いており、多くのメリットがあるでしょう。しかし一方で、Mっ気の強い女の子には、デメリットしかありません。Mっ気のある女の子がM性感でバイトをすること自体に無理がありますが、お店によっては下着やトップレスのみで働けるところにメリットを感じて入店をする子もいます。

しかし入店をしたもののもともとマゾっ気のある女の子なので、自分が攻めるのが苦手なのです。がんばって言葉責めをしようとしても、優しいためにお客さんは満足ができません。それが続いてしまうと、女の子にはお客さんがつかなくなってしまいます。

女の子はすっかりと自信をなくしてしまい、「自分には、風俗の仕事が向いていない」と思ってしまうかもしれません。しかしこれは業態選びが、根本的に間違っていただけです。風俗でも他の業態を選べば、この女の子も成功をする可能性が大いにあるもの。

お店のコンセプトとマッチしているかどうかは、風俗で稼ぐのにはとても大切なことです。お店選びこそ、慎重にするようにしましょう。

M性感のバイトは、Sっ気のある女の子にとってはメリットだらけです。一方でMっ気のある子には、デメリットしかありません。メリットとデメリットを見比べて、自分に向いているかを考えてみましょう。

関連する記事

あなたの悩みを『みっけ』で解決♪お悩みQ&A

Q

ソープ、ヘルス系どちらがいい?

39歳で、167cm、98kg、125/108/130の激ポチャです。家から大阪の梅田まで1時間、難波まで40分ぐらいです。 顔も何件か断れたぐらい、良くないです。昨年1ヶ月程、ぽちゃり専門のホテヘ(3時間前)

Q

これは風俗スカウトのキャッチですか?

大阪の難波で友達4人で歩いていたら一人チャラそうな見た目の男性が私の横について話しかけてきて、「どこ行かれるんですか?」「おねーさん年齢いくつ?僕も同い歳で良かったらLINE交換しません?」と言われて(3時間前)

Q

風俗店の面接は難しい?

未経験の大学生ですが、金欠で風俗のバイトの面接を受けようと思っています。 しかし、私は大学受験で面接のある推薦で不合格になった大学の方がほとんどだったので、風俗の面接も厳しいのかなと不安です。 (2時間前)

Q

月2~週1希望でも採用できますか?

未経験の大学生です。 私は部活で忙しすぎて、シフトは月2~週1しか働けません。 お昼~夕方の5時間くらい働こうと考えています。 このようなシフトでも大丈夫でしょうか? 後、試合やテスト(2時間前)