求人掲載についてお考えですか?

広告掲載について

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ
風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

風俗バイトに複数応募するメリット・デメリットとは?

風俗バイトに複数応募するメリット・デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗求人はジャンルやカラーが別れておりハードサービスからソフトサービスまで、また箱型・出張型と多種多様になっています。

求人を探している女性の多くは求人が多すぎて「どこの風俗店なら稼げるのか?」「安心して働ける風俗店は?」など悩むところですよね。

今回は目移りしてしまう・悩んでしまう場合に検討する風俗店への複数応募についてメリットとデメリットについてご説明していきます。

応募の前に求人で見るべき項目


風俗店は「より多くの女性を面接したい」「一人でも多くの新人入店を増やしたい」など稼げる稼げないは別として求人広告への待遇面など誇大広告を掲載している場合もあります。特に風俗経験のある女性は「求人に書いてあった内容と違う」「騙された」という経験もあるのではないでしょうか?

汎用的な風俗求人広告は周囲の風俗店と合わせた内容で掲載しているため「年齢制限は満18歳~35歳まで応募可能」「日給3万円」「容姿や年齢関係なし」「顔出しの強制なし」などの内容はスタンダードな広告内容です。

どの風俗店もこの内容で掲載していますが極端な話。19歳の学生さんと35歳の出産経験のある女性が同じ風俗店に在籍して同じ金額稼げると思いますか?

今や風俗業界も飽和状態になっているためどこの風俗店も「一人でも多くの新人入店を増やしたい」そのために求人広告には多少なりとも都合のいい内容が記載されています。

「年齢やルックスに関係なく稼げるって聞いたのに実は入店してから稼げなかった」と後悔しないためにも自分が稼げそうな風俗店を見つけるようにしましょう。

風俗嬢として働くメリットは「短時間で高収入が日払いで稼げること」です。しかし一歩間違えると「風俗嬢なのに稼げない」デメリットと背中合わせになっているため求人探しは慎重にしたいところです。

風俗店で働くメリットを活用するにはこれらの項目を頭に置いて求人を探してみてください。

  • 自分が無理せず働ける風俗店であること
  • 通勤に無理のない地域
  • 自分が出勤可能な時間帯にご予約が多いか?
  • 他の在籍嬢と自分の年齢とのバランス

例えば20代前半までの女性なら素人系、ソフトサービス系、学園系、ギャル系などで活躍できますが人妻系では厳しいです。逆に30代の女性が20代の女性メインの風俗店でも厳しいものがあります。

まずは自分の年齢がその風俗店のコンセプトに合うかどうかから見ていくようにしましょう。

また出勤可能な時間帯も重要です。風俗業界の王道であるソープランドは24時に閉店してしまいます。風俗1本で働くレギュラー出勤の女性にはバック率も高くメリットが高い業種です。

一方で学校の合間や昼職との副業などで出勤したい女性、夕方以降からの出勤がメインの夜型生活の女性には深夜営業に強いデリヘルなどの出張型風俗店の方が「自分の生活スタイルに合せて効率よくバイトできる」メリットが大きいです。

自分の年齢と働ける時間帯とのバランスをまず考え、稼げそうな風俗店を探してみてください。

風俗業界で働くメリットは「自分の都合に合わせて高収入が日払いでもらえる」ことです。一歩間違えると「風俗嬢をやっているのに何ひとつメリットがない」リスクと背中合わせです。

風俗店への複数応募は当たり前

デリヘルなどの出張型風俗店が莫大に増えており求人を探すだけでも目移りしてしまうかもしれません。お店選びを失敗してしまうと「風俗嬢の割に稼げない」デメリットが大きくなってしまう可能性もあります。

今や風俗店も風俗嬢も飽和状態ですので「自分が活躍できる風俗店か?」見極めることが重要です。

そのため自分がその風俗店に在籍して出勤したイメージを持つことで「安定収入が得られないデメリット」を回避することが出来ます。数多い風俗求人の中で自分がいかに効率よく稼げるかを見つけるにも気になった風俗求人にはどんどんお問い合わせをする複数応募をおすすめします。

複数応募のメリット


風俗の仕事を探している女性の多くが「短時間でも高収入を効率よく稼げるメリット」を第一に考えていることと思われます。

風俗嬢のメリットの一つが「即日・日払いで高収入を稼げる」ことです。そのため1日でも早く面接に行けて体験入店出来る風俗店を見つけるためにも複数応募することが必要です。風俗店には「今すぐ面接可能」「不採用なし」などもある反面、面接までの段取り自体が遅い風俗店もあります。

特に面接官が店長しか対応できないとなると店長の都合に合わせて面接を段取りしてもらわないといけませんし採用基準が高い風俗店においては「面接に行って何日も待たされた挙句に不採用になってしまった」などのリスクもあります。

思い立った勢いで働けるのが風俗店のメリット。風俗の仕事でいち早く稼ぎたい方は「すぐに稼げる」お店を見つけるためにも複数応募して対応を比較することもオススメです。

複数応募でのデメリット

風俗店の求人で同時進行で複数応募することで「すぐに稼げるお店が見つかる」「スタッフの対応の仕方を比較できる」などメリットも多いですが反面、デメリットもあります。

  • 複数応募している風俗店が系列店やつながりのある店舗の場合は情報が筒抜けになってしまう
  • 複数応募したが故に自分から辞退した場合は次のチャンスがなくなってしまう
  • 同時進行で複数応募していると精神的に疲弊し判断力が低下してしまう

同時進行で風俗店の比較をした場合に決断力が低下してしまい「一番対応が早くてすぐに入店させてもらえたけど他の風俗店の方がよかったかもしれない」と後悔してしまった場合が一番大きなデメリットです。

系列店はもちろんのこと風俗店同士に横のつながりがあるなどの場合、複数応募していたことが筒抜けで情報がもれている場合があります。年齢やスリーサイズ、連絡先などの個人情報は本来、漏えいされてはいけないものです。

しかし複数応募していた風俗店でスタッフが個人的に横のつながりがあった場合などは意外に「こういう子が応募してきたよ」「あれ?うちも問い合わせ入っていたな」「この子、複数応募してんじゃん」などの個人間でのやり取りは今やSNSなどでもありえます。

系列店を公表していない場合も考えられますので、複数応募する際は「双方の風俗店に情報が筒抜けだった場合のデメリット」も頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

より自分が安心して稼げる風俗店選びは同時進行で複数応募することです。しかし系列店を公表していなく情報がもれてしまう可能性もあります。同時進行で求人のお問い合わせをする場合は「どこのお店に問い合わせたか忘れてしまった」なんてことのない程度にとどめておきましょう。

また絶対にやってはいけないのは年齢やスリーサイズを詐称して面接に行ってしまうことです。風俗店の求人には年齢は「18歳以上35歳まで」の幅広さで募集を出しており面接の申し込みの際にヒアリングされる年齢やスリーサイズなどの情報はウソを付いたりサバを読んでしまうと「信用できない」とみなされ不採用になってしまうリスクもあります。

複数応募する際に「もしかして横のつながりがあるかもしれない」と心配して年齢などを若干ウソついてしまう女性もいますが連絡先で同一人物だとバレてしまいます。

求人に目移りしすぎて複数応募をあまりやりすぎると入店した風俗店を退店して移籍したい場合に選択肢がなくなってしまうデメリットもあります。同時進行でお問い合わせするにも2~3ヶ所が目移りして判断力が低下しない限度かもしれません。

関連する記事

あなたの悩みを『みっけ』で解決♪お悩みQ&A

Q

渋谷にマッサージもうまくなるお店ってありませんか?

アロマが好きなので、アロママッサージ系で探しています。 とはいえ、マッサージ自体もうまくなりたいので「マッサージはおまけ」というよりも、「本格マッサージで、抜きもあり」くらいのソフト店は無いかと探して…(2017.07.25)

Q

RAIZAPってほんとに2か月で激痩せできますか?

元々ぽっちゃりだったんだけど、痩せるって条件で新宿の某デリヘル店に入れてもらったんです。でもストレス抱えて、過食に走って、先日ついに店長からデブ!痩せないと出荷するぞって言われてしまいました。指名とれ…(2017.07.24)