2019.05.31

ソープのNS嬢の本音!性病や病気・NN(生中出し)で妊娠は怖くない?

みけ子

みけ子

ソープでNS嬢をしている子は、妊娠や性病をどのようにして防止をしているのか気になるところだと思います。今回は、NS嬢の性病や妊娠に対する本音をまとめてみました。

NS嬢とは?S着・NS・NNの風俗用語解説

NS嬢とは?
NSとは、ノースキン(No Skin)の略。生挿入(Nama Sounyu)の略ではありません。つまり、NS嬢はコンドームなし(ゴムなし)で働く女性のことを指します。逆に、コンドームありで本番をすることをS着(Skin着用)と言います。

次に知っておいてもらいたいのはNS嬢がどんな内容の仕事をしているかということ。ソープランドで働いている女性を「ソープ嬢」、デリヘル(デリバリーヘルス)で働いている女性を「デリヘル嬢」と言うように、NSをしている女性を「NS嬢」と言います。

違法な本番ありのデリヘル(本デリ)などを除くと、風俗で本番行為があるのはソープランドだけです。ですので、NS嬢という言葉はNSをしているソープ嬢に使われるのが一般的。

また、NSと似たような風俗用語で「NN」(NNS)というワードがあります。NNとは、生中出し(Nama Nakadashi)の略語。NSで中出ししたらNNになります。NN嬢とはあまり呼びません。働く女性・男性どちらからしてみても、重要なのは生中出し(NN)があるかどうかではなく、ゴムがあるかないか(S着かNSか)だからです。

なぜNS嬢をしているのか?

本番があるソープで働くにしても、リスクの高いNS嬢を選ぶのか疑問に思っている人も多いと思います。なぜNS嬢になるのか、まとめてみました。やはり一番の理由は、NS嬢のほうが稼げるからです。ソープで働く女の子は、お金が目当てな場合がほとんど。少しでもいいお金になるならと、NS嬢を選ぶ子が多いのです。

高級店で働きたい場合には、NS嬢でないと採用してくれないお店もあります。NSがデフォルトになっているソープ求人も多いために、高級店を狙う女の子はお店がNSなのかどうかを事前に確認する必要があるでしょう。またNS嬢とS着嬢、どちらもいる高級店もあります。

本当にお客さんを魅了する女の子は、NSであろうとS着であろうと関係がないのも本音のところ。しかしそのレベルまでいくのはなかなかむずかしいために、生で本番をするNS嬢を選ぶ女の子が多いのです。

⇒風俗のS着とNSのメリット・デメリットとは?
⇒ソープのS着とNS!どっちが稼げるか違いを徹底比較

性病予防はどうしているの?

性病予防はどうしているの?

こちらでは、NS嬢の性病や病気についてまとめていきます。生挿入・生中出し(NN)があるNS嬢をしているのに、なぜ性病にかからないのかと不思議に思うかもしれません。これはNS嬢がいるような高級店はきちんと定期検査を実施しているところが多いために、お店全体に広がる前に食い止めていると言ったほうが正しいでしょう。

やはりNSをしている限り、性病のリスクと隣合わせなのが本音のところ。性病感染を防ぐには、セックス(本番)をするときにコンドームが必須(S着)と保健体育の時間にも習ったはずです。それをせずに不特定多数と生で挿入・生で中出し(NN)するのですから、性病になる確率が上がるのは当然のこと。NS嬢が性病などの病気に移らないのは、運が大きいのが本音でしょう。自分でできる対策としては、お店の定期検査以外にも個人的に設けて回数を増やすなどが挙げられます。

女の子は性病・病気が見つかると、治るまでお店を休まなくてはいけません。検査を自己申告にしているお店では、性病でもうそをついて働き続ける女の子もまれにいます。性病のことがお客さんに広まると、お店の悪評にもなりかねません。そうなるとお客さんが減るので、女の子にもマイナスになってしまいます。

NSやNNで性病が怖いと思っている女の子は、やはりS着でもOKのソープを探したほうがいいでしょう。