サリ

投稿

回答数
56
共感数
295
閲覧数
0

昨日の出来事

昨日ビジネスホテルで仕事があり、お客様が酔っていました。まだ酔っているならまだしも根掘り葉堀り聞かれとてもうざいお客様でした。本強もしつこくこの場合いつお店に電話したらいいかわかりません。。。対処方法を教えてください

この悩みに回答する

利用規約に同意の上、ご回答をお願いします。

ベストアンサー

店舗関係者

当店でしたら、すぐにスタッフに連絡で、その後はスタッフ対応です。
女の子が無理して対処することを考えなくて良いです。

回答56

泥酔客を案内してしまうお店が悪い!
お店を変えましょう

一旦トイレに避難して連絡するのもいいかもしれませんね。早めに助けを求めたほうがいいです!

それは大変でしたね…。お客様と一緒にいるときに電話したい場合はお手洗いに行くふりしたり、準備するふりをしてその場を離れると怪しまれずに済むかと思います!

お店に電話するのが一番です!酔っ払いの方がお相手だと、お仕事になりませんよね…

根掘り葉掘り聞かれる…の段階ならまだ我慢もききますが、本強された時点で電話して良いと思いますよ…!

本強された時点で、きっぱりお断りして、トイレへ立つフリなどしながらお店に電話をかけましょう。

お店に連絡してもらいたいですね。こちらもすぐに助けにいきますので!

根掘り葉掘り聞かれる…の段階ならまだ我慢もききますが、本強された時点で電話して良いと思いますよ…!

本強された時点で、きっぱりお断りして、トイレへ立つフリなどしながらお店に電話をかけましょう。

それは大変でしたね…。お客様と一緒にいるときに電話したい場合はお手洗いに行くふりしたり、準備するふりをしてその場を離れると怪しまれずに済むかと思います!

一旦トイレに避難して連絡するのもいいかもしれませんね。早めに助けを求めたほうがいいです!

お店に電話するのが一番です!酔っ払いの方がお相手だと、お仕事になりませんよね…

それは大変でしたね…。お客様と一緒にいるときに電話したい場合はお手洗いに行くふりしたり、準備するふりをしてその場を離れると怪しまれずに済むかと思います!

お店に電話!!!!これに尽きますね。

お店に電話して退出の流れで良いと思います。

お店に電話してみて下さい!

お店に電話!!!!これに尽きますね^^

その場でお店に相談してはどうですか。

あまりにしつこくもう自分では対処できないと思った時点でトイレに行くなどと言ってお店に電話してください。

少しでも無理だと思ったらすぐにスタッフに連絡してください!

電話を近くに置いておいて何かあったらすぐお店に連絡してくださいね。

お店に電話!!!!これに尽きますね。

お店の責任者の意見を聞くのが一番ですが、当店では無理のないように個人の意見を尊重しています。

お店に電話!!!!これに尽きますね^^

トイレに行く振りなどしてすぐお店に連絡してください!女の子が無理して対処する必要はありません。

何かあってからでは遅いので、すぐにお店に電話して下さい!(^^)!
自分で対応出来ない場合はお店に電話してスタッフさんに対応してもらって大丈夫ですよ♪♪

自分自身が嫌だと思っている質問議題ですので
すぐお店に電話したほうが良いと思います

あまりにもしつこくどうにもならない場合は
トイレから掛けていいと思いますよ(´;ω;`)

根掘り葉掘り、なにを聞かれてウザかったのかはわかりませんが、会話ではなくプレイに上手く誘導してあげる事を考えてあげた方が良かったのでは?「お話はシャワーでもできますからシャワーに行きましょう」で裸にしてチ○コでも握ってあげれば無駄な話なんてしなくなりますし。本強も言葉だけなのか、実際に行動に移しているのか、そのレベルによって対応の仕方も変わるかと思いますが、冗談交じりに「そんなに言うならパンツ履かないと接客できないです!」でパンツ履いちゃえば「ごめんごめん」となるかと。逆手を取って楽しんでしまうのが一番平和的におさまる方法かと。

店舗関係者

当店は酔っぱらったお客様をご案内するようなことはいたしません。
そのようなお店はやめて、是非当店へいらっしゃいませんか?
ご検討よろしくお願いいたします。

店舗関係者

当店でしたら、すぐにスタッフに連絡で、その後はスタッフ対応です。
女の子が無理して対処することを考えなくて良いです。

速攻電話で問題ないと思います。
当店は一度お客様に受付にお越しいただくので、泥酔客に当たる事は御座いませんのでご安心ください。

当店ではお客様を厳選しているので、酔った方は絶対にいらっしゃいません。
お客様にもきちんと接客を受けるマナーを説明させていただいていますので、女の子が嫌な思いをすることはありません。
お店の対応により、そのようなことにもなると思います。
対処法は・・もっと良いお店に移ることですね。
お待ちしております。

お店の責任者の意見を聞くのが一番ですが、当店では無理のないように個人の意見を尊重しています。

サリ様

デリバリーは予想外な出来事がおきる可能性があります。

まずは、お客様の対応が無理な場合はすみやかにお店様に助けを求める事であり、

ご自身の安全の確保も第一に考えて下さいね!

店舗関係者

当店はオナクラです。酔っている人はまず、受付にいらっしゃいません。
会員制で、きちんとした身元の方のみがお客様なので、変なことをする人はおりません。
万が一いたとして、とにかく、その場から出てもらい、すぐにスタッフにお申し付けください・・と言ってあります。
過去に、そのような事例は1度もありませんが・・・。

店舗関係者

酔っ払っている・・時点でアウトですね!
具合が悪いとか言って、すぐにその場から離れ、スタッフに連絡してください。
それ以降はスタッフの方で、きちんと対応するので、心配しないでください。
今後、そのようなお客様は2度とつかないので、安心してください。
そもそも、当店のシステムでは、そのようなお客様は潜り込めないですがね。
お店のシステムなども気にされて、お店選びをされた方が良いですね。

強要がしつこく自分で対応できない場合は
すぐにお店に連絡しましょう
連絡はなるべく早めに、自分の身の回りの安全を確認の上で電話してましょう!

酔ってたり、しつこいお客様は気が滅入りますよね・・・上手く流して適当に答えらればですけどね、あまりにもしつこかったらトイレに行くくふりして、お店に連絡するとか、お店に連絡しないといけないのでと言うとかして、かわせればと思います。
また、携帯を近くに置いておいてスグに連絡できますよって言う雰囲気を出しておくのも手だと思います。
本強は、どのお店も禁止している事ですので、規約違反で退店させらるとか、しつこければ、お店に連絡しますとハッキリ言う事が大切ですね。
自身を守る為にもダメなものはダメとハッキリ言う事を心がけて下さいね。

トイレに行くフリをして電話しましょう

根掘り葉掘り聞いてくる方は適当にあしらっておくのが一番です。
本強された場合はもちろん、自分が嫌だとか耐えられないと思った時点でお店に助けを求めましょう!
必ず適切な対応をしてくれます。
そういった時の為にも携帯はすぐに手が届く場所に置くようにしておきましょう(^^)

店舗関係者

あまりにもしつこくて自分で対処できない場合はすぐにお店に電話しましょう(>_<)

すぐにお店に電話してみて下さい!

そういう場合は、嫌だと思ったときが一番ですね。
トイレに逃げましょう。

我慢できないレベルまで来た段階ですぐお店に電話しましょう。トイレでかけてにも大丈夫ですし、常にそばに携帯を置いておいても大丈夫ですので、すぐ連絡できるようにしておきましょう!

必要な事以外は適当にあしらって、嫌だと感じたらすぐに店舗に電話した方がいいと思います!

キャパオーバーの時点で電話してしまって大丈夫だと思います!

近くに携帯を置くなど、何かあればすぐにお店に電話した方がいいと思います!何でもスタッフさんに言ってみて下さい。

店舗関係者

根掘り葉掘り聞いてくる方は適当にあしらっておくのが一番です!
正直に答える必要はないですよ♪
本強は必ずすぐにお店に話をしましょう。

トイレに行くふりをしたり、すぐ近くに携帯を置いておいたほうがいいと思います!何かあったらす迷わずお店に電話するべきです!なにかあってからでは遅いですから!!

本強をされたら、すぐにお店に電話して下さい。本番行為は違反です。自分の身の安全を第一に考えて、ダメなものはダメときっぱりお断りしましょう。
難しいかもしれませんが、毅然とした態度で振る舞ってください。

根掘り葉掘り聞いてくるタイプは面倒ですね~
本当のことを話す必要は一切ないので適当にあしらって
本強は何度か優しく断って駄目なら
サービスを中断してしまいましょう
本気で怒れば相手も怯む人が多いんじゃないかな

働いてる店に聞くのが一番

ルールを守らないような方は毅然とした態度でしっかり説明しましょう!
それでもわかってもらえない場合はすぐにお店に電話!スタッフが対応すると思いますよ!

携帯はすぐに取れる位置に置いて(枕元など)、
本強などどんなにかわしてもしつこい場合は、
お店に電話して大丈夫ですよ。
スタッフさんが適切な対応をしてくれるはずです。

枕元に携帯を置いておいていつでも電話かけれる状態に
しておきましょう。
あまりにもしつこい場合はお店に電話をかけてくれればスタッフがすぐ駆け付けます。

関連する悩み

回答数
154
共感数
2093

辞めた後、また同じお店で働くことはできますか?

mikke編集部