アンケート

【風俗×コロナショック】緊急アンケート<店舗編>

【風俗×コロナショック】緊急アンケート<店舗編>

前回のキャストアンケートに続いて、今回お届けするのは<店舗編>です。データは3/28~4/4までに回答いただいた、首都圏34店舗の回答をまとめました。

前回記事>>
【風俗×コロナショック】緊急アンケート<キャスト編>「#1.収入の変化 」「#2.意識の変化

収入の変化
【風俗×コロナショック】緊急アンケート<キャスト編> #1.収入の変化 「フレフレ風俗!コロナに負けるなプロジェクト」の特設ページ開設に伴い、求人サイト『みっけ』では、新型コロナウイルスによる影響や、心境について緊急アンケートを実
意識の変化
【風俗×コロナショック】緊急アンケート<キャスト編> #2.意識の変化 「フレフレ風俗!コロナに負けるなプロジェクト」の緊急アンケート。前回は「#1.収入の変化」お届けしました。回答者の属性などは、こちらをご確認ください。

*表の構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならないものがあります。

回答店舗の属性

店舗アンケート

アンケートは東京、神奈川、千葉、埼玉の34店舗の回答をまとめたもの。。業態はエステの店舗が最も多く、次いで、デリヘル、オナクラと続きます。わずかではありますがSMクラブ店からの回答もいただきました。

店舗のキャスト数

新型コロナが蔓延する以前、通常時期の「在籍キャスト」数と、「出勤キャスト数」。小規模から100名以上在籍する大規模店舗まで幅広く揃いました。

3月の売上について

店舗アンケート

3月の売上は約7割が減少と回答。しかし「あまり変わらない」「増えている」という回答も。業態としてはオナクラやエステなど、濃厚接触が少ないソフトサービスにその傾向がみられました。また、マニア、フェチ系の店は根強いリピーターが多くさほど影響を受けないこと、SNSなどを駆使し、普段届かなかった層へのアプローチが成功した店舗もあるようです。

3月の売上が減った理由

店舗アンケート

売上が減る要因は、当然のことながら客数の減少、そしてキャスト数の減少。キャスト出勤率だけでなく、役1割のお店はキャストが退店し、在籍数が減ってしまったという回答に。

客層や行動の変化

店舗アンケート

やはり首都圏店舗のアンケートのため、地方からの出張客の減少が目立ったようです。また、少しの体調の変化でも大事をとり、キャンセルする方も。ご本人だけでなく女の子への体調、影響も考えたら、お客様も正しい選択をしていただいているのでは。以下、フリーコメントを抜粋しました。

<客層や行動の変化について>

  • 出張がなくなりキャンセルが増えた
  • 予約のキャンセルとキスNG
  • 体調不良による直前の予約キャンセルが増えた
  • 60分の短いコースが選択されやすいようになった
  • コロナの報道が多くなるにつれ、日々入客減少
  • リピーター、常連さんは全然減っていないが、フリー客が極端に減った
  • 出張キャンセルや自宅待機で、キャンセルが増えた
  • 混雑の時間帯が早まった
  • コロナに関する話題が増えた。自粛ムードで外出の機会が減ったことについてなど
  • コロナ予防対策の問い合わせが増えた

売上影響のために行った施策

感染対策をし、それをアピールすることで集客効果があった店舗も。また、新たな割引も効果を感じているようです。

キャスト出勤数確保のために行った施策

店舗アンケート

女の子の出勤がなければ売上が減ってしまいます。キャスト出勤数確保のため行った施策で効果を感じたのも、基本的にはやはり感染対策。「新たに出勤手当を導入した」、「広告出稿を増やした」店舗も。

キャスト向け感染対策

手洗い、うがい、マスクの着用などのほか、共有スペースの換気や除菌も積極的に行っていたようです。ただ、わずか5.9%にとどまった「お客様への検温」。前回のキャストアンケートでは、お客様へその場で検温を望む意見が目立っていました。お客様の体調をその場で確認することは、実際になかなか難しいのかもしれません。一般的な予防対策以外では、下記のようなものもありました。

<感染対策で行っていること>

  • 渡航歴のチェック
  • 大型空気清浄機の導入、加湿器の増設
  • 温度計・湿度計増設による環境改善
  • サーモグラフィー導入

今後の見通し

店舗アンケート

このアンケートの3か月後というと6、7月。この頃には約6割が現状よりも売上が上がるであろうと予測。夜の街も静まっている首都圏。緊急事態宣言により5/6まで自粛期間となったので、ぐっとこらえて感染拡大を抑止できれば、大きく経済も動き始めるかもしれません。お店、キャスト、足を運べずにいるお客様のためにも、できる限りの対策でこの苦境を乗り越えていきたいですね。

店舗スタッフのきもち・メッセージ

アンケートは店舗の店長様に回答をいただきました。刺さるメッセージがたくさんあります。一部を紹介します。

お店でできる予防対策は費用を考えずすべて行うつもりです

政府の対策も見通しがつかない中、業界で働く女性を守れるのは店舗のみなsまあしかいません。業界で厳しい状況かもしれませんが、一丸となって乗り切りましょう

ネガティブにならず先を見据えて今できることを精一杯!

乗り切れば必ず光が見えるので、その時にV字になりよう「今」を大事に

この中でも出勤してくれる女性がいるので、1本でも多く接客してもらえるように頑張りたい

今がチャンス。やれることをやり我慢しながら頑張れば絶対に先の未来に、結果と報酬が待っています

業界全体で知恵を出し合って乗り切りましょう

この期間でも出勤してくれるキャストさんを今まで以上に大事にしていきたい

見えないことが多く、今働いているスタッフ、キャストの生活を守ることしか考えられません

必要としてくれるキャスト様、お客様がいる限り、全力で対策&営業を頑張りましょう!

「濃厚接触」という言葉がひとり歩きをし、我々のような業界が社会情勢を考えたときに一番不必要な存在として嫌煙される事態。震災の時もそうでしたが営業するだけで避難される環境になっていくかもしれません。しかしその中で必要としてくれるお客様もいて、生活の基盤にしているキャストさん、我々もおります。今後さらに厳しくなるのは間違いないですが、知恵を振り絞り、お役様に必要と感じていただける存在になっていければと思います。ベタですがピンチはチャンスです。社会全体に必要とされなくても、社会にいてもいい存在になっていければと思います。

早くどん底まで行ってくれ。どん底まで行けばあとは上がるだけだから

店舗側も必死に試行錯誤をして頑張ってくれています。こんな時でもキャストさんへの感謝の言葉がたくさんありました。みなさんもスタッフさんやお客様、キャストさんへ感謝の気持ち、応援メッセージ、うっぷんを言葉にして投稿してみませんか?書き込みは何度でもOKです。
耐えて、できることをして、今を乗り越えましょう!

フレフレシェア投稿フォームはこちら
SNSでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加