風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

求人 検索結果一覧

柏:ソープランドの風俗求人一覧。『みっけ』では、関東の各主要地域におけるウソの無い風俗求人情報をお届け致します♪未経験・経験者も大歓迎の保証・補助・寮有の優良風俗店の求人情報は、『みっけ』だからこそ見つかります!

『みっけ』のオススメ求人

条件にあった求人が見つかりませんでした(´A`*)・゚。

柏の求人をこだわりから探す

柏エリアと風俗

柏は千葉県北西部にあり、JR常盤線、東武アーバンパークライン(野田線)が乗り入れており、千葉県内で3番目に利用客数が多い駅です。上野まで30分ほどの場所だということを活かして、ベッドタウンとして発展してきたのが柏という街です。15年くらいで開発が進んでいて、今でも住宅地開発は続いています。常盤線随一だと言われている歓楽街、柏の風俗店は、柏駅の東口から2番街の方向へ行くとあります。2番街を抜けて行くとすぐにピンサロが目に入りますし、2番街へは向かわずに直進すれば、ピンサロだけでなくヘルスもあります。反対側の西口には、国道6号線まで広がるキャバクラ街があります。以前は、この西口側にもピンサロなどがあったそうですが、今ではキャバクラ以外見当たらなくなっています。とは言え、駅前と国道6号線沿いにはたくさんのホテルがあるため、デリヘルは今でもあります。柏には韓国デリヘル、イメクラ風デリヘル、人妻系デリヘルなどがあり、マニアックなプレイができる風俗店もあります。マニアックと言っても色々ありますが、柏ではナース、セーラー服、女教師、SM等のイメージプレイ、AFプレイ、性感マッサージなどが可能です。

柏風俗の特徴

風俗店の多いエリアというのは、ある程度まとまった風俗街として存在していますが、柏駅の周辺には目立った風俗街が形成されているわけではありません。しかし、ヘルスやピンサロなどの店舗型風俗店が点在していますし、デリヘルも盛んなのが特徴です。柏にある風俗店のジャンルで主なものは、デリヘルやピンサロ、オナクラ、手コキ店などです。在籍している女の子には、人妻や若妻、韓国、アジアンなど、日本人の若い女の子だけでなく、様々なタイプがいます。また、柏エリアの風俗店の大体の中心価格帯は、1万5000円から2万円くらいとなっています。

また、柏市は千葉県内第5位の人口を誇りますが、明治以降賑わっていたのは柏ではなくその近隣の野田市や流山市などであり、柏には宿駅もなかったそうです。今では千葉県の渋谷と言われるほどの繁華街となっていますし、風俗店もたくさん集まってきています。そう考えると、柏風俗のなりたちは他のエリアの風俗のなりたちとは少し違っていると言えるのかもしれません。

みっけブログの柏関連記事

柏エリアの特徴

柏はJR柏駅が中心となる市街地です。駅の周辺には大型の商業施設が立ち並び、千葉県内でも有数の繁華街となっています。柏だけでなく、周辺からも若者をはじめとするたくさんの人々が集まり、非常に賑やかな街となっているのです。また、路上ライブのメッカとしてもよく知られているのが柏駅周辺です。柏で路上ライブをしていた人の中から、プロデビューした人もいるくらいです。柏駅前にあるファミリ柏内には、かしわインフォメーションセンターがあります。ここでは、駅周辺の道やバスの案内、飲食店や宿泊施設のようなレジャー情報の提供、地域のパンフレットやマップの入手も可能です。

柏には商店街が複数点在していて、日々活気に満ちています。その中でも柏駅東側の柏2番街は若者向け飲食店が多いこともあって、商店街の筆頭にもなっています。毎年、7月になると柏まつりが開催されており、千葉県内有数の規模を誇るこの祭りの様子は、地元テレビ局で放送されます。さらに、柏はJリーグの柏レイソルのホームタウンともなっていて、レイソルのチームカラーである黄色の旗、ポスターをよく目にします。

また、柏市はよそ者の街と呼ばれており、7人いたら6人はよそから来た人だとも言われます。実際、色々な人が他の地域からやってきて、商売をしては発展してきたという土壌があるのだそうです。とは言え、柏を盛り上げて行きたいという気持ちは強い人が多いようで、街中に柏を愛していることが分かるような文字が見られます。なお柏には、コンパクトシティ計画もあって、いずれはJR柏駅とTX柏の葉キャンパス駅の2箇所を中心として、市街地がコンパクト化していくかもしれません。柏はとにかく交通アクセスが良いのが魅力です。たとえば、東武線の柏駅は大宮や船橋方面に行く人には始発駅となり、通勤・通学の際には座って行けるというのがメリットにもなります。

柏の歴史

柏は、鉄道が発展していくにつれ共に成長してきた街だと言われています。明治29年、日本鉄道柏駅ができた頃には、汽車は火事の元だという迷信があったため、常盤線沿線は継続的に発展しませんでした。むしろ、流山の方が成長していたのです。しかし、鉄道が著しく発展してくると、団地等がたくさん作られるようになって人口も増え、旧国鉄の施策によって利便性が高くなり、それでまた人口が増えていきました。一時期は千葉県内で人口上昇率が1位となるほどでした。今では千葉の渋谷と呼ばれるくらいに賑わうようになりっていますし、交通の便もかなり良く、全体的に見ても非常に便利な街だと言えるのではないでしょうか。