風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

求人 検索結果一覧

川崎:イメクラの風俗求人一覧。『みっけ』では、関東の各主要地域におけるウソの無い風俗求人情報をお届け致します♪未経験・経験者も大歓迎の保証・補助・寮有の優良風俗店の求人情報は、『みっけ』だからこそ見つかります!

『みっけ』のオススメ求人

条件にあった求人が見つかりませんでした(´A`*)・゚。

川崎の求人をこだわりから探す

日本有数の風俗街の1つ、川崎

神奈川県にある川崎は日本でも有数の風俗街の1つです。また、ソープ街と言えばまず吉原を思い浮かべるという人が多いかと思いますが、川崎もソープ街としてよく知られています。さらに、古い歴史を持っていることもあり、人気が高いエリアとなっています。川崎の風俗街はJR川崎駅が中心となっていて、南町と堀之内との2ブロックに分かれています。駅の東口を出て北東に向かえば堀之内ブロックへ、南東に向かえば南町ブロックへ行くことができます。特に堀之内ブロックは、関東で吉原に次ぐソープ街とも言われています。堀之内と南町は隣接していないため、行く前にどちらへ行くのかをきちんと確認しておかないといけません。どちらも駅から10分も歩けば行けます。

堀之内、南町どちらも色々なジャンルの風俗店が存在します。具体的には、店舗型のイメクラ、ピンサロ、ヘルスなどの他、派遣型のホテヘルやデリヘルなどもあります。日本有数の規模である風俗街なだけあって、一般的に人気があったりメジャーだったりするようなジャンルの風俗店は大体あるのではないでしょうか。また神奈川県の条例によって、ファッションヘルスとソープ店は新たに出店できませんが、飲食店に分類されるピンサロは出店できます。とは言え、最も人気があるのはやはりソープ店です。ソープ店の泡踊りと呼ばれるスタイルを普及させたのがこの川崎ですし、店の数も他のジャンルと比べてもかなり多く、川崎と言えばソープ、というイメージを持っている人も少なくありません。かつては、それくらいソープ街として賑わっていたこともあるのです。

川崎におけるソープ事情

昔の川崎は、風俗街として今よりずっと賑わっていました。ですが、時代の流れとともに一旦沈静化し、今のソープとなるトルコ風呂が流行し始めるとまた賑わい始めます。川崎にもトルコ風呂のお店ができ、人気に火がついたからです。どんどんお店の数が増え、その影響で高い人気を集めるソープランド街に変わっていったのです。当時、泡踊りもまだ珍しいものでしたが、それが始まったのも川崎だと言われています。そして、この泡踊りを目当てに全国各地からソープ店ファンが川崎に集まってきた、と言われているくらいです。このような流れ、歴史もあって川崎はソープ街となっていき、人々の間にも根付いてきたのです。それだけに、ソープ店が好きな男性にとって川崎は外せないと言えるでしょう。たくさんのソープ店が並んでいるだけあり、どのお店もそれぞれに個性を出してきています。だからこそ、他の地域では見られないような独自性のあるソープ店も見つけられる可能性が高いのです。

みっけブログの川崎関連記事

川崎エリアの特徴

川崎市は政令都市であり、人口は100万人を超えています。JR川崎駅は熱海から東京までを結ぶ東海道線、大宮まで伸びている京浜東北線、立川まで伸びている南武線が乗り入れるターミナル駅です。神奈川の玄関口とも言える街となっています。川崎大師へは京急川崎駅で大師線へ乗り換えれば行くことができます。駅からバスに乗り換えれば競輪場、競馬場などもあるので風俗以外にも様々な娯楽が揃っていると言えます。いわゆる「飲む、打つ、買う」はすべて揃っているのではないでしょうか。東側に行けば風俗街が広がっていますが、西側に行けば巨大商業施設であるラゾーナ川崎があります。ここではアーティストがライブを行うなど、休日にはたくさんの人で賑わいます。地下には日本で3番目の規模を誇る川崎アゼリアがあります。

川崎市と言うと最近は再開発で注目されている武蔵小杉が人気となっています。その影響もあるのか川崎駅周辺の人気も急上昇しています。川崎にはJR東海道本線、京浜東北線、南武線以外にも京急本線が通っていて、同じ神奈川県内である横浜方面はもちろん、都内へのアクセスも抜群です。東海道本線を利用すれば、東京まで20分、品川まで10分、横浜まで10分弱で行くことができ、大きな魅力の1つと言えるでしょう。さらに、再開発によって駅に直結している大型ショッピングセンターもでき、常に大勢の人で賑わっています。

川崎エリアの歴史

川崎はかつて、江戸時代には東海道五十三次で2番目の宿場として栄えていた場所です。東海道ができた当初は正式な宿場街ではありませんでしたが、1番目の品川宿から次の神奈川宿までが往復10里、40km弱と遠かったために宿場と宿場の間を走っていた馬にかかる負担が大きく、その間の宿場町として1623年に作られたのです。川崎大師に参拝する人も多く訪れていたのでかなり賑わっていたようです。当時の宿場町というのは風俗業も栄えていたため、今の川崎が風俗街として賑わっているのも、江戸時代の名残とも言えるかもしれません。

明治維新が起こると川崎には工場が作られるようになり、京浜工業地帯の中心地として栄えるようになりました。工業地帯ではたくさんの労働者が必要で、国内はもちろん朝鮮半島からも多数の労働者が集められたのだそうです。その頃の名残が、今でもコリアンタウンとして残っています。労働者向けの飲食店が増えたことから、川崎は物価が安いというイメージが生まれました。戦後には工業地帯や歓楽街といったイメージが強かったのが川崎ですが、1980年代になると日本初のシネコン「シネチッタ川崎」が川崎駅東口にオープンしました。その頃から、少しずつ川崎という街の様子が変化していきました。