風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

求人 検索結果一覧

立川:ソープランドの風俗求人一覧。『みっけ』では、関東の各主要地域におけるウソの無い風俗求人情報をお届け致します♪未経験・経験者も大歓迎の保証・補助・寮有の優良風俗店の求人情報は、『みっけ』だからこそ見つかります!

『みっけ』のオススメ求人

条件にあった求人が見つかりませんでした(´A`*)・゚。

立川の求人をこだわりから探す

立川風俗の特徴と魅力

近年の立川はデリヘル、風俗店が多くなってきていて、人妻デリヘル、デリヘル、ホテヘル、ヘルス、オナクラ、ピンサロなどがたくさんあります。デリヘル、ホテヘルが増えるにしたがってラブホテルの数も増え、週末にはラブホテルが満室になることが少なくありません。そのため、立川でデリヘルを利用する際には、事前にホテルを予約しておく、ホテルに入ってからデリヘルに連絡するなどの工夫が必要だと言われています。立川の風俗店には、在籍する女性の数が50人を超えることも少なくありません。それくらい、立川は賑わっているのです。立川の風俗店に在籍している女性には、現役の大学生、OL、若妻なども多いので、若い子と遊びたい、熟女や人妻と遊びたいなどの様々な男性のニーズに応えられるエリアでもあります。

みっけブログの立川関連記事

立川風俗の歴史

また、立川は古くから風俗店が多いことでよく知られていました。風俗店が集まっているのは、WINS周辺となっています。幅広いジャンルと女の子の多さで高い人気を誇っています。そもそも立川の風俗街の始まりは、日本空軍の飛行場があって軍都として使われていた1930年にできた小さな遊里です。その頃は桑畑だらけだったという錦町の真ん中に数十人の女性によって始まりました。1944年、太平洋戦争末期になると洲崎遊郭の業者がやってきて1月に錦町楽天地を開きました。その頃は48軒の風俗店、185名の女性が酌婦として働いていたと言われています。同年4月には南武線の羽衣町に羽衣楽天地が開かれ、24軒の店と96名の酌婦が働いていました。

1945年に終戦すると同時に米軍基地が設置されて、立川飛行場は米軍に接収されます。その近くに米軍兵士向けの慰安所が開設されましたが、すぐに閉鎖になってしまったことで米兵たちの多くは羽衣楽天地に流れ込みました。これにより当時の駅北側、高松町、曙町に米兵相手の旅館、ホテル、飲み屋などが多く立ち並ぶようになり、進駐軍兵士を相手にする遊郭も次から次へとできました。さらに、米軍基地から流れた闇物資を扱う業者も混ざり、混沌とした状態となっていたそうです。最盛期であった1950年、朝鮮戦争が始まる頃には5000人もの女性がいたと言われ、大赤線地帯だったのです。1958年に施行された売春防止法によって赤線地帯はなくなりました。売春防止法の施行から3ヶ月後になると、赤線にかわってたくさんのピンサロができたのです。

こうして、少しずつ変遷を遂げながらも長い歴史を持つ立川風俗は、今も人気の風俗街として賑わい続けています。ちなみに、米軍の立川航空基地となった土地は、1977年に全面返還されています。基地の跡地、その周辺は再開発によって大型のショッピング施設、公共施設ができ、今の立川エリア全体の発展の基礎ともなっています。このように立川は、航空産業と密接に関係があるエリアだとも言えるでしょう。

立川という街の特徴

立川には、青海線、南武線、中央本線が乗り入れているJR立川駅がありますが、そのすぐ近くに多摩都市モノレール線の立川北駅と立川南駅もあって、JR立川駅を中心に多摩地区の中心都市となっています。立川駅は品川や大宮に次ぐ規模の駅ナカ商業施設であり、改札を出ることなく様々な買い物が可能です。JRが運営しているエキュートの戦略は駅の周辺にも拡大しているため、敷地面接で言えばエキュート大宮と比べて2倍以上となっています。立川駅北口から出れば駅前広場が、そしてそれを囲むように歩行者用ペデストリアンデッキがあって、モノレールの駅やデパートに直結しています。地上はバスターミナルになっており、周辺に設置されている彫刻などのモニュメントは、訪れる人々の目を楽しませてくれています。立川駅から北へ進めば、東京ドーム39個分という広さを持つ有名な国営昭和記念公園があり、四季を通して様々な楽しみ方ができます。この国営昭和記念公園では、トライアスロンの大規模な大会や箱根駅伝の予選が行われるため、開催日には非常に賑わいます。

では、立川駅南口はどうなっているのでしょうか。北口と同様にそれぞれのビルと歩行者用ペデストリアンデッキが繋がっています。南口には飲食店をメインとして商業地が広がり、場外馬券売り場WINSなどもあり、かなりの賑わいを見せています。立川の風俗街があるのは、このWINSの周辺となっています。さらに、立川駅から南側に広がっている地域は、古い歴史があるエリアとなっていて、立川の歴史や文化を今に伝えるような名所、貴重な史跡が多いため、散策しようと訪れている人も多いのです。

ファミリー層にも人気

立川エリアは、風俗街としての歴史も長く繁華街としての面もありますが、ファミリー層からも人気があります。子育て支援に力を入れていて、立川駅南口から歩いて13分のとろこには立川市子ども未来センターがあり、子どもを持つ親同士が交流したり、子育てについての相談窓口ともなっています。この他、立川まんがぱーく、国立極地研究所南極・北極科学館など、親子で楽しめる施設もあります。