はじめて風俗で働く未経験の方・初心者の方に役立つハウツーをまとめた風俗未経験ガイド!入門編の風俗用語をはじめ、風俗のお仕事内容、お給料・保証の仕組み、面接対策、お客様の対処法など、ビギナー風俗嬢の方が稼ぐためのテクニックを紹介しています。

最終更新日:2020年08月03日

横浜の風俗の客層ってどんな感じ?

ミナミナミ
ミナミナミ

神奈川県に位置する横浜は、ゆずやベイスターズなどが有名です。しかし影の名物には、風俗もあります。幅広い種類の風俗がある横浜には、どんな客層が訪れるのでしょうか?

1.客層は比較的いいと言われている横浜

大都市である横浜は、風俗店がたくさんあることでも知られています。ソープもあるところから、全国から風俗好きがやって来るのです。横浜には、洗練されたおしゃれな街とのイメージがあるでしょう。そんな街にも風俗があるのもおもしろいところですが、横浜の客層は街のイメージに近いようです。

女の子からも、「横浜のお店は客層が悪い」などのうわさはあまり聞きません。もちろんお店のレベルなどによっても客層が変わるので一概にはいえませんが、一般的なお店であればとんでもないはずれのお客さんを頻繁に引くということはないはずです。

東京に住んでいる女の子で「都内だと知っている人が来るかもしれない」と不安に思うなら、横浜で働いてみるのもいいかもしれません。知人バレのリスクも減り、客層もいい人が多いのなら、安心をして働けるでしょう。

風俗の業態もソープからソフトサービスのオナクラまで、幅広いお店があるのも横浜の特徴です。自分に合ったお店の求人がないか、ネットで調べてみましょう。

2.ソープが好きな男性

横浜の大規模なソープ街は、京急本線・日ノ出町駅とJR・地下鉄・関内駅に挟まれたエリアにあります。ちょうど横浜市福富町や宮川町、そして曙町にもソープは点在。歴史のある老舗ソープが多いために、ソープが好きな男性が全国各地から横浜に集まってくるのです。

そのような濃いソープファンが客層なので、それなりの対応では満足してくれないことも。とにかく評価基準が高いために、少しでも手を抜くとネットに悪評を書かれるかもしれません。風俗マニアには自分のブログなどで、詳細なプレイ内容を書き評価をしている人もいます。そこで悪く書かれてしまうと、お客さんがつかないなどの悪影響が考えられるので厄介なものです。

横浜には、他のエリアにもソープがあります。横浜駅の近くや鶴見に、ソープ街としてはなくぽつんと1店だけあるのです。他のエリアのソープで働いていた女の子にとっては、この光景はかなり不思議に感じるでしょう。風俗街を歩かなくてもいいので、知り合いに見られても怪しまれないのはメリットかもしれません。横浜のソープが気になる人は、一度、ネットで評判をのぞいてみましょう。

3.仕事帰りのビジネスマン

横浜では、関内がビジネス街に当たります。神奈川県庁舎もここにあることから、硬い職業の人たちが行き交う街なのです。しかも関内駅から少し歩いた場所には風俗街があるのですから、男性が仕事帰りにはもってこいというもの。仕事帰りに近所の飲み屋で少し飲んで、そこから風俗に行くのです。

ビジネスマンのような客層はそれなりの地位についている人も多いので、女の子への対応もしっかりしています。もちろん各自の性格も影響されるのでみんながいい人というわけにはいきませんが、激安店が密集するようなエリアよりは対応しやすい人が多いといえるでしょう。

横浜にはソープ以外にも箱ヘルやオナクラなど幅広い業態があるために、風俗の好きなビジネスマンたちはその日の気分に合わせてお店を選んでいます。女の子にとっては競争相手がいっぱいいることになるので、お客さんがつくまでは大変かもしれません。ただオープンな会社では、男性社員同士でこっそりと風俗の情報を共有しているところもあります。そこで「○○のあの子が良かった」などが広まれば、お客さんがたくさん来てくれる可能性は上がるでしょう。

4.キャバクラ帰りの客

横浜でもとくに、曙町はキャバクラが多いエリアです。会社の付き合いなどでお酒を飲んだ後に、ちょっと風俗に寄るにも横浜はとても利便性が高いもの。お酒の勢いもあって、普段は風俗に興味がない客層も訪れるのが横浜の風俗の特徴です。

一人でこっそりと来る人もいれば、キャバクラで飲み終わってから「みんなで風俗に行こう」となり連れ立って来る人もいます。そんな客層はテンションも上がり気前もよくなっているので、ロングコースやオプションなどでお金を落としてくれるかもしれません。ただし酔っ払っているために、女の子を雑にあつかう人が中にはいるのがデメリットといえるでしょう。

悪酔いをしているようなお客さんは、注意をして対応をしてください。あまりにもひどいあつかいをするようならば、スタッフを呼んで対応をしてもらいましょう。ただ酔っ払っていお客さんでも、いい人はいます。楽しい気分でお店にやってくる人は、相手にしやすいお客さん。そんなお酒の飲み方をしている人ならば、プレイ内容をきちんと覚えているもの。

いいサービスをすれば、次には指名をくれるかもしれませんよ。

5.箱ヘル目当ての人たち

横浜でも曙町は、ファッションヘルスが多い街です。昔ソープとして営業をしていて、箱ヘルに業態を変えたお店が多くなっています。このエリアはかつて赤線地域でもあったことから、横浜の風俗の歴史を語る上では欠かせない地域といえるでしょう。そんなファッションヘルスを求めるような客層も、横浜にはたくさん訪れます。ソープが近くにあるのに箱ヘルを選ぶ理由は男性によって違いますが、本番をするのは病気が怖いという客層も多いのです。

もともとソープからファッションヘルスに移行した経緯も、日本で初めてのエイズを発症して亡くなった女性が風俗で働いていたことでソープを敬遠する人が増えたため。ソープの売上が落ちる中で、本番のない箱ヘルであれば、お客さんがまた来てくれるのではないかと考えたのです。そんな経緯もあり、性病感染を恐れる客層は箱ヘルへ流れていきます。

病気が怖いお客さんは、本番を要求するようなことはしないのでサービスがしやすいといえるでしょう。ソープと比べて短い時間のプレイになるので、たくさんのお客さんを相手にできるかが稼ぐ鍵になります。

6.地元の風俗をいろいろ試す男性

横浜は大きな都市であるために、各地から人が集まるエリアです。しかし横浜で生まれ育った人たちも、もちろんたくさん住んでいます。そんな地元で育った男性にとって、横浜も風俗街は庭のようなもの。お気に入りの店を見つけて通ったりいろんなお店を回ったりして、それぞれの風俗ライフを楽しんでいます。

地元民の客層はハマっ子と呼ばれるだけあり、少しやんちゃな面を持ち合わせている人も中にはいるようです。女の子になにかするような人は少数ですが、お酒が入った場合に気性が荒くなってしまうかもしれないので注意をしましょう。とはいえとても地元を愛する人たちなので、とんでもないことをやらかすような人は少ないはず。

地元で育った人たちは横のつながりが大きいので、風俗でいい女の子がいれば共有をしてくれるでしょう。そんなうわさを聞いた人たちが次々に足を運んでくれたなら、高収入も夢ではありません!

洗練されたイメージのある横浜。そんな活気のある街を支えているのが、大規模な横浜の風俗なのかもしれません。横浜の風俗の客層で悪い話は少ないので、働きやすいエリアのはず。気になる女の子は、求人サイトなどでお店を探してみてくださいね!

SNSでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

ミナミナミ
みっけ編集部 ミナミナミ
みっけのWEBデザイナー。アパレル業界出身。猫耳とガスマスクが大好き。あとコップも好き。年中Tシャツ着てる。好きな食べ物は焼きそばとアメリカンドック。好きな色は白。好きな音楽は菅野よう子。CLANNAD見てアニメにハマった。1日の終わりにスプラ30分やって寝る。