キャストインタビュー 「YESグループヨコハマ eroina」さとみさん

会話よりもムードづくりを重視したら、入店3か月で予約完売の人気嬢に!

公開日:

プロフィール

YESグループヨコハマ eroina / イエスグループ横浜

さとみ(30歳)

愛知県名古屋市出身。好奇心旺盛で、昔から夢は漠然と「経営者」。興味を持ったら分野にかかわらず、さまざまな勉強会に出席し自分との適性を見てきたという。起業のための資金を貯めることと、勉強する時間を確保するために入った風俗業界だが、想定外のやりがいと面白さに魅了された。将来の夢は風俗講師。メンタル面でのアドバイスに必ず役立つと確信をもって、現在は心理学を勉強中。

このインタビューのポイント!

  • 「ネットが鳴る」を初めて実感
  • お客様ノートは埋まらなくていい。言葉のいらない心地よさ
  • 工夫を凝らした写メ日記は確実に集客につながる

北は北海道、南は沖縄まで。全国に50店舗以上を展開し、在籍キャスト数は、なんと3000名に届く勢いの「YESグループ」。横浜エリアにはコンセプトがそれぞれ異なる店舗が8つ。素人系から、40代のしっとりした人妻系まで、幅広い年齢層が活躍している。

eroina

eroina』は、風俗店がしのぎを削る曙町でも、有数の人気店。今回お話をお聞きしたさとみさんは、以前名古屋市の店舗型ヘルスで働いていた経験者ではあるが、同店に来てわずか3か月にも関わらず、予約完売の毎日。名古屋時代とは気の持ち方をかえ、一人ひとりに誠意をもって接することで収入が驚くほどアップしたという。

同店のコンセプトである「恋人との密着感」を自分なりに考え、体現。
場を和ませるため、頑張って盛り上げようとする会話よりも、濃厚な時間・空間を提供できればお客様は返ってくることを知った。常に研究熱心で、さまざまな分野を学んできたそうだが、やっと将来の方向性が定まった。

それは“心のケアもできる風俗講師”。

必ず役に立つであろうと、心理カウンセラーの勉強も進めている。経験を積み、必要な準備を整え、次のステップに飛び立つ自信がついた時が、現役を辞める時。その時が来たら、堂々と顔を出し、風俗業界で頑張る女の子の力になりたい、と笑顔で語ってくれた。

「ネットが鳴る」を初めて実感

eroina


――さとみさんは「みっけStory」の記事を読んで入店していただいたそうですね。嬉しいです。

そうなんですよ。たまたまみっけStoryの記事を見つけて。このお店のキャストさんの記事に「講習が厳しかった」って書いてあったんですよね。内心「厳しい講習なんてありえないだろう」と(笑)。でも、私はしっかり学びたいと思うタイプなので、厳しい講習を受けてみたい、と興味を持ったんですよ。

――そもそもは名古屋のご出身なんですよね?なぜ横浜へ?

昔から「いつかは経営者」の夢があり、いろいろな分野を学んでみたかったので、しょっちゅう東京に来ていたんです。学ぶ時間と、資金を貯めるために名古屋の箱ヘルで勤務していたのですが、東京に憧れもあり、記事をきっかけに上京を決めました。

――講習内容に興味を持った以外に、お店選びのポイントはありましたか?

お会いした店長が素晴らしい方だったんですよ。多くを語らないんですが、それでも熱意は伝わるし、イチ言ったら10理解してくれる方だと思いましたね。
店長の記事にも、講習のことが詳しく書いてあったし、YESグループのスタッフさんたちが、あや乃さん講習を受けたという内容にも驚きました。

――そうそう。スタッフさんが「女性の心を理解するための講習」を受けたんですよ。

実は私もあや乃さんの講習を何度か受けたことがあるので、すごい偶然だなと。
あや乃さんにお会いしたとき「eroinaで働こうと思う」と伝えたら、「いい店だよ」って即答だったんです。もうこれは導かれてる!ここしかないな、って思いました(笑)

――運命的な出会いですね(笑)。で、実際講習を受けて厳しく感じましたか?

いえ、それが全然厳しくなかったです(笑)。むしろ、すごく内容が濃くて意味のある講習でした。自分にとって勉強になることがたくさんあったのは事実です。
お迎えのときのムードづくりも、お店の客層によって変えていく必要があることだったり。あの時の講習が確実に今の接客に活きていると思います。

――名古屋時代と比べて今のお店はいかがですか?

ネットが鳴る」ってこのことだなと実感しています。名古屋はフリーが多かったのですが、お店側の売り方がうまいのか、ここでは毎日予約完売の状況です。

――それは素晴らしい!収入面でも大きくアップしましたか?

日数も時間も減らしたのに、断然今のほうが稼げています。12月は100万円を超えました。時間帯も朝9時〜16時までの早番という環境で!

お客様ノートは埋まらなくていい。言葉のいらない心地よさ


――繁忙期とはいえ、入店して1か月目、早番でも100万円オーバー。この先、人気嬢になるとランキング入りもしそうですね。

いえいえ、全然まだです。もちろん結果的に入れたら嬉しいですけど、ランキングは気にしないようにしているんです。というのも、以前数字にとらわれて、自分を追い込んでしまったんです。一人ひとりにきちんと丁寧に向き合う接客をしようと思い始めてから、自然に結果もついてきました。だから指名の本数に一喜一憂しないようにしています。

――努力の結果が予約完売につながっていると思うのですが、接客で工夫していることを教えていただけますか?

言葉より空間、距離感を大事にしています。今までは、自分でお客様ノートをつくって、それを埋めようと必死だったんです。ノートの項目を埋めることで、お客様のことを知ったつもりになれたから。でも、お客様は現実から離れたくてお店に来ているのに、本当はあれこれ聞かれたくないんですよ。

――たしかにそうですね。

かといって、美容室にいくと必ず聞かれるような、当たり障りのない会話なんて必要ないですよね。「仕事帰りですか」とか「明日は何するんですか」とか。

――あぁ、よくわかります。とりあえず誰にでも使える会話(笑)

やっぱりお客様はムラムラしているから予約をしてくるのではないかと。でも、私もそうだったのですが、会って早々会話で場を和ませようとして、頑張ってお喋りしてしまう。もちろん、会話をしたいお客様には合わせますが、基本的には早くエッチなことがしたいと思うんですよね。

――求めているのは楽しい会話よりも、女の子とのイチャイチャプレイですね。

そうなんです。コンセプトも恋人との濃厚な密着感ですし。エッチなムードをいかに早く、うまく作れるかだと思うようになって。シャワーを浴びるまで一言も会話をしないことすらあります。

キスして抱き合って、時間が経つにつれて、相手のことが少しずつわかっていく。恋人って、それが自然ですよね。そう思えるようになったら心に余裕もできたんです。

――なるほど、すごく奥が深いです。それでも指名で返ってくるわけですから、やはり会話は二の次ってことなのでしょうね。

二の次という訳ではないんですけど、最初に会話で盛り上がったお客様って、その先もずっと会話で盛り上げないとならなくなるからしんどいんですよ。今は会話がない時間も心地よく感じられるようになりました。

工夫を凝らした写メ日記は確実に集客につながる

eroina


――講師を目指しているだけあって、さすがに説得力がありますね。ネット指名を獲得するに写メ日記にも力を入れていますか?

もちろんです。名古屋時代から写メ日記はすごく頑張っていますね。ネット指名は写メ日記の影響が大きいので、内容を工夫しながら1日3回あげています。

――なるほど。具体的にどんな工夫をしているか教えていただけますか?

絶対に写真の使いまわしはしませんし、エッチな内容とプライベートな内容、どちらも書くようにしています。男性はファンになるとプライベートなことも知りたくなるんですよ。あとは、動画を貼ったり。

eroina

――本当にさとみさんは努力家ですね。将来は風俗講師を目指すということですが、それを機に風俗も卒業を考えていますか?

講師をやると決めたら、そのために動くだけなので今すぐにでも始めようと思えば始められます。でも、今はもっと経験を積みたいし、心理カウンセラーの勉強もきちんと習得してからなので、もうしばらくは先ですね。

――心理カウンセラーとしてのスキルを身に着ける理由は?

心理カウンセラーはたくさんいても、風俗経験者ってほとんどいないと思うんですよ。やはりメンタルが弱ってきたときに相談したいと思うのは、仕事のことがわかっている人。ただ愚痴を聞くだけでなく、正しい方向に導いてくれる人に相談したいし、男性の心理もわかれば、きっと接客にもプラスになるんじゃないかって。

――ノウハウを生かした接客技術を教えるだけでなく、心のケアもできて、男性心理もわかるなんて最高ですね。

経営者になるための資金づくりで入った風俗業界でしたが、確実に頑張れば結果がついてくる世界。誰にも相談できずに悩んでいる子も多いので、何か力になりたいなって思っています。自信をもって講師と言えるようなスキルを身に着けるまで、あともう少し。頑張ります!

eroina

横浜 ヘルス(箱ヘル)のお店

さとみさんが働く
「YESグループヨコハマ eroina」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由