キャストインタビュー 「ドッチパイモミ(越谷店)」あんこさん

高リピート率と本指名率で、レア出勤でも月収60万円越え!自分のペースで楽しく働く現役大学生

PROFILE

ドッチパイモミ(越谷店) / プレジャーファクトリー

あんこ(26歳)

埼玉県出身。現役大学生。知人から紹介された同店で風俗デビュー。在宅のWEBライターのアルバイトもしている。趣味は友達とランチに行くこと。食べることが好きで、お客様と食事をすることも多いそう。一番の好物は茶わん蒸し。いろいろなジャンルの音楽が好きで、お客様とも音楽の話で盛り上がったり、一緒に音楽を聴いたりすることもあるのだとか。特に好きなバンドはRADWIMPSとMy Hair is Bad。

このインタビューのポイント!

  • 風俗とは思えない「雰囲気のよさ」が気に入り、入店を即決!
  • 初めて接客したときの感想は、「楽しかった!」
  • 指名を返す秘訣は、会話の中からお客様の好みを探ること

埼玉県を中心に様々なコンセプトの風俗店を複数運営しているプレジャーファクトリーグループ。越谷にある『ドッチパイモミ』は、リピート率80%以上の大人気店だ。18歳~20代前半の若い女性が多数在籍していて、未経験率も高く、素人好きの男性から圧倒的な支持を得ているという。

万全のサポート体制で働く女性をバックアップ。「奨学金返済サポート」や「託児所代の負担」など、一人ひとりに合わせたサポートは女性からの評判が高い。ほかにも、良いと思ったアイデアはどんどん取り入れるのが、同店の方針。プロのヘアメイクが常駐していたり、自社スタジオで撮影を行ったりと、女性が働きやすい環境づくりに取り組んでいる。

今回は、現役大学生キャスト・あんこさんにインタビュー。知人の紹介で初めてお店に来た際、「雰囲気の良さ」に驚き、それまで持っていた風俗に対するイメージがガラリと変わったという。そんな彼女に、実際に働いてみた感想やお給料事情など、詳しく話を伺ってきた。

風俗とは思えない「雰囲気のよさ」が気に入り、入店を即決!

ドッチパイモミ

――「あんこ」って名前、とっても可愛いですね。この源氏名は自分で考えたんですか?

名前をつけてくれたのはスタッフさん。最初に聞いたときは「んん?あ、あんこ……?」って感じでしたね(笑)。この店の女の子はみんな食べ物の名前なのかな?って思って、「分かりました~」って答えたけど、あとでほかの女の子の名前を見たら、みんな普通でした。

――たしかに、食べ物の名前はあんこさんだけだったかも(笑)。お客様の反応は?

お客様からは「覚えやすくて、いい名前だね」って言われることが多いです。あと、「響きが下ネタっぽいね」って言われることも(笑)。お客様に覚えてもらいやすい名前なので、「あんこ」にしてよかった。今はすごく気に入っています。

――一度聞いたら忘れられない名前です(笑)。現役大学生だと伺いましたが、風俗のお仕事をしようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

前のバイト先で一緒に働いていた人の知り合いからこの店を紹介されて。2018年の夏に、ここで風俗デビューしました。

――この仕事に抵抗はなかったのでしょうか?

いろんな仕事をしてみたいと思っていたので、以前から風俗の世界にも少し興味があったんです。だから、そんなに抵抗もなくすんなりと「働いてみようかな」って思えたのかもしれません。

――知人の紹介で初めてお店に来たとき、印象はいかがでしたか?

想像していた感じと違っていたのでビックリ。風俗店って全体的に暗い雰囲気で、個室だけがあるようなイメージだったんですけど。でも、ここは全然違う。明るいし、広いし、女の子もスタッフさんも仲がいい事務所全体が和気あいあいとした雰囲気で、すごく居心地が良さそうだったんです。女性のスタッフさんが常駐しているという安心感も大きかったですね。ここなら大丈夫だろうと思い、迷わず入店を決めました。

――実は、私もお店の雰囲気の良さに衝撃を受けています。ついさっきまで、今あんこさんが座っているソファーでキャストさんが2人、ぴったりくっついて寝ていましたよね?仲が良すぎてビックリしました。

あれはいつもの光景ですね(笑)。本当に女の子同士の仲が良いんです。もちろん、疲れているときや1人で過ごすのが好きな人は、個室で過ごしてOK。でも、個室がたくさんあるのに、みんな集団待機のスペースに出てきちゃうんです。私もみんなと一緒にお話したり、このソファーでゴロゴロしたりするほうが好き。ちなみに、このソファーは1回座ると離れられなくなる“魔のソファー”と呼ばれているんですよ(笑)。

初めて接客したときの感想は、「楽しかった!」

ドッチパイモミ

――まったくの未経験で働き始めたあんこさんにズバリお聞きします。初めて接客したときの感想を一言で言うと……?

楽しかった!」かな。もちろん緊張はしましたし、講習で教えてもらったことを思い出すのに必死でしたけど。でも、本当に楽しかったんです。デリヘルのイメージがガラッと変わりましたね。

――どんな風にイメージが変わったのでしょう?

デリヘルって、部屋に入ったらすぐにいちゃいちゃして、エッチなことだけして終わるものだと思っていたんです。それも、仕事として淡々と作業する、みたいな感じで。でも実際に接客してみたら、思った以上に会話する時間があったんですよ。仕事って感じがしない瞬間が結構多かったのは、本当に意外でしたね。

――なるほど。想像していたよりも、お仕事感がなかったわけですね。

最初の接客が良い印象だったから、今も続けていられるんだと思います。あのとき味わった感覚は、今でもすごく大事。お客様にとっても自分にとっても「楽しい時間」になるよう、いつも意識しながら接客しています。

――働く側としても、「楽しい」は大切なことですよね。これまで接客したお客様は、どんな方が多かったですか?

20代~50代まで、幅広い年代の男性を接客したことがありますが、一番多いのは20代後半~30代の方ですね。

――割と若い男性が多いのですね。派遣先や接客場所についても教えてください。

派遣先は事務所から30分圏内の場所がほとんど。エリアで言うと、越谷、春日部、八潮が多い印象ですね。接客場所はラブホテルがメイン。ときどきご自宅に伺うこともあります。

――現在は、どれくらいのペースで出勤しているのでしょう?

出勤するのは、毎月8日間ぐらい。4日間働いて、2週間休んで、また4日間働く……みたいな感じかな。在宅でWEBライターのアルバイトもしていますし、学生の本業は勉強なので(笑)。これぐらいのペースでしか出勤できないんです。本指名のお客様が増えて「次の出勤はいつなの?」って聞かれることが多いので、今後はもう少し出勤日を増やしたいとは考えているんですけど。

――レア出勤ですね。出勤日には予約が殺到しそう。

ありがたいことに、出勤する日はほぼ予約で埋まってしまいますね。スタッフさんに聞いたところ、リピート率は60%を超えているそうです。

――かなり高いリピート率ですね。その人気だと、たくさん稼いでいるのでは?いつも何時間ぐらい待機して、どれくらいのお給料をもらっているのでしょうか?

出勤できる日は夕方18時~朝5時まで、しっかり働くようにしています。「まとめて働いてしまおう!」と思って、たまに朝9時~翌朝5時まで、オーラスで入ることも1日平均4~5人を接客して、5万円以上はもらっていると思うんですけど……。どうなのかな?とりあえず、最高金額は1日で144,500円ですね。最近のことなので、細かく覚えているんです。

指名を返す秘訣は、会話の中からお客様の好みを探ること

ドッチパイモミ

――1日で14万円超え?すごいっ!

あの日はオーラスで入って、すべてのお客様が超ロングコース。奇跡的な1日でした。

――今、副店長・神谷さんにお給料の管理表を見せていただきました。あんこさん、今月はそのMAX金額の日を除いても、確実に1日平均8万円以上ですよ!

平均8万円!そんなに稼いでいました?だから、今月はいつもよりお金が余っているのか……。奨学金を繰り上げ返済しても、まだまだ余裕です(笑)。うちの店には目標達成ごとに現金が支給される「奨学金返済サポート」があるので、私のような学生にもおすすめ。一人ひとりに合わせたサポートをしてくれるので、安心して働くことができますよ。

――先ほど、本指名が増えていると言っていましたが、あんこさんが指名を返すために行っていること、心掛けていることなどあれば、ぜひ教えてください。

私を指名してくれるお客様はタイプがバラバラなので、最初の会話タイムやお風呂タイム中に、できるだけお客様の好みを探るようにしています。たとえば、SなのかMなのか、恋人感を出したほうがいいのか、ビジネスライクなほうがいいのか。好みに合わせることが重要だと思っているので、探っても全然分からないときは、直接聞いちゃいます。

――やっぱり“会話”は大事なんですね。

年齢や職業、既婚・未婚、彼女がいるのかどうか、など。プライベートなことも、聞ける範囲で聞くようにしていますよ。

――パートナーがいるかどうか、それを聞く意味はあるのでしょうか?

これは私の持論なんですけど、既婚者の男性は奥様とは別のタイプを、彼女がいない男性は元カノと似たタイプの女性を風俗嬢に求める傾向が強いんです。だから、それを聞いて、お客様が求める女性像に合わせて演じるようにしているんです。

――すべて計算され尽くした会話、質問の内容というわけですね。さすがリピート率60%以上の人気嬢。お若いのに、男心が分かっていますね。今後もこちらのお店で働いていく予定ですか?

もちろんです。お客様はいい人ばかりだし、スタッフさんも優しい。めちゃくちゃ居心地がいいので辞めるつもりはありません。これから就活で忙しくなるので出勤できる日数は限られていますが、大学を卒業するまではここで働きたいです。

――無理のないペースで、頑張ってくださいね。では最後に、この記事を読んでお店が気になった女性へメッセージをお願いします。

怖い人が働いていたり、女の子同士がギスギスしていたり……。風俗の世界を全く知らなかった私は、そんなイメージを持っていました。きっと、私と同じように思っている人は多いはず。でも、この店に来れば、そのイメージが一変すると思います。実際に私は、雰囲気の良さを肌で感じて入店を決めました。少しでも興味があるなら、気軽な気持ちで、雰囲気を確かめに来てみることをおすすめします!

ドッチパイモミ

越谷 デリヘルのお店

あんこさんが働く
「ドッチパイモミ(越谷店)」であなたも働きませんか?

このまま応募する

風俗お仕事ノウハウをもっと見る