落ち着いた大人の女性だからこそ選ばれる。30代から活躍できるオナクラ店

公開日:
ミセスの手ほどき/石垣

プロフィール

石垣

石垣(30歳)

東京都出身。生活費を補うために風俗で働こうと、デリヘル店で働き始める。しかし、入店した店がヒマすぎて思っていたよりも稼げず、ソフトサービスに移行したいと同店へ移籍。落ち着いた大人の雰囲気が、お客様から好評なんだとか。趣味は読書で、ミステリー系のジャンルが好き。好きな作家は京極夏彦。

このインタビューのポイント!

  • 口コミでも評判!スタッフさんの対応の良さがお気に入り
  • 病気の心配なく遊びたいのはお客様も一緒
  • 自己流で無理せず接客できる喜び

「脱がない」「舐めない」「触られない」の3ナイを掲げた、ハンドサービスで働ける池袋のオナクラ店『ミセスの手ほどき』。オナクラ店と聞くと20前半の若い女性が働いているイメージがあるが、同店では30歳以上の女性が活躍中。面接では落ち着いた雰囲気の女性を積極的に採用している。その理由は、若い女性の元気なノリよりも落ち着いた雰囲気の女性に、病気のリスクなく癒されたい願望を持つお客様の需要が高いからだそうだ。

今回インタビューした石垣さんは、以前はデリヘル店に勤務。しかし店がヒマすぎたそうで、せっかく店を変えるならもっとソフトサービスで働きたいと同店へ移籍した。手コキを中心とした基本プレイのみで働けるため、受け身が少なく女性主導のサービスで働ける同店では、キスもNG設定が可能。その分、石垣さんはお客様が満足できるように接客態度に力を入れている。そんな彼女の働きぶりについて詳しく尋ねた。

口コミでも評判!スタッフさんの対応の良さがお気に入り

――石垣さんは以前デリヘル店で働かれていたそうですね。

はい。昼職だけだとお給料が足りず、兼業のために始めました。最初に在籍していたデリヘル店は、20代のキャストが中心の若めのお店でした。

――移籍されたきっかけは何だったんですか?

前のお店がとにかく暇だったんですよ。お茶を引くことが何回もあって、そのせいかスタッフさん含めて店内がピリピリしていて……。それで移籍するならもっとソフトサービスに働ける職種にしたいと、オナクラ店の面接を3店舗ほど受けました。

――その中でも、こちらのお店を選ばれた理由は何でしたか?

一番はスタッフさんの雰囲気の良さですね。ここのお店が断トツで物腰が柔らかくて説明が丁寧だったんです。大人の方が多くて好印象でした。

――面接を受けた中でも一番良かったんですね。

お客様の口コミを見ても、「従業員の接客が丁寧」と評判なんですよ。お店の雰囲気の良さは、そういうところにも表れるものなんだと思っています。

――面接ではどんなお話をされたんですか?

オナクラで働くのは初めてだったので、接客内容について細かいところまで説明してもらいました。手コキ以外にも基本プレイにオイルマッサージがあるんですが、道具の使い方とマッサージの仕方を教えてもらったり。そのときにNG内容も確認され、私はキスをNGにしています。

――そこまでソフトサービスですと、1日の平均給与はどれくらいですか?

今は昼職と掛け持ちしていますので、週3~4日、1日4~5時間出勤。日給は平均2万円ほどで安定して稼げています。

――デリヘル店から移籍されましたが、お給料の満足度はいかがでしょうか?

それでもこちらのお店の方が稼げていますね。それくらい前のお店は暇すぎて(笑)。お給料以外にも、以前は集団待機だったから気を遣うことも多かったんですが、今は完全個室待機。一人一部屋にテレビもついていて、シートも豪華で広いんです。気兼ねなく接客に集中できる分、続けやすいところも嬉しいですね。

病気の心配なく遊びたいのはお客様も一緒

――お店のコンセプトは30代以上の大人の女性が活躍するオナクラ店だそうですね。他店と比べて、お店の強みは何だと思いますか?

オナラク店だと若い年齢のお店も多いですよね。でも、若すぎてキャピキャピした女性より、落ち着いた雰囲気の女性とゆったり会話をしたいお客様がたくさんいることを知りました。

――何歳くらいのお客様がご来店されるんですか?

30~40代が中心ですね。乳首責めのコースがあるんですが、受け身プレイが好きなMっ気のある男性が多いです。そうすると、若い女性に自分の願望を伝えるのは恥ずかしいみたいで。大人の女性のほうが包容力があるじゃないですか。そういった部分で、30代以上のオナクラ店は思っている以上に需要が高いのかなと感じました。

――乳首責め以外では、どんなプレイ内容があるんですか?

基本は手コキで、あとは言葉責めも人気があります。ソフトサービスな分、お客様に満足していただけるような接客は心がけていますね。プレイに粘膜接触がないから、病気の心配がないんですよ。衛生面が気になるのは、キャスト側だけじゃなく、お客様も一緒。そういう部分で安心して遊びたいお客様が来られますね。

――お客様に満足していただくには、どんな接客を意識されていますか?

距離感を大切にして、恋人のような雰囲気づくりを心がけています。そのためにはなるべくボディタッチを意識していて、お会いしたときとお別れするときは必ずハグをしているんです。これは基本プレイに含まれているわけではないので、個人的に行っています。

――石垣さん独自の強みなんですね。本指名を増やすために他に意識されていることはありますか?

本指名になってくれるお客様は、気が合ったり、一緒にいて楽しいとまた遊びに来てくださいますね。そうすると、私はゲームが趣味なんですけど、男性でゲーム好きな方って割と多いんですよ。なので、共通の趣味で話題が広がることで、仲良くなれています。

――接客場所はどのあたりが多いんですか?

池袋駅の東口にあるレンタルルームとホテルのみですね。場所も裏通りで人目につかないうえに、近いから移動時間が無駄にならないのが嬉しいです。

自己流で無理せず接客できる喜び

――移籍されて、大きく変わったことはありますか?

接客に関しては手コキだけなのでヘルスよりも簡単で、誰にでもできると思います。私、みんなでワイワイお話するよりも、1対1でお話するほうが好きなんですよね。そういうところでも待機が個室になったことも大きいですし、スタッフさんの距離感が絶妙なんですよ。

――どんなところで絶妙だと思われたんですか?

困ったときはアドバイスも頂けますが、それ以外は割とキャスト側に任せてくれるところが嬉しいですね。これは女性によると思いますが、今のお店は男性スタッフさんしかいないんです。前は女性スタッフさんもいたんですけど、キャスト経験をされていた方も多いじゃないですか。そうすると、自分の接客の型を押し付けようとする方もいらっしゃるので……。

――仕事のやり方を押し付けられてしまうと、確かに働きづらそうですよね。

今のお店では、お客様の男性心理を教えてくれるので、私としてはそちらの方が働きやすいですね。例えば生理になったときも女性によって体調が全然違いますけど、男性ならそのこと自体でとやかく言ってきませんから。とはいえ、生理痛が重くない日は、下脱ぎがないので出勤できるのも助かっています。

――石垣さんの今後の目標があれば教えてください。

まだ、入店して1カ月くらい。まずは100万円貯金を目標に続けています。ソフトサービスだから、メンタルだけじゃなくて、体への負担もほとんどないんですよ。ダブルワークでも疲れないから、「目標に向けて頑張ろう!」と前向きな気持ちになれます。

――そう思えるのもスタッフさんの対応を含めて、お店の落ち着いた雰囲気が関係あるんでしょうね。

そうですね。年齢が上がったからハードサービスのお店しかないと思わず、30代以上でも未経験で始められるソフトサービスのお店があることも知っていただきたいですね。

――お店を選ぶ際、石垣さんのように自分に合ったお店を見つけるには、何に気を付けたらいいと思いますか?

接客内容に関しては、お客様向けのホームページでサービスをきっちりと確認するのは大事かもしれませんね。ただ、ネットだけ見て迷っていても、時間だけが過ぎていってしまいます。ですから、面接でスタッフさんの雰囲気を見ることが大切ですね。ここのお店は干渉されないから、自分の気持ち次第でオンオフをきっちりと分けて働けます。そこが落ち着いて働きたい女性にはぴったりな職場環境ですね。

池袋 オナクラのお店

石垣さんが働く
「ミセスの手ほどき」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由