キャストインタビュー 「大阪性感帯アロマ30」石川しずかさん

絶対に脱ぎたくなかった。だから今、ストレスフリー!

公開日:
大阪性感帯アロマ30

プロフィール

大阪性感帯アロマ30 / ナディアグループ

石川しずか(30歳)

兵庫県出身。高校を出た後にアパレル業界に就職し、最近まで店長を任されていたという。しかし自分の店を持ちたいという目標が芽生え退職。資金作りのために風俗の仕事を始めた。当初はオナクラで働いていたが、「脱がない」お店を求めて2週間前にこちらに入店した。休みの日は好きなアーティストのライブを見に行くことが多いそう。それ以外は基本インドアで読書が趣味。ミステリーやホラー系を求めて図書館にも通っている。

このインタビューのポイント!

  • 一度はオナクラ店で働いてみたが……
  • 褒められることがやる気に繋がる
  • 今は写メ日記でのアピールを試行錯誤中

脱がない、舐めない、触られない――これらのコンセプトのもとに女性が安心して働ける店を目指し、関西を中心として広く展開し続けているNADIA(ナディア)グループ。20代後半から40代までが活躍しており、お姉さん系のエステ店として関西屈指の人気を誇っている。

大阪性感帯アロマ30』は、2019年5月1日にグランドオープンした同系列の新店。風俗の仕事とはいえ、その内容は非常にソフトであり、グループ全体で女性の働きやすさと稼ぎやすさが両立されている。さらに、身バレ対策のため写真は全員モザイクなので「バレない」、写メ日記についても下着や裸をNGにしており「晒さない」。徹底して女性を守る姿勢を貫いている点も頼もしい限りだ。

今回インタビューさせていただいたのは、元アパレルショップの店長だった石川しずかさん。ちょっと派手めなルックスだが、入店してまだ2週間の新人さん。彼女の目から見た、お店の魅力について語ってもらった。

一度はオナクラ店で働いてみたが……

大阪性感帯アロマ30

――石川さんは、ひと言でいえばギャル系ですよね。メイクもばっちりの派手めなルックスですが、風俗経験はそんなに長くないとか。

今年の4月までアパレルショップで働いていたので、歴としては3ヵ月程度です。このお店に入ったのは2週間くらい前ですね。

――完全なる新人さんですね。まずはなぜ風俗の仕事をするようになったのか教えてもらえますか。

高校を卒業した後、アパレル系の仕事を転々としてまして。3店舗目でかなり長い期間働いていました。そこでは店長まで任されてたんですよ。

――凄いじゃないですか。そこまで登り詰めたのに、なぜ辞めてしまったのでしょう。

バイヤーとして自分で買い付けをするようになった時に、オーナーとの意見の食い違いが出てきたんです。それで、できれば自分のこだわりを全面に出せるお店を持ちたいと思うようになりました。

――働きながら貯金をするという道は考えられなかったのですか?

アパレルというのは、本当に貯金をするのに向いていない職場だと思います。特にうちの店の場合は、サービス残業も多かったし、役職手当も少ないし、店内で骨折したのに労災も下りなという、完全なブラック会社で。

――それは、さわりを聞いただけで辞めて正解と言えてしまうブラック度!

朝から晩まで働いて、月4日しか休みもなくて、手取りは20万円無かったんですよ。ちゃんと将来を見据えるためにも、きっぱりと辞めて次のステップに移ろうと考えたんです。

――つまり、風俗の仕事は独立のための資金作りである、と。

そういうことですね。ちょうど友達がヘルスに勤めてたんですけど「手っ取り早く稼ぐなら風俗がいいよ」と勧められたのもあって働いてみようかなって。でも、ヘルスに行く勇気は無くて、最初はオナクラに入店したんです。

――なるほど。ソフトサービス系の風俗から始めたわけですね。

5~6回は出勤したと思うんですけど、働いてみたら求人で見たり聞いた話と違うぞ、と思い始めたんです。その店はオプションでヌードもあったし、触られたりすることもあって精神的にキツかったんです。最初から私にそれが出来るなら、ヘルスを選んでますよね。

褒められることがやる気に繋がる

大阪性感帯アロマ30

――こちらの店はどうやって探したのですか?

求人サイトを見て「脱がない」「オプションが無い」という記載にピンと来たんです。面接でもスタッフさんからそういう説明があったのですが、仕事を始めてみたら本当にトップレスさえも無くて。求人に嘘がないんだって凄くビックリしました。

――ただ、こちらはエステ店なのでマッサージや接客の技術について、事前に学ぶことも多かったのでは?

講習については1時間くらい、お店の先輩キャストでもある女性講師に教えてもらえいました。まずは自分の体に施術をしてもらって、そこから私が実際にやっていく、みたいな流れです。

――男性スタッフの講習は無かったのですか?

はい。一切ありませんでした。講師の方から教えてもらったことを頭の中で繰り返して、ひたすらイメトレです。なので、本格的な施術についてはぶっつけ本番(笑)。そこから少しずつ慣れていくしかないんですよ。ただ、それで何とかなるんです。

――慣れてなさについては、お客様から見れば新人らしい魅力に映るのかもしれませんね。施術の流れはどの様な感じなのでしょう?

まずお客様が自分でシャワーを浴びて、次にマッサージ、手コキ、以上です。

――かなりシンプルですね~。正直、風俗の仕事と言っていいのか微妙なくらい。

確かに、性的なサービスは最後だけですね。でも、お客様は女の子が自分を触っているというだけで満足な様子です。密着については自分からある程度はしてあげますけど。

――どういったお客様が多いのですか?

年代としてはわりと若めだと思います。私が付いたお客様は、20~30代の人ばかりですね。たかだか2週間の統計で申し訳ないのですが、Mな男性が多そうな気がします。ガツガツ遊ぶのに飽きた人や、もともとそういうのが好きじゃないって人なのかも。

――じゃあ、本当にお客様から触られたりすることも無いんですね。

はい。ユニフォームを着たままのサービスなので露出も無いですし、あるとすればパンチラを横目で覗かれる程度かな(笑)。

――その仕事内容で、お給料はどれくらい貰っているのですか?

私の場合は、1日8時間くらいの待機で、1日2~3人の接客。それで日給は1万5000円前後ですね。私は今はフリーかネット指名が中心ですが、お客様が返ってくれば指名料もプラスされます。

――2週間働いてみて、自分なりに手ごたえはありますか?

ありますね。容姿なり会話だったりを褒めていただくことは多くて、ちょっとした気遣いについても喜んでいただけてるとは思います。

――その気遣いは、具体的にはどんなことをされているのですか?

「寒くないですか?」「痛くないですか?」とか、細かい会話を心掛けてます。あと、靴は絶対に揃えるとか、スーツを率先してハンガーにかけるとか……めちゃくちゃ気を使っているわけではないんですけど。

――それでも、そういったお客様の声は石川さん自身のやる気に繋がっているのでは?

それは間違いないですね。始めた頃はお金として割り切ってるところがありましたが、今はリップサービスであってもお客様から声を掛けていただくことでモチベーションは上がっています。そして、また喜んで欲しいから頑張れるという連鎖が生まれてるんですね。

今は写メ日記でのアピールを試行錯誤中

大阪性感帯アロマ30

――お店の身バレ対策について、不安に思うことはありますか?

全くないです。入店前にホームぺ―ジを見て、全員がモザイク処理されているので、これが安心材料になっていました。

――でも、写メ日記ではある程度顔をだしているキャストさんもいますよね。顔出しした方が仕事が増えるのでは?と考えたことはありませんか?

私個人の考えですけど、顔出しの有無ではない気がしています。顔を多く露出したから売れっ子になるわけでは無いんですよ。結局は1対1でのサービスで、どこまでお客様を満足させられるかに掛かっていると思います。

――ちなみに、石川さんは写メ日記についてはどんなスタンスで取り組まれてますか?

写メ日記は……試行錯誤中ですね。本当にどういうことを投稿したらいいのかがわからなくて。他の女の子に相談して、アドバイスを貰ったりしたんですよ。その子が凄く上手く写メ日記を活用しているので、実際に見に行って参考にもしました。

――どういったところが参考になりましたか??

写真の撮り方が凄いと思いました。いやらしすぎず、でも良い感じに体は写る、みたいな。露骨にセクシーではなく、角度を色々工夫してる感じで。私もやってみようって奮起させられました。

――今はどれくらいの頻度でアップしてるのですか?

私は1日5回より下にならないようにしてます。が、うちの店の写メ日記は多い人だと1日に10~20回は上げてるので、まだまだ私は少ない方です。

――お店のキャストさん、みんな積極的に取り組まれているのですね。

実は写メ日記は1本あげるごとに100円貰えるんですよ。上限は1日3000円なのですが、お客様からの注目度も高くて、効果もかなりあるので皆さん頑張ってるんだと思います。

――お金も貰えるしお客様は来るし。凄い相乗効果が生まれてますね。

だから私はまだまだなんですよ。お店が新人割引を設けていて、メルマガや媒体で告知をしてくれるので、今はそういったシステムに凄く助けられてます。

――将来的には独立を考えているとのことですが、どれくらいの期間で資金を貯めるつもりなのですか?

まだ始まったばかりなので、そればっかりは何とも。それに、まだお金だけでなく知識も足りていないから直ぐにとは考えてないです。納得のいかないうちに中途半端には始めたくないんですよ。

――でも、どういったお店を作りたいという希望はありますよね?それまではこちらで働くつもりで?

ネットショップの開店を考えています。トレンドに柔軟に動いているようなお店にしたいですね。お店を始めたらそこに全精力を費やしたいので、できる限りこの店で資金を貯めて、出来ればあと数年後に新しいスタートを切れたらと思います。脱がなくていいのは本当にラクですよ!

大阪性感帯アロマ30

編集後記

みやねぇ

みやねぇ

@mikke_story_myn

見た目はとっても華やかでギャル系と思いましたが、お話するととても穏やかな口調で、可愛らしい雰囲気。「脱がなくていいお店を探し出せたのはラッキー、他には考えられない」と語ってくれました。「自分の店を持つ」という夢に向かって頑張ってください!

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由