キャストインタビュー 「NOWMAN」さよさん

入店したばかりで実感した「夢への資金はあっという間に稼げそう」。さらなる目標は貯金2000万円!

公開日:
NOWMAN

プロフィール

さよ(33歳)

東京都出身。大学では舞台芸術を専攻。フィジカル・メンタルともにケアが必要だと感じ、次第に体をケアする仕事に興味を持ち始める。現在はパーソナルトレーナーの国際資格取得を目指し勉強中。生活費と資格取得の資金(スクール費)を稼ぐために、一般企業の受付嬢として働いていたが、なかなか貯金ができないため同店へ。勉強以外での息抜きは体を動かすことで、ヨガはライフワーク!

このインタビューのポイント!

  • 入店3日。とにかく集客力があるので待機知らず
  • 舞台芸術を学び、パーソナルトレーナーの国際資格取得が目下の目標!
  • 面接でのスタッフの対応に「自分にとってベストな店」と思った

時間の融通と高収入。やはり風俗しかない

NOWMAN

――さよさんは、まだ入店したばかりなのですよね?

はい。先月に入店したばかりで、まだ出勤したのは3日目なんですよ。

――ぴかぴかの新人さんですね。全然風俗っぽくないし、ナチュラルビューティって感じです。

ありがとうございます(笑)。運動やダンスなど、ずっと体を動かすことばかりしているからですかね。

――そうなんですね。簡単に今に至るまでの経歴を教えていただけますか?

大学の芸術学部を卒業しました。そこで舞台芸術を学んでいたんです。やっているうちに取りたい資格ができて、現在は会社の受付をしながら、ここで資格取得のための学費を稼いでいます。

――舞台芸術って何をするんですか?

体を使って表現するっていうんですかね。ミュージカルも演劇も歌舞伎も全部舞台芸術です。心身ともに酷使するので、次第に「ケア」に興味を持ち始めて。今、取りたい資格というのもパーソナルトレーナーの国際資格なんです。自分が体を動かすのも好きだし、同じような人に何か役に立てたらと思って勉強を始めました。学費も100万はかかるので、なかなか昼の仕事だけでは貯金ができなくて。

――そうですよね。一般の会社だと自分の生活と、わずかな貯金で目一杯。思い切って風俗へ来たわけですね。

はい。でも実は大学時代もデリヘルで働いたことがあったんですよ。これと言ってすごく稼げたわけでもなかったし、楽しかったわけでもないのですが「空いた時間に高額が稼げる手段」として今回、復帰しようと思いました。

――たくさんのお店の中から『NOWMAN』を選んだ理由は何だったのでしょうか?

いろいろ広告を見て、まずはお金です。本当にいくら稼げるのかはわかりませんでしたが、お客様の単価が高いのでバックが期待できるのかな、と。もちろん、その額を払える富裕層なら、変な人はいなさそう、っていうイメージもありました(笑)。あとはマッサージがあることですかね。自分の将来の夢でもある「ケア」に関して、何か役に立つことがあるかもしれない、って思ったからです。

――人の体を触れることって、普段はないですしね(笑)。体のケアだけでなく、裸の付き合いになると、いろいろな人間性が垣間見れるのは貴重かもしれないですね。

本当にそうですね。体だけではなく、心が元気になることが本来一番重要ですからね。

10時間で待機なし。圧倒的な集客力にびっくり

NOWMAN

――実際に面接に来て、ここで働こうと思った決め手を教えてください。

スタッフの方の丁寧かつ的確なアドバイスですね。副業で時間の制約もある中で、目標額にはどんなペースで働けばいいのか、といった現実的な話をたくさんしてくださいました。売り出し方もアドバイスをいただきましたし。その場で思いつく疑問はすべてその場で解決した感じでした。風俗って性病がやっぱり心配でしたけど、お店負担で検査費用も出してくれるんですよ。そういう点も安心できましたね。

――すごく信頼している感じが伝わってきます。

まだ働いて間もないのですが、実は私、乳首が敏感で強く触られると痛いんです。そういうデリケートな相談もしやすくて。何でも相談できる雰囲気があるんですよね。

NOWMAN

――それはいいですね。今、さよさんはどんなペースでお仕事をしているのですか?

働いて3日しか経ってないのですが、基本は週3~4日で働く予定です。休みの日や、受付の仕事が終わったあと、短時間でも出れる時は出ようかなと。自分の勉強もあるし、受付の仕事もしているので、そこはうまくやっていきたいですね。でも、受付の仕事も派遣なので、こちら1本にしちゃってもいいかな、なんて思っています。給料が段違いですから(笑) 。そうそう、面接で時給保証についての話もあって、それもポイントのひとつでした。

――時給保証があれば「稼げなかったら…」という不安も払しょくできそうですね。条件は確認しましたか?

週5出勤、写メ日記1日3回。週5日は自分のペースより多い出勤日数でしたけど、いざとなれば本職が終わったあとも、しばらくこのペースで出ればいいかなと覚悟はしていました。でも、時給保証は結果的に必要がないくらい稼げたので(笑)

――ちなみに給料はまだ安定していないとは思いますが、3日間で一番稼げた日っていくらでした?

その日は10時間で9万3千円だったんです。雑費もないし、もちろん当日全額受け取れます。こんな大金、手にしたこともないのでもうびっくりでしたね。

――9万!そんなに稼げたんですか??

そうですね。ロングで予約をしていただくお客様もいらしたので、10時間という時間もあっという間でしたよ。でも、緊張感がまだあるのと、みなさん新規の方ばかりなので、その方を知るのに必死!お客さんがひっきりなしで、嬉しい悲鳴でしたね。

――やはり新人期間ということもあって、お店側も猛プッシュしてくれているのでしょうね。

大いにそれはあると思います。でも決して若いわけでもないし、技術があるわけでもないのに、お金を出していただくお客様がいるってすごいと思います。それだけお店を信頼しているということでしょうし、スタッフさんのトーク力のおかげですね。いいお客様ばかりつけていただいた気もします。

――最初にいいお客様がつくと、安心しますよね。

基本ずっといいお客様ばかりなんです。やっぱり客層は紳士的が多いです。ただ、どうしても私はフ○ラのゴックンが無理で(笑)。それもスタッフさんに相談して、お客様に事前アナウンスをしていただいたり。できないことはできないって言えるのもいいですね。

何を求めているのかを察知し、どれだけ行動に移せるか

――待機室の雰囲気はいかがですか?

まだ待機室は使ったことがないんです。待機したことがなくて。

――そうか、そうか。この3日間はひっきりなしで接客をしていたから、待機がなかったんですね。

そうなんですよ。でも、スタッフさんに言われたのは「待機中もダラダラしている子はいないよ」。たしかに、そうなんだろうと思いました。だって高級店並みのお給料をもらえるんだから、ダラダラ、ゴロゴロするような子はいないんだろうって。

――あぁ、ぶっちゃけそういう待機所結構ありますね。だいたいそういう待機室は部屋も汚れてるんですけど。

大学時代に勤めていたお店は、まさに床に座ってダラダラ、ペチャクチャ。お茶を引く日も多かったし、緊張感は皆無。でもここは、予約が全く入らないってこともなさそうですし、お客様はしっかりした方ばかり。オンオフのスイッチって正直入れにくいので、ダラダラ感を引きずらないで、仕事に入れたほうがきっとお客様への印象も良い気がしますね。

――さよさんはトーク力もありそうですけど、接客時に意識していることはありますか?

何を求めているのかキャッチしたいと思っています。どんなエロさなのか、どんな力加減なのか、どんなキャラクターなのか。あらゆる面で、お客様が言葉に出さなくても、そのニーズを汲み取りたいですね。どれだけキャッチし、どれだけそれを実行できるかが、次につながると思っているので。

――さすが芸術家だなぁ。相手の心の声を察知して、それをこちらで体現する!みたいな感じですね。

あはは、それは言えますね。特に今は「初めまして」の方が多いので、読み取るのも、覚えるのも大変ですけど、仕事の合間や帰り際に忘れないようにメモに残しています。

――そういうのって、絶対お客様に伝わりますよ。

だといいんですけどね。でも、初日のお客様がひとり、もう指名で戻ってきてくれたんですよ!やっぱりお客様が喜んでくれることが一番嬉しいので、そういう思いを忘れなければきっといつか結果はついてくるかな、って思っています。

――この仕事は資格取得の学費資金ですよね。100万円が目標だったと思いますが、それってすぐ貯まるのでは?

ですね。昼のお給料で生活をしていて、こっちの給料はまるまる貯金。多分、出勤ペースにもよるでしょうけど、1~2か月で貯まると思います。なので、目標額を上方修正して2000万円にしようかな、と。年金生活では不安ですし、最低2000万円は持っておきたいところですよね。

――いきなり現実的(笑)。でも、そういうふうに言えるのも、この仕事をしているからですよね。普通の会社員じゃ2000万円なんて貯まりませんよ。

最も最短で夢が叶う手段は風俗だな、って改めて思います。続けたいと思うかどうかは、店の雰囲気、スタッフさんの優しさや安心感が重要です。私は前のお店にいい印象が一つもなかったので、このお店に出会えて本当にラッキーでした。

編集後記

みやねぇ

みやねぇ

高収入を期待する女の子からの応募が後を絶たない、ハイブリッドヘルス『NOWMAN(ナウマン)』。マッサージとヘルス、お客様の要望によってプレイ内容を提供します。今回インタビューに応じていただいたのは、夢を叶えるための副業として、この仕事を選んだ、さよさん。学生時代は本格的に舞台芸術に取り組み、将来は体のケアをするパーソナートレーナーになるのだとか。さすが表現者だけあって、取材中もよく笑い、テンポのいい会話で、彼女の世界に引き込まれていきました。「とにかくスタッフさんがいい」と何度も口にしていたので、最後はスタッフさんと記念にツーショット!夢に向かって頑張ってください♪

渋谷 エステ・マッサージのお店

さよさんが働く
「NOWMAN」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由