【予防会×風俗求人みっけ】性感染症の定期検査について

小さな胸、痩せすぎ体型で悩む必要なし!女性オーナーが優しく見守る「貧乳専門店」

公開日:
貧乳パラダイス/SHOKOママ

プロフィール

SHOKOママ

SHOKOママ代表/-歳)

東京都出身。日本舞踊師範。高卒後、演劇の養成所に入所し、役者として活動していた。30代で独立し、外国人女性専門のプロダクションを経営。15年前に同店をオープンし、現在に至る。趣味は舞台観劇で、歌舞伎ファン。蜷川作品やTEAM NACS(チーム・ナックス)も好きなのだとか。マッサージやサウナに行って、日々の疲れを癒しているそう。

このインタビューのポイント!

  • 営業実績15年以上!「貧乳・痩せすぎ体型」をコンセプトにした人気店
  • コンプレックスを克服し、自信に満ち溢れた女性へ
  • 競合店の少なさが集客力に直結!“稼げる環境”と“客層の良さ”に自信あり

マスコミも注目!都内唯一の「貧乳専門店」

――これまでの経歴をお聞かせください。

この店をオープンしたのは15年前。それまでは25年以上、外国人女性専門のプロダクションを経営していました。昔は新宿歌舞伎町を中心に、日本人ホステスが400~500名在籍しているようなグランドキャバレーがたくさんあって。毎晩そこでダンスや歌、バンドの生演奏など、華やかなショーが行われていたんですよ。

――昭和の時代には、そういったお店がたくさんあったと聞いたことがあります。

私の会社は企画・制作をすべて請け負っていたので大忙し。ショーの企画を考えて、世界中あちこち飛び回って美しいショーガールを探し、日本に連れて来て。ときには自らダンスを振り付けたこともありました。外国人モデルも人気で、マスコミ関係の方からの依頼は多かったですね。私が呼んだ女の子は何人も、誰もが名前を知っているような有名写真家に使われているんですよ。

――もしかして、篠山○信さんとか?すごい!

ただ、景気低迷とともにそういうお店がどんどん減ってしまって……。外国人に対する入国審査も厳しくなってしまったんです。それでやむを得ず、プロモーターの仕事をやめて風俗店を始めることになりました。

――それまで風俗業界との関わりはあったのでしょうか?

クラブやキャバレーの最盛期は、その経営者の多くが風俗業界まで手を広げていたんです。みんな、ピンサロやソープを経営してボロ儲け(笑)。当時は万札が空から降って来るんじゃないかって思うぐらい、本当にすごかった。“夜の経営者たち”とのコミュニケーションばかりだった私は、そんな光景を目の当たりにしてきたんです。

――お金が降ってくる?そんなスゴイ時代があったなんて……!私も一度は経験してみたかったです(笑)

夜の世界で長く働いてきたし、ずっと女の子をマネジメントする仕事をしてきたから、私が風俗店を始めるのは自然の流れ。「たぶん、コレしかないだろうな~」って、なんとなく思っていたわけです。

――風俗店を始めるにあたって、何かこだわったポイントはありますか?

重要なのは、マスコミから注目されること。そのためには、誰もやっていない店であることはもちろん、質の良いサービスを提供しばければならないと考えていました。

――マスコミに取り上げられれば宣伝効果は抜群ですね。

マスコミ関係者は常に良いもの、目新しいものを探しているから、流行の最先端をいく店があれば必ず注目してくれるし、取材に来てくれる。実際に経験して、それが分かっていたんです。

――なるほど。プロモーターとして常に流行の最先端を走っていたSHOKOママだからこそ言えることですね。

当時は“貧乳専門店”がほとんど無かったので「コレだ!」と。確実に需要がある、絶対に成功するという自信がありましたね。

バスト “A~Bサイズ” までの女性を採用!コンプレックスが魅力に変わる店

――巨乳や肉感的な女性が好きな男性が多いというイメージもありますが、意外と貧乳女性の需要もあるんですね。

いわゆるボン、キュッ、ボンって感じのセクシーなスタイルですよね?(笑)たしかに、そういう女性が好きだという男性が多いのは事実かもしれません。でも、人の趣味嗜好は様々。小さな胸や痩せすぎ体型の女性のほうが好きだという男性も、一定数いるんです。芸能人の女の子なんて、実際に見るとガリガリで胸がない子も多いんですよ。それでも可愛くて、人気があるじゃないですか(笑)

――たしかに、「痩せすぎだな~」って思う芸能人やモデルさんは多いかも。人それぞれ、いろんな好みがあるってことですね。

これまで大勢のホステスやショーガール、モデルを見てきましたし、どの国に行っても自分で女性の身長や体重、バストサイズなどをチェックしてきました。そんな私が出した結論は、「胸が小さくても、綺麗な子だったら人気が出る」ということ。フィリピンパブでも、小柄で色白、ちょっとロリっぽい感じの可愛い女の子たちがとっても人気があったんですよ。

――「貧乳・痩せすぎ体型」という明確なコンセプトを掲げていますが、女性の採用基準はありますか?

バストは“A~Bサイズ”まで。体重制限はないけど、できるだけ細身のほうが稼げますね。それから、絶対に欠かせないのは“清潔感”。この店に合うのは、純粋で初々しい、素人っぽい女の子なんです。

――実際に在籍している女性について教えてください。

在籍している女の子のほとんどが、小さな胸や痩せすぎ体型にコンプレックスを持っています。でも、ここはコンプレックスが魅力に変わる店。他店では「胸が小さいから稼げなかった」という子が活躍していますし、自分の身体に自信を持てずにいた子も、いつの間にか自信に満ち溢れてキラキラと輝き始めるんですよ。そういう姿を見ると、本当に嬉しくなりますね。

――コンプレックスに悩む女性が自信をつけられるなんて、素敵です!

30kg代の女性が何人も在籍していますが、病的な痩せ方をしたり、不健康な印象の子は少ないんですよ。ここで働いているのは、自己管理ができるしっかりした女の子ばかり。長距離ランナーやバレリーナなど、徹底した体重管理を行っているスポーツマンや、野菜中心の食生活にしている子が多いですね。

――私も見習わなきゃ……(苦笑)

細身の女の子は、とにかく動きが良いんです。言葉は悪いけど、太っている子は動きが遅くて、ちんたらちんたらしてるでしょ?(笑)でも、痩せている子は風俗のサービスに関しても動きが速い。まめまめしく動くし、よく気がつくんですよ。だから、お客様の満足度が高いんです。

リピーター多数!圧倒的な集客力で、「稼げる環境」を提供

――風俗未経験で入店する女性の割合はどれくらいですか?

全体の70~80%が風俗未経験者。昼職との兼業で働いている子が多いです。

――未経験者にとっては、女性オーナーのお店というだけで安心感が大きいと思います。

面接に来てくれた女の子は全員、私が会って話しをします。入店後のフォローもしますし、いつでもどんなことでも相談に乗るようにしていますよ。

――やっぱり、風俗に対して怖いイメージを持っている女性は多いですか?

いくらお金が欲しくても、未経験者にとって風俗は怖いもの。「どんな事務所なのか?」「どんなお客様なのか?」「もしかしたら乱暴されるんじゃ……」こんな風に不安を感じるのは当たり前のことですよ。だから、お客様だからと言って誰でもいいわけじゃない。優しく丁寧に扱ってくれる男性じゃないと女の子も安心して働けないので、こちらでお客様を選んであげるんです。

――SHOKOママやスタッフさんが選んだお客様なら、間違いないですね。

ウチは15年以上営業していて、リピート客が圧倒的に多いんです。何度も利用してくださって、信頼関係が出来ているから「この子は今日が初めてだからお願いね」「優しくしなきゃダメよ!」って、私、平気でお客様に言っちゃう。もう何年も前ですけど、ラブホのドアを蹴飛ばして「ふざけたことしてんじゃねーよ!」って乗り込んだことも(笑)。どんなトラブルが起きても、私とスタッフが守ります。歌舞伎町で40年以上、いろいろと修羅場をくぐってきましたから、どうぞお任せください。

――それは心強い!ちなみに、こちらのお店を利用するお客様はどんな方が多いのでしょうか?

年齢は40~50代がメインで、社会的ステータスが高い男性が多い印象ですね。医師や服飾デザイナー、技術者など、繊細でこだわりが強いという共通点もあるかもしれません。ロリ系の女の子が好きな男性も来店します。抱きしめると折れちゃいそうな女の子を相手にするので、皆さん、とっても優しく接してくださいますよ。

――客層が良いと、安心して続けられそう。

初日を終えた子には、「今日はありがとう。自宅に帰って落ち着いてから、もう一度よく考えみてね」と言って、次の出勤スケジュールを聞かずに帰します。私は連絡先を教えて、ただひたすら待つだけ。女の子が「頑張ってみよう」「続けてみよう」と決断して連絡して来たら、こちらも全力で稼げるようにサポートします。女の子に無理強いなんて、絶対にしません。

――じっくり考えて、納得したうえで働くことは大事ですよね。実際に働くとなると、1日あたりいくらぐらい稼げるものなのでしょう?

7時間待機で、1日最低5万円~といったところでしょうか。競合が少ない、というか……ほぼ無いので、集客力はかなり高いと思いますよ。

――固定客や常連さんが多いお店なので、女性はかなり稼げる環境ですね。最後に、今後のプランがあれば、ぜひお聞かせください。

歳をとればとるほど指名は減っていくし、この仕事をずっと続けていくわけにはいかないじゃないですか。だから、この業界で働いている女の子たちの受け皿になるような場所を作ってあげたいんです。風俗店ではない、別の何か。 次のステップへ進んで行けるような場所があれば、安心してこの仕事を卒業できると思いますから。

編集後記

松尾さと

松尾さと

@mikke_story_mat

「貧乳・痩せすぎ体型」をコンセプトに掲げ、15年以上の営業実績を誇る『貧乳パラダイス』。以前、キャストさんから「SHOKOママがいたから安心して入店できた!」と聞いていたので、私も今回のインタビューを楽しみにしていました。実際にお会いしてみると、キャストさんが全幅の信頼を寄せているのも納得!とっても優しくて、何でも受け止めてくれる“包容力”や“母性”がビシビシ伝わってきました~!ココなら未経験者も安心して働けると実感。小さな胸をコンプレックスに感じている女性に、自信を持ってオススメしたいお店です!

大久保・新大久保 デリヘルのお店

SHOKOママさんが所属する
「貧乳パラダイス」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由