元風俗店オーナーが語る! 実際にあった2度とゴメンなトラブル~後編~

旅寅トラブル後編

災難とは、人の形をして声を掛けてくる

さて、前編はKちゃんの天然によって引き起こされた騒動を書きましたが、今回は、うちのお店に在籍していた別の女性が、それ以前に働いていたお店で巻き込まれた騒動をご紹介します。

元風俗店オーナーが語る! 実際にあった2度とゴメンなトラブル~前編~

旅寅_男
スイマセン、〇〇店のYさんですよね?
旅寅_Yちゃん1
ハイそうですが?

当時、大手ホテヘルチェーンに在籍していた25歳のYさんが声を掛けられたのは、事務所そばのホテル街。

旅寅_男
いいところでお会いしました。これから事務所にお伺いしようと思っていたところです。私、○○グループの社長、山田と申します
旅寅_Yちゃん1
しゃ、社長さんですかっ!? はっ、初めまして!

自身が在籍する風俗店グループのトップにいきなり街角で声を掛けられたYちゃんは、当然のことながら驚きました。
高級時計と高そうなスーツを着こなすダンディなそのオジサマは”代表取締役 山田〇〇”と記された名刺を彼女に渡しながら、爽やかな笑顔をみせます。

旅寅_男
いつもお疲れ様です。私は昨日から各店舗を回って、評判の良い女性と面談している最中でしてね。Yさん、少しだけお時間ありますか?
旅寅_Yちゃん1
面談といいますと?
旅寅_男
実はね、来月、お得意様限定の特別店舗をオープンする予定なんですが、接客を安心して任せられる女性をグループ店の中から選んでいる最中でしてね。で、〇〇店ではやはりYさんだと思いまして。あなたに会うために事務所に向かっている途中だったんですよ。
旅寅_Yちゃん1
えっ、私ですかっ??
旅寅_男
はい、店からも良い評判を聞いていますしね。一生懸命で素直で。素晴らしい人材だというのが当グループのあなたに対する評価です。条件をお伝えしたいので、30分ほどよろしいですか?

素直すぎるYちゃん。
そんな時、普通ならそのまま事務所に行くか、もしくは喫茶店やファミレスが王道かとも思うのですが、山田社長は意外な場所へ彼女を導いてゆきます。

旅寅_男
正式に決定次第、店長を交えて3者面談をしますがとりあえず今日、私が会いに来たことは、しばらくは内密にお願いします。まだ企業秘密なんでね。あ、あと、ちょっと宣材用の写真を撮影したいんですけど大丈夫ですか?
旅寅_Yちゃん1
私、顔出しNGなんですが……
旅寅_男
報告は受けていますから知ってますよ。もちろん、顔は撮りません。では、撮影もあることですし、少しだけそこのホテルに行きましょう。
旅寅_Yちゃん1
あ、ハイ。

そうやって、いつも仕事で利用するホテルに、社長と肩を並べて入るYちゃん。室内に入ると、山田氏の舌は更によく回ります。

旅寅_男
とりあえず今日のこの面談も、後日1万円ですが給与が出ますので、安心してください。ところで当然、特別店勤務の女性を選ぶポイントとしては、礼儀礼節やサービスが重要ですが見たところ、Yさんは大丈夫そうですね。
旅寅_Yちゃん1
あの、別に変わったことはしなくていいんですよね?
旅寅_男
もちろんですよ、単価も通常店よりかなり上げる予定ですし、それこそ安心、安全の上質なお客様ばかりですからね。間違いなく、今よりも伸び伸びとお仕事ができる環境だと思いますよ。

”やった! 正直今の店舗にあんまり馴染んでなかったから、まさにグッドタイミングだわ!! それに1万円なんて超ラッキー♪”

Yちゃんにとって、それは降って湧いたかのようなスカウトでした。

旅寅_Yちゃん1
が、頑張りますっっっ!!
旅寅_男
受けてくださるんですね?ありがとうございます。では、とりあえずいつものように、私をお客様だと思ってサービスしてみてください。シャワーを浴びましょうか。

~30分後~

旅寅_男
素晴らしかったですよ、Yさん。あなたに決めました。
旅寅_Yちゃん1
ありがとうございますっ!! あの、写真の方は??
旅寅_男
やっぱり写真は後日事務所で撮りましょう。では、ここを出ましょうか。

チェックアウト後、山田社長は握手を求めてきました。

旅寅_男
Yさん、あなたはグループの宝です。数日後にはお店を通して3者面談の日時をお伝えしますので、今日のことはそれまでくれぐれも口外しないでくださいね。
旅寅_Yちゃん1
はい、ありがとうございました!!

その後、山田社長からの連絡はなかなか来ませんでした。
しびれを切らしたYちゃんは、1週間後、店長に尋ねてみたそうです。

旅寅_Yちゃん1
店長、〇〇グループの社長って何ていうお名前ですか?
旅寅_店長
社長? 岡本さんだけど?
旅寅_Yちゃん1
え! 幾つくらいの人ですか!?
旅寅_店長
まだ若いよ。39歳。
旅寅_Yちゃん2
ええええええええっ!? じゃこの名刺はぁぁぁ!?(´;ω;`)
旅寅_店長
何じゃこりゃ! あ、Yちゃん、さては騙されたな!?

実は多いなりすまし詐欺

実は多いなりすまし詐欺

こういうケース、実は珍しいわけじゃなくて、最近も似たような話を現役の女性から聞かせていただきました。

現れた男は同じく社長を名乗ったそうですが「弁護士やお医者様などの、ハイクラス専門店を立ち上げる」というスカウトだったそうな。リアルといえばリアル(汗)。

しかも長時間、さんざん色んな要望に応えさせられたとのことですから、いかにその女性がてんね……いや、優しいかという証明ですわね(笑)。
良い人だからこそ、騙されてしまった前回のKちゃんと今回のYちゃん。

そんな素敵なおふたりに、大阪人として1度だけツッコミを入れさせてください。

なんですぐに店に電話して確認しないのよっ!

これ以外にも、カメラマンや取材、悪質なものでは警察などを装って近付いてくるヤカラも、まれにいるようなので、風俗街近辺で誰かが声を掛けてきた場合、個人的には「完全スルー」が理想だと思います。

風俗で働く女性の皆さま、くれぐれもお気をつけくださいね。

教訓

災難とは、人の形をして声を掛けてくる。

元風俗店オーナーが語る! 実際にあった2度とゴメンなトラブル~後編~

Share On

サポータープロフィール

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の42歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的に執筆活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

関連する記事