編集部みやねぇ潜入企画『自撮り講習会』~前編~ 超重要★指名GETのための第一関門!

前編アイキャッチ

前回の手コキ講習会の記事が大好評!
「行かなかったことを後悔した!」「とっても楽しそう!」「どうしたら参加できるのですか?」といったお声をいただき、感激しております!

編集部みやねぇ潜入企画 『手コキ講習会』~前編~ リアルだね♪

今回も、サポーターであるあかね先生の「自撮り講座」に潜入しちゃいました!
あかね先生の講座は毎回大人気で、もちろん今回も満員御礼!
男子禁制ではないので、編集長のひょっとこさいとうも一緒です♪

もはや写メ日記の更新は、お店で必須となっているところも増え、お客様から指名をいただくための超重要アイテムとなっています。

写メといえど、たかが一枚。されど一枚。
初来店のお客様は、これであなたを決めるといっても過言ではありません。

あかねさん自撮り

ラグジュアリーホテルのスイートルームにて

会場はあの「ザ・ペニンシュラ東京」の豪華スイートルーム! ここを選んだ理由は「非日常空間で、一流のおもてなしを体感してもらうため」だとか。施設面だけでなく、ちょっとした心遣いや、笑顔、声のトーンだったり。すべてが洗練された空間は、「接客のプロとして、何らかの気づきがある場所」なのです。

参加者は10名。オナクラ、ヘルス、M性感、ソープの方でした。関東だけでなく、わざわざ大阪や長崎から来た方まで! 人気キャストさんも多いのですが、やはりそういう方も日々の努力を怠っていないということですね。

しかし、ゴージャスなホテルです!! おそらくもう二度と足を踏み入れることはないと思うと、普通に記念写真を撮りたくなりますね。

窓を眺める
タイトル/「日々の喧騒を忘れ、まどろむ休日の午後」

バスルーム
タイトル/「バスルームより愛を込めて。マンハッタンは今夜も刺激的」

お部屋では事前資料を元に、あかねさんの説明が始まりました。
あかね先生の講習では重要な注意点があります。

それは、

1. 積極的に参加すること

せっかく来ているのに受身でいては吸収できるものも半減してしまいます。どんどん発言して、どんどん動き、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

2. 言われたことは素直にやってみること

否定から入らず、まずはやってみる。例えば自撮りの場合、「私お腹が出てるから、このポーズできないんです」とかはNG!!
数をこなせば出来るようになるかもしれない。本当に出来なければその時に別のことを考えましょう。

さて、手元の資料を見てみましょう。
世に出ている写メ日記の写真がたくさん並んでいます。そこで、自分がお客様だったらどの子を選ぶか、逆にどの子は選ばないかをディスカッション。なお、大阪の「のぞみさん」は顔出しOKなので遠慮なく露出させていただきます!

のぞみ

資料見ている

たしかに並べてみると一目瞭然。
「選ばれない子」のポイントは共通していました。何を撮っているのかわからない。寄りすぎてわからない。とにかく「よくわからない」のです。

「選ばれる子」は自分がアピールしたいところがしっかりと強調され、その子のイメージが湧くような写真を使っています。

そうなんです。「きっとこんな子なんだろうな」って、ってイメージができるんです。まずは『人と違うところ、自慢できるところ』がどこであるかを考え、『自分が自分をどう見せたいかを意識』して撮ることが重要だとお話されていました。

個性を強調し、より魅力的に見せるために

あかね先生も昔は大きなお尻が嫌いだったとか。でも、それが個性。今では「大きな丸いお尻」がチャームポイントになっています。

次は、あかね先生がスマホを置いて、アピールポイントがどうしたら綺麗に見えるのかを指導。

胸

お尻

足

足を見せるのも、立ち姿勢と角度によって断然足長さんに見えるのがすごい!!

逆に、できれば写真では見せたくない「気になる部分の隠し方」も指導。
ウエスト周りが気になるなら、服を着るのが手っ取り早い。
ペラっとお洋服を持ち上げて、ビキニゾーンに手を添えれば、お腹の肉を隠しつつも、ちょっとHな感じに。

ウエスト隠す

正面から見たときに背中の下のお肉が気になるなら、背中のお肉をつまんで隠してしまうというテクニックがあるようです。

脱ぐ先生

つまむ

おぉぉーっ!?? 本当につまんでる!!

「つまみ切れない分厚いぜい肉はどうしたらいいんですか?」と聞きたいところをぐっと我慢。

さぁ、次回は自撮りの実践!
女の子たちがセクシーなランジェリー姿になって、自撮りに挑戦します( *´艸`)

編集部みやねぇ潜入企画『自撮り講習会』~前編~ 超重要★指名GETのための第一関門!

Share On

サポータープロフィール

みやねぇ

みっけStory編集部

みやねぇ

みっけStory編集部所属。東京の下町で育ったチャキチャキの江戸っ子。何事にも熱く、感動ストーリーにはめっぽう弱い。昔、路上で拾ったじいさん猫が宝物。自慢は大食いで、偏食を改善したいと本気で考え始めた万年ダイエッター。甘いものと揚げ物とお酒とラテンな国が大好き♪

関連する記事