大丈夫、ひとりじゃないのよ。~伝説の泡姫 沙也加~

伝説の泡姫沙也加
沙也加さん
沙也加さん
マスコミに一切出ることなく、川崎・堀之内の高級ソープ店で10年以上ナンバー1の座を守り続けた伝説の泡姫。お客はその卓越したテクニックと心を込めた接客に大満足、常に150人以上の常連客を確保していた。現役時代から講習を希望するすべての泡姫を指導。約15年間、現役と講師を兼務。現役を退いた今は、フリーの立場で講習を行っている。月の休みはわずか1、2日。これまでに指南した泡姫は6000人以上にのぼる。

ソープ嬢だけでなく、全業種の方に読んでいただきたい沙也加さんのインタビュー!
以前、みっけStoryでも取材をした咲枝さんは、沙也加さんのマット講習を何度か受けているとのこと。実際にどんな方か聞いてみると、咲枝さんは目を輝かせて「沙也加さんはテクニックも、内面もすごいです。あんなふうに接してもらえたら、女でも惚れちゃいますよ!」って。

沙也加さんの言葉、笑顔はまるで癒しのシャワー。優しい微笑みと共に、素晴らしいメッセージをたくさんいただきました。

現役時代、月間指名数は100本以上。半年で部屋持ちに

沙也加さん
19歳でソープ嬢になった沙也加さん。きっかけは従姉妹から紹介されたという。そこは堀ノ内の高級店。当時のお客様の料金はひとり8万、9万円だったそう。

入店した当時、どこの高級店も厳しく、私は1日3時間の講習を1週間みっちり受けました。教育担当の店長が目を光らせる中、私は若いボーイさんを相手に、店長から教わったプレイを行います。
そこで、ちょっとでも失敗しようものなら「お客様にケガでもさせたらどうするんだ、バカヤロー!」店長は怒鳴り声を浴びせながら竹刀でベッドの端をバシバシ叩くのです。まさにスパルタでした。
そして、ようやく接客サービスをスムーズに行えるようになり「明日からお客様を付けます。頑張ってくださいね!」そう店長に言われたときは、涙を流して喜んだことを今も覚えています。

――入店して人気嬢になるまでは、わりとすぐだったんですか?

そうですね、半年くらいで「部屋持ち」になれましたね。
*部屋持ち=指名が取れる人気嬢にのみ与えられる、自分専用のプレイ部屋

――指名本数どれくらいで、自分のお部屋を与えられたんですか?

通常は40本以上でした。私は一切宣伝のための媒体には出ていなかったのですが、月100本以上の指名をいただいていました。

――それって世間でいうところのスピード出世ですよね。もちろんそれだけ努力されたと思うのですが。

お客様から「あの店はすごかった」と聞けば、何がすごいのかを実際確かめに休みの日は九州、金津、福原。全国どこにでも修行に行きましたね(笑)。

ある日、高級店トップのお姉さんを訪ねたら、その方オリジナルの「木馬」があったんですよ。特注で作ったという、枠だけの木馬。お客様にまたがってもらって、その下からお姉さんがサービスするっていう。
「トップの人って、こんなことまでするんだ!」って衝撃でした。で、私もこの木馬を作りたかったんですが、なかなか作ってくれるところがなくて(笑)。

――沙也加さんも馬を作りたかったんですね!(笑)

木馬がダメだったので、なんとかオリジナルの技を作ろうと、まず最初に浴槽の中に潜り椅子を入れたプレイを考えました。

もちろん基本ができた上でのことですが、やっぱり人と同じことをしていたら飽きられてしまうし、新しいことを覚えると一生懸命やるじゃないですか。うまくできなければ努力するし。だから私は現役時代、常に新しい技を探求し続けていましたよ。

入店1年でお店の講師に。惜しみなく技術を伝授

入店1年でお店の講師に。惜しみなく技術を伝授
次々と新たな技術を生み出した沙也加さんは、わずか1年でお店の女の子たちの指導者になった。技術の全てを惜しみなく先輩・後輩関わらず伝承していった。しかも特別な報酬はなし。もちろん見返りも期待せずに。

――自分の武器を自ら教えてしまったんですね。太っ腹!(笑)

普通は、教えないって言われましたよ(笑)。でも、自分のオリジナルを教えることで、危機感を持ち「もっと頑張らないと!」って思いますよね。
お店の質が上がるのは嬉しいですし、私自身も日々新鮮な気持ちで学んでいけるので、もったいないとか惜しいなんてことは思わなかったですね。

――在籍していた高級店は4年で辞めてしまったんですよね?

はい、高級店の看板も取れましたし、目的は果たしたかなって。
一旦辞めたのですが、グループ系列の大衆店から「講師兼プレイヤーとしてもう一度働かないか」と声をかけていただき、“他店の女の子にも指導ができる環境”を条件に、またソープへ戻りました。

ただね、最初は自信もなかったし、安請け合いはしたくないじゃないですか。「私が在籍経験があるのは高級店だけ。大衆店でも指名が取れるかは分かりません」と、お店にも伝えました。

結果的に高級店でも大衆店でも、心を込めて接客すれば、お客様には通じるんですよね。お客様の質だって良い方に変わってきましたし。そのお店では、多い時で月200件の予約が取れました。プレイ時間が短めなので、回転が速くて大変でしたけど(笑)。

実は沙也加さんは高級店で働いているときに、一般の方と結婚していた。
しかし、その愛するご主人が他界……。
高級店を一度辞めた大きな理由はこれだった。

中級店に移籍した沙也加さんの人気と技術力は、ウワサで広まり、全国からソープ嬢が講習を希望してお店に訪れた。生徒はお客さんと同じように入浴料と、別途講習費を払うので、店側の収益には何の問題もない。
沙也加さんは講師をしながら、お店のナンバー1の座をキープしていた。

講習と女の子の悩み相談で多忙な日々

講習と女の子の悩み相談で多忙な日々

――現役を退いたのは?

今から10年くらい前ですね。生徒さんが増えて、いろんな悩みも全て受け止めてあげてたら時間がなくなってきちゃって(笑)。私は何でも相談してほしいから「悩み相談ウエルカム」なんですけど、本気で悩んでる子は深夜でも朝方でも時間を問わず連絡をしてくるんで、これ以上現役を続けるのは無理だ、と思って講師1本にしたんです。
一度も会ったことない子も相談してきますよ(笑)

――「ウエルカム」なんていうと、ますますみんなから相談されてしまいそうですね。
これを読んだ読者の皆さんは、常識の範囲内でお願いします!(笑)

本当にいろんな生徒さんがいらっしゃいますよ。すごく前向きな子もいるし、講習を受けているのに面倒くさそうにする子も。後ろ向きな子には「何度も言われていやだよね、もうやらなくていいんだよ」って言います。本人の気持ちが乗らないのに教えても無駄なので。
そうすると、ふてくされた顔で「やらなきゃいけないんでしょ、もう1回やってみる……」なんて返事してきたりして。かわいいでしょ(笑)。
気持ちがなければ何をやっても上達しません。でも、技術は反復すればどんな子でも覚えられます。

――そうして関係性も深まっていくんでしょうね。

みんな練習した成果をメールなんかで報告してくれるんですよ。
「緊張したけど、とにかく先生が言ったみたいにギュッってくっついてたら、お客さん本当に喜んでた!」とかね。

――はは、みんなかわいいですね。講習は何度も通う方も多いのですか?

だいたい7割が新規、3割の子は継続ですね。ナンバー1になっても、それを維持するためには常に努力しないとダメなんですよね。ベテランこそ、指名が取れるようになるとマンネリ化してしまうんですよ。新しいことを覚えると一生懸命やるじゃないですか。そういう姿はお客様にとって、嬉しいものです。吉原の超高級店で10年ナンバー1をキープしている子も、新しい技を覚えに繰り返しやってきますよ。

――トップであっても常に進化することが大切だといういことですね!
そうそう、沙也加さんの接客術は「密着」を重視していますよね?

なんでもスキンシップ! くっついちゃえばいいんですよ。
覚えたてのプレイで自信がなければ、その気持ちをそのまま伝えましょう。
手を握って「まだうまくできないけど、試してみたいな」って甘えてみればいい。

沙也加スキンシップ

体型が気になる時も、常にくっついちゃう。例えばお腹のお肉が気になる場合ね、どうしてもお湯加減見たりするために離れなきゃいけないときも、顔はお客様に向けてお話するんですよ。そうすると顔に目が行くので、お腹にはあまり目が行かなくなります。

イヤだなって思うお客さんにもくっついて、キスしちゃえばいいんです。イヤだって思う時間が長いほど、イヤなところが見えちゃうでしょ。
ふたりの世界に入るんですもの、好きにならなきゃ。

――はぁ~(感嘆)。勉強になります。

あとね、「明らかにパネルと違う。外れた!」って表情をお客様から露骨にされた場合、外見に自信のない子は落ち込んで、一歩引いてしまうでしょう。
そんな時は、すぐにディープキスでも何でもして、ノーパン状態でスカートをめくってみちゃうとかね。スキンシップで、自分に引き込むことが大切。
お部屋に入ったら「私を選んでくれてありがとうございます」って丁寧にお礼を言えば、男性はチェンジなんて言いませんよ。

プライベート講習も、できるだけ価格を抑えて

プライベート講習もできるだけ価格を抑えて

とにかく忙しい沙也加さん。ほぼ休みなしで講習の予約が入っている。
基本はマンツーマンのプライベートで、講習費2万円に部屋の使用料が別途1万5000円。もちろん、所属するお店が使えるような場合は講習費のみでOKだ。グループでの講習時はもっと安くなるし、大人数での座学セミナーなどはひとり4千円程度で行っているそう。

――思っていたより全然安くてびっくりしました。

セミナーなんて特に一般論は教えられるんですけど、その子の特性に合わせた指導まではできないですからね。部屋代プラスアルファ程度で十分(笑)。

プライベートになると、その子のレベルや特性を見ながら教えられるのでそれなりにはいただきますけど、私の場合は出来る限り安くして、多くの女の子に学べる機会を与えてあげたいな、って思います。
それでも地方の方は何度も来るのが難しいので、自宅でも学べるようにDVDも発売しています。

――ひとりでも多くの女の子に、沙也加さんの技術・想いが伝わるといいですね。
それでは最後に全国の「頑張る姫」たちに応援メッセージをお願いします!

「ひとりじゃないのよ」ってこと。
頑張れば必要としてくれる人が必ず出てきます。必要とされると嬉しいですよね。笑顔で楽しくお仕事ができて、生きることができれば、ひとりじゃなくなるんです。
よく、慣れてくると常連のお客さんとぺちゃくちゃおしゃべり中心になってしまう子がいるんですよ。それは自分がラクしてしまっているの。接客のラクは「楽」。楽しんでもらって、自分も楽しむこと。
常に過去より、もっと今を頑張らないと。

そう、ひとりじゃないのよ。いつだって私も側にいますからね。

■ブログ:沙也加と一緒に♪
http://blog.livedoor.jp/lalasayaka/

■講習の問合せ:
ruru.ako.11-11.2-3@docomo.ne.jp

■著書:伝説のソープ嬢に学ぶ接客の極意

■DVD:
【魔法のローションプレイ】【マットプレイ基礎編】【マットプレイシリーズ】【イスプレイシリーズ】【密着接客術】、他各種有
≪DVDの購入・問合せ≫
株式会社フェンス Tel:03-5806-4843
http://www.funfun-store.com/index.php

沙也加さんDVD

大丈夫、ひとりじゃないのよ。~伝説の泡姫 沙也加~

Share On