2018年2月1日 更新

知っておきたい「更年期障害」の話~アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談~

知っておきたい「更年期障害」の話|アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談

こんにちは、新人風俗嬢プロデューサーの咲枝です。
今回の記事は女性なら気になる「更年期」についてお話します。私はアラフィフですが、早い時期に更年期を迎えました。今後迎えるであろう皆さんに、自分が経験した更年期の体験、乗り切るためのコツなどをお伝えします。

40代前半で閉経。早くも更年期障害に

更年期と聞くと多くの皆さんにとっては、まだ先の話と考えるかもしれません。でも小児期、思春期などと同じ、ひとつのライフサイクルとして、誰もが必ずこの時期を通ります。一般的に45歳~55歳が「更年期」といわれ、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減少。この変化に伴い、体にもさまざまな変化が生じてきます。そして、この減少により起こるからだの不調が「更年期障害」と呼ばれています。

知っておきたい「更年期障害」の話|アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談

私の閉経は40代前半一般的に平均閉経年齢は50歳位と言われていますので、少し早い方かもしれません。閉経が早く来たことに対して、初潮も8歳と早かったので驚きませんでしたし、子宮筋腫子宮内膜症だったせいかPMS(月経前症候群)の症状がひどかったこともあり、その辛さから解放されほっとしました。

ここ最近では、無理なダイエットや過度のストレスによりホルモンバランスが乱れることで、20代30代で生理不順や生理が止まる人も増えているとか。医学用語ではありませんが「若年性更年期障害」と呼んだりするようです。

風俗で働いていると、疲労もストレスもあるでしょう。お若いかたも対処方法を知っておくと良いですね。

不安もあるかもしれませんが、更年期は誰もが通る道。からだの不調をどの程度感じるかは人それぞれなので、実際はなってみないとわからないそうです。

更年期障害の大きな特徴としては

  • 大量に汗をかく(ホットフラッシュ)
  • イライラする
  • うつ状態
  • 寝つきが悪い、または眠りが浅い
  • 膣がヒリヒリ、雑菌が入った時のような臭い、性交痛がある

などが挙げられます。
有名なのは真冬でも汗が吹き出る「ホットフラッシュ」でしょう。

更年期は女性にとって大きな変化が起きる時期

知っておきたい「更年期障害」の話|アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談

子宮筋腫や子宮内膜症があった私は、子宮筋腫は35歳の時に摘出。子宮内膜症は、症状に合うあうピルを処方してもらい、医師の指導を受けながら生理をおこしたり止めたりしていました。1年程経ったころ、生理が起きなくなってきたので、おかしいと思い病院で血液を採取。よく耳にするエストロゲンの主要成分のエストラジオール値のホルモン検査をしました。

数値は忘れてしまいましたが、医師から「年齢的には若いけれど更年期の数値ですね。最後の生理から1年こなければ閉経という事になります」と説明を受けました。その時は「生理痛から解放される!」とプラスに考え、全く落ち込むことはなかったです。

ただ、女性が更年期になる時期は、女性にとって生活に大きな変化もある年代。みなさんきっと、子どものこと、仕事のこと、介護のこと。自分の老後や死んでしまった後の事を考えることだってあるでしょう。そんな忙しいときに、ホルモンバランスの減少によりいろいろな症状が出てきてしまうため、とても辛くイライラしてしまうのです。

私の場合は症状が先か、精神的なストレスが先か、記憶は定かではありませんが、元彼と決別を決めた頃に、更年期障害が重なりました。もうイライラが頂点だったのかもしれません。

わたしの更年期障害

知っておきたい「更年期障害」の話|アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談

医師から「更年期」を告げられたあと、2度飛び飛びで生理がきました。
その間半年ほど思考能力の低下や、体のだるさ睡眠不足今まで以上の生理痛などの症状が出てきました。そこで初めて「あぁ、これが更年期障害か」と思いました。
もっとも辛かったのは眠れなかったこと

今も眠りが浅いですが、閉経するかしないかの頃に比べると数段よく眠れています。
当時は常に睡眠不足で、頭がぼんやりとして何も考えられず、このままではまずいな、と思っていました。その状況を婦人科医師に相談したところ、加味逍遙散(かみしょうようさん)という漢方薬を処方して頂き1年程飲みました。そしてプラセンタ注射はお肌のために前から月2回行っていたのですが、更年期障害にプラセンタが有効で、健康保険が使えるということ。なので、今は週1回通っています。

その効果なのか定かではありませんが、頭がぼんやりすることやめまいなどは、だいぶ軽減された気がします。

ちなみに、更年期になると必ず起きると思っていたのですがホットフラッシュの症状は出なかったです。その頃はヨガ教室に通っていて適度な運動をしていたからかもしれません。やはり人によるんですね。

更年期を過ぎて、身体の変化は?

知っておきたい「更年期障害」の話|アラフィフ風俗嬢咲枝の体験談

随分まえにテレビで40代になると女性でも性的欲求が高まるというのを見たことありました。高まったとか、感度が上がったとかは、正直全くわかりません(笑)。
大きく変化したのはバスト乳首の色はピンク色に変化、そして感触は乳腺が休憩状態なのか乳房もパーンと張っていたのが、良いのか悪いのかホワホワのマシュマロ状態。身体が丸みを帯びてきたので「脱がなくてもエロイ」と言われます。風俗のお仕事してますから、これはとても嬉しい誉め言葉です。

マイナス面では髪の毛肌の乾燥。また、ダイエットしてもなかなか落ちないのでメンテナンスが大変だと感じています。

現在、漢方薬はもう飲んでいませんが、プラセンタ注射のほか、月2回整体で体のゆがみを調整。
昨年はアンチエイジングのアドバイザーに個人指導をしていただき、これからの私に必要な食事内容方法睡眠ダイエットについて学び更年期中に太った分を3/4程落としました
食事はお肌や髪に影響するタンパク質を増やし、脂質は良質なオイル、糖質は摂る時間帯を調整。お菓子もフルーツも我慢せずに食生活楽しんでいます。

35歳過ぎたら時々のメンテナンスよりも日々のケアが大切。誰もが訪れる更年期をうまく乗越えて、この先の老年期に向け、いい基盤を作ることを考えていきましょう!

サポータープロフィール

咲枝

咲枝

  • サポーター

稼げる風俗嬢を育てる新人プロデューサーの咲枝です。 風俗歴はM性感、デリヘル、ソープランド。 私は講習もなく何もわからない状態でポンとフウゾクデビューしたため売れるまでに回り道をしてしまいました。 そんな時間をかけずに稼ぎたい風俗嬢が人気嬢になるお役にたてたらと活動はじめました。 男性に魅力的に見える所作、風俗嬢にあったキャラクターでの売り出し方をプロデュースしてまた会いたいと思ってもらえる稼げる人気嬢に仕上げます。 モットーは『遅すぎることはない、やりたいことはやったらいい』です♪

この記事をSNSでシェアする

関連するキーワード

みっけStoryの新着記事

  • 優良店厳選の風俗求人は『みっけ』!

ピックアップ

閲覧数ランキング

サポーター

キーワード

風俗お悩みQ&A

みっけStory編集部

  • みっけの求人情報