キャストインタビュー 「YESグループヨコハマ あわほたる」りおなさん

受け身が苦手な私にぴったり!女性主導で楽しめるマットプレイが大好き

公開日:

プロフィール

YESグループヨコハマ あわほたる / イエスグループ横浜

りおな(33歳)

神奈川県出身。高校卒業後に風俗業界へ入り、複数の風俗店舗を経験。受け身より女性から責めるプレイが得意で、マットプレイ専門の『あわほたる』へ入店。休日の過ごし方は、昭和のかおりがする純喫茶めぐり。裏表のない飾らない性格で、素のキャラクターで接する姿勢がお客様から好評なんだとか。

このインタビューのポイント!

  • 非日常を味わえる、泡洗体とマットプレイがメインの専門店
  • 技を段階的に学べる万全な講習体制
  • 受け身好きのお客様が中心で、本番強要のない客層の良さ

非日常が味わえるマットプレイが一番楽しい

――りおなさんは、初めて風俗で働くにあたり、不安なことはありましたか?

実は全くありませんでした(笑)。元々楽観的な性格なのと、お金を稼ぎたかったので18歳ですぐに風俗で働き始めたんです。最初はファッションヘルスの店舗に入り、その後は色々なところで働いてみたくてさまざまなジャンルを経験しましたよ。

――ちなみに、今までどんな業態で働かれたんですか?

デリヘルやホテヘル、あとSM店に在籍したこともあります。その店は完全会員制で、なかには議員さんのようなVIPの方も遊びに来られました。私は女性主導で責めるプレイが好きなので、女王様は楽しかったです(笑)。複数の風俗店を経験し、回春のお店でマッサージ技術を取得した後は、メンズエステ店でエステティシャンの仕事をしていました。

――え~そうなんですね!メンズエステ店から、また風俗業界に戻ってきたのはなぜですか?

メンズエステ店って風俗じゃないから、あわよくばで本番強要がすごく多いんですよ。それで「面倒だな~」と思っていたときに、たまたま『あわほたる』の前を通りかかって看板を見かけて。私はマットヘルス店の経験もあったので「あ~マットプレイ懐かしい、楽しかったな。和風で看板も可愛いなぁ」と惹かれて。女性が入りやすい外観ですし、経験もあって気軽に応募しました。

――たまたまお店の前を通りかかって入店なんて運命的ですね。

マット店は本当に楽しいんですよ!ここのお店では出勤して浴衣を着るんですが、毎回違う柄が着られるので、そこでまずテンションが上がります(笑)。指入れや即プレイなど負担がある内容もないですし、マットを使って、普段の生活では味わえない非日常的なプレイが楽しめるところが大好きです。

技を段階的に学べる万全な講習体制!

――りおなさんはマットプレイ経験者ですが、入店後の講習はどのようなものでしたか?

経験・未経験問わず講習があるので、もちろん私も受けました。泡洗体は初めてで、泡立て方から習って基本のマットの流れから習い直しましたね。以前いた店を振り返ると、未経験者でも技を段階的に教えてもらえるので始めやすいお店ですね。

――泡洗体のマットプレイって、難しくはないんですか?

う~ん……、泡立てもネットがあって簡単ですし、マットから落ちないようにするくらいですかね。マットプレイって未経験にはハードルが高いイメージがありますよね。でも実際はお客様から責められないですし、技は覚えたら楽しいんですよ。注意点を挙げるとすれば、 体重の掛け方でお客様に怪我をさせないように気を使うところですかね。慣れるまでは少し筋肉痛にはなるけど、全身を動かすのでダイエットにも効きます(笑)。

――お金が稼げるダイエット!いいですね(笑)。泡やローションを使うので、お肌のケアで気を付けていることはありますか?

冬場は少し乾燥しやすいので、保湿はしっかり行うことぐらいですね。皮膚科で処方してもらう保湿剤が一番効きます。保湿は必要ですけど、ローションのおかげかいつも肌がツルッツルなんですよ!気付いたら足や腕が輝いているのは、この仕事特有かもしれません(笑)。

――確かにお肌がキレイ~!1日のお給料はどれくらい稼げていますか?

週5日、1日7時間出勤で、 私は1日だいたい3万円くらいかな。シフトは早番、遅番等、決まった時間だけでも大丈夫です。私は通勤ラッシュの電車が苦手なので遅番で出ることが多いんですけど。今は風俗専業で目標金額も決めていないので、負担のないペースで出勤しています。

本番交渉しない、受け身のお客様が多くて安心

――接客をする方は、どういうお客様が多いですか?

30代~40代くらいの受け身プレイが好きなお客様が多いです。ちなみに、事前にモニターでお客様の顔を確認出来るので、知人などの接客に当たらないような対策もしっかりしていますよ。

――身内バレ対策も万全なんですね。受け身のお客様が多いと、何かメリットはありますか?

まず本番強要や色恋営業でお客様が勘違いされることが、ほとんどありません。マットプレイのお店で働く大きなメリットの一つだと思います。

――それは悩みのタネが減りそうです。こちらでは3Pコースも人気だそうですが、他のキャストさんと一緒に接客に入ることに抵抗はありませんか?

私は他店でも経験があったので、抵抗はないですね。それに3Pプレイに対応出来るのは在籍キャストの3分の1くらいだそうなので、苦手な方は皆さんNGにしています。私の場合は、他の女性がどう接客しているのかを見て自分が足りない部分を学べますし、何よりお客様から人気があるコースなので接客していても楽しいんですよね。普段は個室待機で他のキャストさんと交流がないので、ここでお話しできるのも魅力のひとつです。

――思わぬ交流が生まれるんですね。接客する上で努力していることはありますか?

丁寧かつ、なるべく時間ギリギリまでマットの上にいるようにしています。お客様には遊び終えた後に寂しい気持ちにならないよう、出来るだけ「気持ちいい+楽しい」を持ったまま帰ってもらいたいんですよね。だから、時間はフルに使ってマットを存分楽しんでもらっています。あと、写メ日記は頻繁に更新するようにしていて、男性が好む写真に関してはスタッフさんからアドバイスをもらっていますよ。

――身近な男性の意見は参考になりそうですね。どんなスタッフさんが多いのでしょうか?

ここのお店は特にスタッフさんが優しいと感じますね。困ったことも相談しやすい環境だし、接客ごとのお客様アンケートの結果がよくないときでも、励ましてくれます。昔働いていたお店ではアンケート点数が悪いと怒られることもあって、比べてみても本当に働きやすいです。

――スタッフさんからの励みはモチベーションアップにも繋がりますよね。それでは最後に、りおなさんから応募を迷っている方にひと言お願いします。

未経験者でも受け身プレイが苦手な女性は、技さえ覚えてしまえば、とても働きやすいと思いますよ。男性の身体が反応したり、喘ぎ声が聞けるのが楽しいと感じる、Sな女性にはぴったり(笑)。マットプレイに漠然と苦手意識を持っていた経験者の方にも、体への負担が全然違うのでお勧めしたいですね。私は体力が続く限り、細く長く続けたいと思っています!

編集後記

藤原リョウコ

藤原リョウコ

@fz_fujiwara

創業20年、全国に複数の風俗店を展開するYESグループ。その系列店で横浜・曙町にある『あわほたる』は、泡洗体とマットプレイが人気のマットヘルス専門店です。さまざまな風俗店で働いた経験を持つキャストのりおなさんは、数ある風俗店の中でも、断トツで働きやすいお店と断言してくれました。未経験者からすると技を覚えるマットヘルス店は「技を覚えるのが面倒そう」な印象があるかもしれません。でも講習は段階的に学べるうえに、プレイルームには技表もあるので迷うことはないそうです。指入れ・即プレイ禁止の女性主導で行えるサービス内容で、身体への負担もないそうなので、受け身が苦手な女性にはお勧めしたいお店です。

  • 取材=藤原リョウコ(@fz_fujiwara
  • 撮影=伊藤メイ子

横浜 ヘルス(箱ヘル)のお店

りおなさんが働く
「YESグループヨコハマ あわほたる」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由