キャストインタビュー 「トマトの思い出」なみさん

長年勤めた店舗を辞めて選んだ先は、希少な都内駅チカ・店舗型人妻ヘルス

PROFILE

トマトの思い出 / スイカグループ

なみ(35歳)

東京都出身。高校卒業後、オーストラリアに語学留学をするが、学校に通わなくなり半年で強制送還されてしまう。その後結婚、出産、離婚を経験。中学生になる子供は、経済力があり実家暮らしのご主人が引き取ったため、毎月仕送りをしているという。3食大好きなラーメン生活をしていたら10kg以上太ってしまい、ダイエットを開始。趣味は岩盤浴で、旅行気分で他県にも足を延ばすこともあるそう。

このインタビューのポイント!

  • 子供の養育費のために。稼ぐならやはり風俗
  • ローションプレイを目当てに来る常連客も多数
  • お客様の本来の目的「フィニッシュ」にこだわりたい

池袋駅から徒歩3分の店舗型ヘルス『トマトの思い出』。電車からも大きな看板が見える「スイカ」グループで、こちらは30代、40代の女性が活躍する人妻・熟女系のお店。
ローションプレイを好むお客様が多く、イベントも多数。知名度が高いため、常連客だけでなく、新規客も連日足を運んでいるという。

今回お話をお聞きしたのはバツイチでお子様もいる、なみさん。5年間他店で勤め、さらに良い環境を求め移籍してきたのは2か月前のこと。「風俗を卒業するまでは、ずっとここで働きたい」と語るほど、気に入っているという。

やりがいは、ズバリ“男性の悶絶する顔を見ること”。そして、高齢のお客様など、フィニッシュに導けなかった時には落ち込むという職人気質(笑)。
そんな話を明るく語るなみさんとのインタビューは、終始笑いが絶えなかった。

子供の養育費のために。稼ぐならやはり風俗

トマトの思い出

――なみさんの経歴を簡単に教えてください。

高校を卒業後、オーストラリアに語学留学をしました。が、半年で強制送還。学校に行くことより友達と遊ぶことが楽しくなってしまい……。帰国後はしばらくキャバ嬢をしていました。結婚、出産、離婚を経験養育費として仕送りをしていることもあり、稼げる風俗で働き始めました。

――養育費を仕送り?お子さんは旦那様が育てているのですか?

そうなんです。彼の実家が青森で、今はそちらに住んでいます。経済的にも環境的にも、そのほうが子供にとって幸せだと話し合った結果です。

――お子様にはたまに会ったりできるんですか?

はい。別れた原因が私たち二人の仲が問題ではなく、親同士の問題で。なので今も彼とも仲良しなんですよ。

――いろいろ複雑なんですね。でも経済的に余裕がある旦那様なのに、母親の責任として仕送りをするのが素晴らしいです。

10万円くらい送金することもあるので、しっかり稼がないと!(笑)

――最初に勤めた風俗店もヘルスですか?

そうです。つい最近まで歌舞伎町の箱ヘルに勤めていました。5年間働いていたんですよ。

――5年って長いですよね。前の店を辞めた理由って何だったのでしょう?

居心地はすごく良かったのですが、つい最近、新人を一気に採用したんです。すると、どうしても新人の子を売るための期間が発生しますよね。新人さんのシフトに合わせることになってしまい、時間に融通が利いていたのも、利かなくなってしまったんです。
他に良い店はあるかな、と思っていた時に、この店を見つけました。

――馴染みの店を辞めるのは、勇気もいりますね。なみさんにとっての「良い店」とは?

挙げたらたくさんあるのでしょうが、お店を選ぶときは、立地、面接でお店を訪ねたときの雰囲気保証があったのも理由のひとつですね。そしてあとはやはりデリバリーには抵抗があったので「店舗型」の形態であることでした。

ローションプレイを目当てに来る常連客も多数

トマトの思い出

――以前のお店も店舗型ですもんね。やはりそこはこだわりますか?

そうですね。デリはやっぱりどんな方が来るかわからないし、怖いイメージがあります。店舗型だと受付があるので、泥酔しているお客さんは絶対来ないですし。でも以前のお店は酔っ払いも入れてたし、外国人もOKだったんです。同じ店舗型でもいろいろあるので注意が必要ですね。

――ここは外国人のお客様はNGなんですか?外国人だとどんな問題があるのでしょう?

人種的にどうこう、という意味ではなく、日本語が話せないと全てゼスチャーで対応しなくてはならないんですよ。精神的に疲れるだけでなく、本番強要時の対処方法なども言葉が通じないと厳しかったです。ここはその点、最初から外国の方はNGなので安心です。

――たしかに何かあったときに意思疎通ができないのは大変ですね。さきほど保証の話がでましたが、保証について教えてください。

入店後3か月は保証期間なので、お客様がつかなくても出勤時間に合わせて保証がつきます。私の場合は日給2.5万円の保証でした。遅刻や欠勤などがあった場合は翌日対象外になったりはしますが、基本的に普通に出勤すれば全額いただけます。

――入店してお客様がつかなかったことってありますか?

実は一度だけあります。ものすごく大雨で悪天候の日。その日だけですね。有名なお店だし、集客力はかなりあると思うので、頑張ればしっかり稼げそうな手ごたえはあります。

――なみさんは経験者ですが、こちらのお店に来て講習は受けたのでしょうか?

未経験の方はイチから講習を受けるようですが、私はマットの講習だけ受けましたね。あとは流れをおさらいする感じだけでした。

――マットとは、ソープのようなマットプレイが必須なのでしょうか?

いえいえ、ここでいうマットは、ス〇ベ椅子を使ったローションプレイのことなんです。なのでボディ洗いのような体力を使うマットプレイではないので安心してください(笑)

――このプレイは、ヘルスでは特徴的ですね。

以前、ビルの建物がソープだったのでバスタブもあるし、椅子もあるんです。このプレイを目当てに来るお客様も多いんですよ。ヘルスなのにローションプレイができるなんて、なかなかないですもんね。

お客様の本来の目的「フィニッシュ」にこだわりたい

トマトの思い出

――現在の出勤ペースと収入を教えていただけますか?

週に4日程度、時間は遅番で16時~ラストまで。ここのラストは0時に退室いただくので、最終受けが23時10分です。収入は1日3万円くらいですかね。まだ入店して間もないですが多いと月に50~60万円くらいかな。仕送りをしても十分余裕がある収入です。

――コースは40分から設定されていますが、ホームページでそれぞれのバック額が明確に記載されているのはわかりやすいですよね。

時間帯によってバック額も変わりますが、入店前に確認できるので安心ですね。コースは短い40分が多いのかと思いましたが、実際はロングの方も多いので、本当にバラバラです。ちなみにお客様の年齢もかなりバラバラなんです。熟女好きな二十歳くらいの方もいらっしゃるんですよ。

――なみさんは、どの年代の方が一番接客しやすいですか?

私は高齢の方ですね(笑)。なかなか射精が難しい場合もあるんですが、そこを何とか頑張りたいと思ってるんです。同年代や若い方も、お客様側が射精回数にこだわるのであれば、期待に応えたいですね。

――へ~、回数にこだわる人もいるんですか?

最初にアンケートシートをお渡しして「今日は頑張る」という項目にチェックをつけた方には、2回以上イッていただけるようこちらも頑張ります。それができないと凹みます。だって、仕方ない場合もあるけど、みなさんそのために高いお金を出してわざわざ来ていただいているわけだし。それが私の一番のやりがいかもしれません。

――「癒しを与えること」を一番のやりがいと答える方は多かったですが、「射精回数で満足をさせたい」という方は初めてかも!

射精したあとは、得意なローション責めで2回目を(笑)。あとはイク前の寸止めで、悶絶させるのが好きです。

――仕事人ですね(笑)。ちなみにこの仕事をやって何か自分にプラスになったことはありますか?

人見知りしなくなりました。以前は、道端で道を聞かれても無視して逃げてしまうほどだったんですよ(苦笑)。今では全くそんなことはなくなりました。接客業は、人と話せなければ仕事にならないですからね。その点で、かなり成長できたなと実感しています。

――では最後になみさんが理想とする風俗嬢についてお聞かせください。

射精にはこだわりますが、それがあったうえで、お客様から「癒された」とか「今日はゆっくり眠れそう」と言われると最高ですね。体のリフレッシュ、楽しさ、癒し、何かあったときに、いつも必要とされる人になれたらいいなと思います。

トマトの思い出

池袋 ヘルス(箱ヘル)のお店

なみさんが働く
「トマトの思い出」であなたも働きませんか?

このまま応募する

風俗お仕事ノウハウをもっと見る