キャストインタビュー 「20代30代の優しいお姉さんグループ」さとみさん

新改装した広い個室がお気に入り♪落ち着いた雰囲気で大人の女性も居心地のよいホテヘル店

PROFILE

さとみ(29歳)

東京都出身。前職は動物病院の看護師。飼い犬の手術費を稼ぐため、地元のピンサロ店へ入店。しかし接客するうちに身バレに不安に感じ、地元から離れた池袋エリアの同グループへ。受け身な接客が得意だそうで、同グループが経営するホテヘル店で活躍している。現在は愛犬に癒されながら、500万円の貯金を目標に出勤中。

このインタビューのポイント!

  • 入店理由は犬の手術費を稼ぐため
  • 女性タイプに合った配属だから人気が出やすい
  • 落ち着いた雰囲気で居心地がいいから、目標金額500万円を目指したい

明確なコンセプトが人気のホテヘルグループ『20代30代の優しいお姉さんグループ』。2019年に全面改装された個室待機所は池袋エリアでもトップクラスの広さを誇り、その数は50室以上。広々としたスペースにシャワールーム、分煙、wi-fiなどが完備されており、在籍キャストたちが過ごしやすい環境が整っている。

今回インタビューに登場いただいたキャストのさとみさん。以前は地元のピンサロ店へ入店したものの、身バレの不安とスタッフの対応の悪さに不信感を持ち、同グループへと移籍した。現在は身バレに不安を覚えることなく生き生きと働く彼女に、詳しい仕事内容を伺った。

入店理由は犬の手術費を稼ぐため

20代30代の優しいお姉さんグループ

――さとみさんが風俗で働こうと思った経緯を教えてください。

動物が大好きで、前職は動物病院の看護師として勤務していました。そんな中、愛犬が病気になって莫大な手術費が必要になったんです。その費用を払うため、風俗で働き始めました。

――ペットの手術費となると、かなりの費用がかかりそうですね。

難病で保険適用外の手術だったため、かなりの金額が必要になってしまって……。とにかく稼ぐには風俗しかないと、最初は近所のピンサロ店で働き始めました。ただ、あまりに地元すぎて入店後に身バレが怖くなり、移籍しようと思ったんです。あとはスタッフさんの考え方が合わなかったんですよね。「生理でも働けるでしょ」と言われたり、キャストの扱いが雑で……。

――それで、こちらのグループへ?

ここのグループは求人サイトで見つけ、個室待機所が池袋の中でもトップクラスで広いと書かれていたところに惹かれました。以前は集団待機で気を遣う部分があったので。

――待機所は求人に書かれていたとおり広かったですか?

はい、求人広告通りでしたね。改装したばかりでキレイですし、広くて快適ですよ。

――面接での印象はいかがでしたか?

面接は20~30分くらい。店長さんが対応してくれて、今までの風俗経験や接客内容の説明、給与面の説明などを受けました。

――グループの面接でいらした場合、その後配属はどのように決まるのでしょうか?

女性の年齢やタイプ、希望条件を聞かれたうえで、その女性のタイプに合ったコンセプトがあるお店へ配属となります。私は受け身の接客が得意なので、受け身がコンセプトのホテヘル店に入店が決まりました。

女性タイプに合った配属だから人気が出やすい

――受け身のコンセプトと聞いて、不安などはありませんでしたか?

面接でアイマスクをつけて接客すると聞いたときは、少し不安ではありましたね。でも悩みすぎても始まらないので、とりあえず体験入店をしました。初日からすごく優しいお客様ばかりで、これなら続けられそうだなと思いましたね。それにコンセプトに慣れたら接客が楽なんですよ。

――どういった部分が楽なのでしょうか?

プレイの手順がきっちりと決まっているからですね。お客様がシャワーを浴びている間に、キャストはベッドでプレイ準備を進めるのですが、コンセプトがないお店だと、対面してからプレイの流れにもっていくのが難しそうだなと。その反面うちのお店は、段取り通りに進めれば時間配分にも困らないですから、風俗初心者でも接客しやすいんですよ。

――そうなんですね。流れが決まっているとなると、入店してからどれくらいで慣れましたか?

私は人見知りなんですけど、最初の1カ月くらいですぐに慣れました。長いコースだとプレイするだけでなく、お客様とお話しする時間もあり、色々な職業の方にお会いできて楽しいです。

――入店直後に接客するうえで戸惑ったことはありましたか?

お客様によっては、シャワーを浴びるのがすごく早い方がいるんですよ(笑)。準備が終わらないうちにシャワーから出て来られたときに焦ったことはありましたけど、だからといって何かお客様から言われることもないので問題なかったですね。

――ちなみに接客では、どんな準備が必要になるんですか?

女性は服を脱いで、アイマスクをつけてベッドの上でお待ちしています。その際にオプションが入っていたら、ベッドの近くに電マを置いておく必要があるんです。電マはお客様がお店からもって来られているので、部屋のどこにあるのか探さないとわからないときがあって、それで時間がかかることはありました(笑)

――なるほど。でも電マはお客様がお持ちになるということは、キャストさんは手ぶらでホテルまで向かえるんですかね。

そうなんですよ。基本はアイマスクを持ち歩くだけ仕事道具を持ち歩かないから精神的にも気楽ですね。

落ち着いた雰囲気で居心地がいいから、目標金額500万円を目指したい

――現在どのくらいのペースで出勤されているんですか?

今は専業で週4日7時間出勤です。日によってはもう少し時間を長くしたり、土日に出勤するときもあります。それで1日平均は4~5万円くらいです。

――何分コースが人気なのでしょうか?

コース時間によって付けられるオプションが異なり、電マのみの70分コースが人気です。120分以上になるとバイブが付けられたと変化します。私も基本的なサービスはOKにしていて、少しハードだなと思うAFはNGにしています。それ以外はハードなオプションがないので、体への負担は少ないですね。

――お客様はどのような方が多いですか?

40代くらいのサラリーマンの方が中心です。実は入店前はものすごくイヤらしい人しか来ないんじゃないかと思っていたんですけど、普通のお客様ばかり来るので驚きました(笑)。いい意味で風俗業界に対しての印象が変わりましたね。

――さとみさんの今後の目標を教えてください。

犬の治療費も稼げたので、次は500万円の貯金を目標にしています。最近は愛犬用の服を買ったり、友達と旅行に行ったり、貯金しながら遊びにもストレスなく使えていますね。

――それだけイキイキと働けているなら、お店を移籍されてよかったですね。

そうですね。系列店はもちろん、グループとしてお店全体としてキャストの年齢が若すぎないところがいいんですよ。愛犬が病気になったころはストレスでかなり太ってしまい、入店前は自分のスタイルに自信がなかったんです。でもここのグループはさまざまな系列店があるから、幅広いタイプの女性を受け入れてくれるんじゃないかなと思えて応募しやすかったですね。

――確かに20代後半くらいになると、どんなお店で働こうか仕事選びもより慎重になりますよね。

20代後半になると年齢的に人妻店も考えるけど、活躍されている女性が40~50代の方も多くて自分では指名が取れなそうだなと思ってしまったんですよね。今のグループは、20代後半でお店を探している女性にとって、落ち着いた雰囲気、高いバック率など、居心地の良さは随一だと思いますよ。

  • 文=藤原リョウコ(@fz_fujiwara
  • 撮影=伊藤メイ子

池袋 ホテヘルのお店

さとみさんが働く
「20代30代の優しいお姉さんグループ」であなたも働きませんか?

このまま応募する

風俗お仕事ノウハウをもっと見る