キャストインタビュー 「かりんと池袋」いちかさん

昼のすきま時間を最大限に有効活用!「転職活動で焦らないのは、この副業のおかげ」

公開日:

プロフィール

かりんと池袋 / かりんとグループ

いちか(22歳)

埼玉県出身。前職は栄養士。重労働に見合わない賃金の低さを痛感し、副業するために同店へ。現在は転職活動中で、空いた時間を使って出勤を続けている。スマホゲームが好きで、最近ハマっているジャンルは、テニスとアイドル育成。

このインタビューのポイント!

  • 時間を最大限に活かせる副業を探し、オナクラ店へ
  • 未経験でも不安がなかったのは、頼れる先輩・スタッフの存在のおかげ
  • 安定収入が得られるから、焦らずに転職活動に集中できる

栄養士の過酷な労働環境を知り、副業を探して入店

──いちかさんが入店される前は、どのようなことをされていたんですか?

今年の4月までは栄養士として働いていました。ただ、これが予想以上に肉体労働で。主に学校給食の献立作成や調理の仕事がメインなんですが、味付けや盛り付けにクレームが入ったり、職場の人間関係など精神的にも疲労することが多かったんです。お給料もそこまで高くなかったので、副業を探していたところで、友達が風俗で働いていることを教えてくれたんです。

──そこがこちらのお店だったんですか?

いえ、友達は別のオナクラ店で働いてるんですけど、話を聞いているうちに「副業に良さそう」と思って。それで自分で探して、今年の3月から『かりんと池袋』に入店しました。最初は副業のつもりだったんですけど、思った以上に安定して稼げたので思い切って栄養士を辞め、今は転職活動をしている最中です。

──ちなみに、昼職ではどんな仕事を探されているんですか?

人とお話しするのが好きなので、もともと興味のあったアパレルか美容系で営業職をしたいと思って探しています。ただ、なかなか実務経験がないと採用してもらえないところが多くて。好きなブランドがあってそこで働きたいという気持ちもあるので、焦らずに探しているところです。

──それでは、現在はこちらのお店だけで働かれているんですね。

はい、転職活動の合間に出勤しているので、週3~4日、7時間ほど出勤して、1日平均2~3万円、月にすると30万円くらい稼げています。

──副業として始められたそうですが、お給料面は満足されていますか?

実家暮らしなので、これだけ稼げたら大満足ですね。家族から怪しまれないよう、昼の時間帯だけでシフトを組めています。転職活動していると急に面接の日程が決まるじゃないですか。そういうときでも、スタッフさんがすごく優しいので 「合間に抜けて面接に行っていいよ」と言ってくれるので助かっています。普通のバイトで、こんなにシフトに融通の利く仕事って他にないですからね。

──転職活動にそこまで協力的なお店は、なかなか無さそうですね(笑)

しかもスタッフさんが、この仕事のアドバイスだけじゃなくて、転職活動の悩みも聞いてくれるんですよ(笑)。いろんな意味で頼れるお兄さんっていう感じですね。 風俗未経験でこの仕事を始めましたけど、この業界はいかつい男性スタッフがいる印象しかなかったから、いい意味でイメージが変わりました。

未経験の不安も、身近な先輩がいたから続けられた

──お店選びの際は、何を決め手にしましたか?

友達から仕事内容は大体聞いていたので、通勤しやすいエリアで調べました。その中から、求人を見て一番雰囲気が良さそうだなと思った、こちらのお店を選びました。

──ちなみに副業するだけなら他の選択肢もあったと思うんですけど、オナクラ店を選ばれた理由はありましたか?

キャバクラやガールズバーは性格的に向いていないですし、シフトが厳しい話を聞いていたので。最近だとマッチングアプリを使ってパパ活している友達もいますけど、何かあったときにすべて自己責任なのが怖いですよね。それなら、ちゃんとしたお店で働いたほうがいいなと思ったんです。

──実際に接客してみて、感想はいかがでしたか?

面接ではマニュアルで接客を教わったものの、実践では手コキの力加減が難しかったです。「男性によって希望する力加減がこんなに違うんだ!」って(笑)。ただ、お客様は接客の希望を丁寧に全部教えてくれるんですよ。そういった意味ですごく接客しやすくて、入店して2日目くらいからすっかり馴染めました。

──なるほど。お客様も要望を教えてくれるんですね。

そうなんですよ。 20~40代くらいの方が中心で、基本的には皆さんいい人ばかりですが、中には冗談っぽく本番行為を誘ってくる方もいます。でも、もちろんお店では絶対禁止ですから、ハッキリと断れますし、悪質な場合は出禁にしてくれるので。それに、新人のうちは3Pコースというのがあって、先輩女性と一緒に接客するんですが、そこで直接先輩の接客が間近で学べるので、お客様への接し方等が参考になるんです。

──そういうコースがあるから、集団待機でも自然と仲良くなっていくんですかね。

それもあるかもしれませんね。面接が待機所の隣だったんですけど、オフィスを見た瞬間から雰囲気がいいのが伝わってきて、人間関係の心配はまったくなかったです。気づけばみんなで話していますし、一人でも過ごせますから、溶け込めるか不安と思ったことはないですね。

──確かに何度か取材で訪れていますが、皆さん仲がいいのが伝わってきます。

仕事で同じ悩みを相談できるってすごく頼りになる思うんですよね。先輩が側にいるから続けやすい部分って絶対あると思います。それに、入店前はメイクにそこまで興味がなかったんですよ。でも、先輩から「こうしたほうがいいよ」なんて言われて少しメイクを変えただけで、周りから褒められる機会も増えたので、自分磨きもできているのが嬉しいですね。

頼れる大人たちを見て、風俗のイメージが一新

──この仕事を始めてから他にプラスになったなと思うことはありますか?

さまざまな職業の方と出会えることですね。普通、同じ業界の人や職場の人としか出会えないじゃないですか。ここで働き始めてからは、色々な仕事をされている方々の生の声が聞けるんですよね。社会人の先輩たちから面白い会話が聞ける醍醐味があります。

──特にいちかさんは転職活動中ですから、余計に参考になりそうですね。

そうなんですよ。接客後はお話しする機会もありますから、仕事の悩みや愚痴なども含めて、包み隠さず色々な会社の話を聞けて楽しいです。

──接客で心がけていることはありますか?

丁寧に接客することですかね。当たり前のことなんですけど、お客様とお会いしたときに名前を名乗るとか、所作をちゃんとするとか。緊張すると忘れがちなことを意識しています。そうすると、普段のふるまいも変わるので、この仕事から学べることは多いですね。

──今後の社会人経験としても役立ちそうですね。いちかさんの将来の夢は?

希望する企業に入りたいです!転職活動で焦りたくないので、採用が始まるところを待っているところです。面接に行く前は、スタッフさんやお客様など周りからアドバイスをもらって参考にすることもあるんですよ。しかも待機中は履歴書を作成したり、企業情報の収集にあてられていて。私の場合は転職活動ですけど、すきま時間として活用できるのは、この仕事の最大のメリットですね。

──確かにここまで自由に時間が使える副業って、他に思いつかないです。

入店初日はすごく緊張していましたけど、接客自体はすごく簡単。どんなバイトでも仕事を覚えるまでに労力がいりますが、このお店はお客様も接しやすい方ばかりで、普段の生活の負担にならないところが嬉しいです。

──時間が浮くうえに、高収入を得られるのは嬉しいですよね。

テレビや映画などで知る風俗業界って、印象がすごく悪いじゃないですか。でも、実際に働いているスタッフさんやキャスト、お客様も普通の人ばかり。頼れる大人や同世代の女性がこんなに周りにたくさんいることに驚きました。次の仕事を見つけても、出来ればここの仕事は続けていきたいと思っているんですよ。そのために、まずは転職活動が上手くいくと嬉しいです。

▲待機所にはミニゲームも。和気あいあいとした職場の雰囲気が、撮影を通して伝わってきました。

編集後記

藤原リョウコ

藤原リョウコ

@fz_fujiwara

池袋のオナクラ店『かりんと池袋』。取材で何度か訪れていますが、スタッフ・キャスト間のアットホームな雰囲気は随一。その雰囲気の良さは、風俗未経験から始める女性たちにとって、きっと頼れる存在になってくれるでしょう。今回取材したいちかさんも、先輩やスタッフさんがいるおかげで仕事面だけでなく、転職活動の悩みも支えてもらっているそうです。こちらのお店同様、いちかさんが転職活動でもいい職場に出会えるように祈っています!

池袋 オナクラ・手コキのお店

いちかさんが働く
「かりんと池袋」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由