キャストインタビュー 「エコグループ(難波エリア)」みなさん

相談事もイタズラも受け入れる!明るく楽しいキャストとスタッフが紡ぐ信頼関係

PROFILE

エコグループ(難波エリア) / スピードグループ

みな(19歳)

大阪府出身。コンビニでのアルバイトを経て、幼馴染みが同店で働いていたことをきっかけに入店。フレンドリーかつ面倒見の良い性格で周りからも慕われている様子。将来は看護師になりたいという夢がある。趣味はカラオケで、最近はONE OK ROCKがお気に入り。英語はまったくわからないが、耳コピで歌うのがみな流とのこと。

このインタビューのポイント!

  • 友情にアツい素人娘が飛び込んだ風俗の世界
  • リピーターのお客様の存在が大きなモチベーション
  • 他店の女の子もビックリの仲良しぶり

スピードエコ日本橋』は、大阪市内各地に10店舗を持つ関西大手のホテヘル・エコグループが運営。1日のグループ来店顧客人数は1000人を超える実績を持っている。当店はキャストたちからの信頼性もバッチリで、女性スタッフによる24時間の問い合わせ対応や送迎サービス、託児所完備など安心感ある環境づくりも素晴らしい。客が必ず受付を通って来店するシステムのため、おかしな客に対しての事前チェックができる上にキャストもモニター確認ができるので安全対策も万全だ。

今回はキャストのみなさんにこのお店で働き始めたきっかけから、現在の働き方や給与、さらに今後の目標まで大いに語ってもらった。

友情にアツい素人娘が飛び込んだ風俗の世界

――このお店に入られる前はどの様な仕事をされていたのでしょう?

ごくごく普通に、コンビニのアルバイトをしていました。風俗とはまったく無縁というか、特にほかのお店で働いていたとかは無いです。

――どういった経緯で始められたのですか?

もとはと言うと、幼馴染みの女の子が先に風俗で働き始めたんです。でも、その子がわりと一人行動が苦手なタイプで「(一人で仕事に行くのが)怖い怖い」って言ってくるので「じゃあ、それなら私も一緒にやろうか」と。まあ、誰しも初めての仕事には不安が付きまといますからね。

――えっ? そこには「これをきっかけにしてお金を稼いでみようかな」なんていう気持ちがあったわけではなく?

まったく(笑)。もう純粋にその子の不安を取り除いてあげようと思って。正直、何か深く考えてのことではなくて、とにかく勢いでの入店でしたね。

――正直言って、初めて聞く入店理由ですね。いや、それにしてもみなさんって友情にアツい! でも、風俗業界に飛び込む上で葛藤はあったりしたのでしょうか?

それも無かったですね。もともと私の中に風俗業界への偏見というものが無かったので、自分の中で迷いはありませんでした。好奇心旺盛なところも含めて、やってみたいって気持ちの方が上でした。

――面接はどの様な感じで行われたのでしょう?

お店の待機所でスタッフさんとお話をさせてもらいました。その時に「友達が怖いって言ってるので一緒に入りたい」とハッキリと伝えて、少し話をしてすぐ採用になりました。今考えると、あれは面接というよりも雑談だったように思いますね(笑)。

――どんなことを話したのか、覚えていますか?

「幾ら稼ぎたい」「週に何日出てこれる」という勤務に関わることを少し。あと過去の経験人数についてなんかも話しました。もう完全な関西のノリで冗談を交えつつのトークでしたね。もっと風俗の世界ってギスギスした雰囲気なのかと思ってたんですけど、その印象が消えたのはこの面接がきっかけです。「あれ? もしかしてこの仕事って楽しいんじゃないの?」と、その時に思いました。

――先ほど、インタビューが始まる前もスタッフさんと軽いノリで楽しそうに接してましたよね。すごく良い関係性のように見えます。

確かに、スタッフさんがみんなめちゃくちゃフレンドリーで、それもあってお店に来るのが楽しいんですよね。普段からタメ口で喋ってることも多いくらい親しみやすい方々です。

リピーターのお客様の存在が大きなモチベーション

スピードエコ日本橋店


――みなさんは、現在は週にどれくらい出勤されているのでしょうか?

今は週に5日間です。1日8時間いて、お給料としては2~3万円が平均だと思います。

――ということは、今は専業で働いていらっしゃる?

そうですね。どんなに暇な日でも、スタッフさんがちゃんとお仕事をつけてくださるので安定しています。このお店で給料0で帰る女の子なんていないんじゃないかな。

――キャストさんに満遍なくお仕事を振ってくださるお店なんですね。

はい。もちろん多少の波はありますけど、それでも稼がせてくれている実感はあるので、働きやすいところだと思います。

――メインの勤務先は日本橋のホテルになるのですか?

そうです。お店の受付からお客様と一緒に向かうのですが、早ければ徒歩20秒で到着します。仕事の流れとしては、ごく一般的なヘルスと同じです。ただ、他のお店と違う部分としては、オプションに関してハードなものをNGにしていてもぜんぜん稼げるという点。スタッフさんから何か言わることもありません。

――お店自体が「キャストそれぞれのペースで稼いでくれれば」という方針なのですね。

はい。ちなみに私はAFと剃毛はNGです。オプション料金が高くていいなぁとは思うんですけど、なんか怖いんで(笑)。ちゃんと稼げてますしね。

――日本橋ってどんな街ですか?

日本橋は電気街でもあるので、最近は海外からの観光客も多いイメージが強い街だと思います。でも、うちのお店は海外の方はNGになっているので、お客様は40代の日本人サラリーマンがメインですね。お昼に来る方も多いので、サラリーマンというか、サボリーマンなのかも(笑)。

――客層の質としては、率直に言っていかがでしょうか?

けっこう皆さんズケズケ喋ってくるというか。関西人らしいノリが強いな、というのが最初の印象にありました。でも話をしていくうちに、第一印象とは違って良い人が多いことに気づいて、もうぜんぜん平気ですね。あと、うちはホテヘルなのでスタッフさんが一度はお客様と受付で顔を合わせているのが安心材料になっています。何かあれば、すぐに飛んできてくれますし今は不安は無いです。

――それに今は、みなさんを目当てに来てくださるお客様も多いのでは?

そう、リピーターさんの存在は大きいです。皆さん本当にいい人たちばかりなんです。360分のロングコースに入ってくれて、神戸でスイーツを食べるデートをしてくれたり。その時はプレイ時間は60分でした(笑)

――それは、色んな意味で美味しいお仕事ですね(笑)。

そうやって私を指名してくださる方たちのためにも、一生懸命出勤しようって思うんです。私のモチベーションを上げてくれる大切な存在です。

――みなさんなりのリピーター客を掴むコツなんかあれば、こっそり教えてもらえますか?

大事なのは話術じゃないかと。私、お客様の前ではとにかくずっと喋っているんです。無口な方が相手でも、ずっと話しかけ続けます。マシンガントーク(笑)。でも、この仕事の基本はコミュニケーションだと思うので、まず話すことでお互いを知って、そこからプレイにっていう方が満足していただきやすいのではないかと思っています。

他店の女の子もビックリの仲良しぶり

――お店に在籍しているキャストさんはどういう女の子が多いですか?

20代の素人さんが殆どです。中には学生さんもいて、完全なアルバイト感覚で気楽に働いている子もたくさんいます。でも、それぞれかなりバラエティに富んだ幅広いタイプが在籍しているように思います。待機が集団か個室かについては、面接の時に希望を聞いて振り分けられているみたいですね。

――みなさんはどちらで待機していらっしゃるのでしょう?

私は集団の方にいて、女の子たちとずっと仲良く喋ってます。本当に待機所が和気あいあいとしてるんですよ。新人の子が入ってきたら、みんなで積極的に話を振ったりして、いつもワイワイ賑やかです。

――女の子同士が仲良しなんですね。先輩の立場から、新人のキャストさんにアドバイスを送ることもあったりします?

そうですね。「こういう時にはどう対処したらいいですか?」とか「こういうプレイってどうやったらいいんでしょう?」とか聞かれることがあります。入店して1年以上いるので、その分だけわかっていることも多いですから。やっぱり最初はみんな不安だらけだろうし、気軽に聞いてくれちゃって大丈夫です。

――さすがは先輩ですね。頼もしいお言葉。

でも、だからって敬語とかは使わないで欲しいんですよ。私には、ざっくばらんでいいんで。入店してくださる方は、どんどんタメ口できてくださいね(笑)。

――そういえば、先に話の出たご友人はもう辞められてしまったとか。入店した経緯が経緯だけに、その際に一緒に辞めようとは思わなかったのでしょうか?

それは無かったですね。もう入店したきっかけは別の話として、このお店の居心地の良さが凄く気に入ってしまっているので辞める発想がありませんでした。それに、私は今はこれといってやりたいことが無いというのも大きいです。だったら、自分にとって楽しい場所で働いている方が有意義じゃないですか。

――結構自由度も高そうですね。

待機中にみんなでお寿司を出前して食べたりとか(笑)。こういう話を他のお店で働いている女の子にすると「有り得ない!」って言われちゃうんですよね。敬語使わないとダメとかお喋り禁止とかも聞きます。でもここは、女の子同士がプライベートで遊んだりもするし、なんだったらスタッフさんも込みで食事に行くこともあるんです。

――確かにキャストさん、スタッフさん同士の交流を禁じているお店が多い中、珍しいことかもしれません。

それに、スタッフさんたちは頑張ったら頑張った分だけちゃんと褒めてくれるんですよ。だから「もっと頑張ろう」っていつも思えるんです。もちろん、相談事に乗ってくれたりアドバイスもしてくれたり、頼れる部分もとても多い方たちで感謝しています。こういう柔らかい雰囲気の中で働いてしまったら、そう簡単にほかに移れる気がしないですね。

――だとすると風俗の仕事はここで終わる可能性が高い、と。

そうかもしれませんね。まあ、まだ辞める予定は無いんですけど……。でも、最近ちょっと気になっている昼職が実はあるんですよ。私、看護師になりたいんですよね。父が透析をやっていた関係で、循環器科で働いてみたいと思ってます。

――なんだ、目標もしっかりあるんじゃないですか。それなら、今の仕事で貯めたお金で学校にも行けますね。

国家資格ですから、頭がぜんぜん足りてないし、難しいのはわかっているんですが、いつかはと考えています。まずは勉強をいっぱいしなきゃいけません(笑)。次のステップに踏み出すのはまだ先のことになりそうですが、それまではこの店で明るく楽しく、みんなと仲良く働けていけたらと思います。

難波 ホテヘルのお店

みなさんが働く
「エコグループ(難波エリア)」であなたも働きませんか?

このまま応募する

風俗お仕事ノウハウをもっと見る