キャストインタビュー 「VENUS Diary」いちごさん

リフレ・ヘルスのコース選択が可能な新形態の風俗店!新規店ならではのフラットな人間関係も魅力

公開日:

プロフィール

いちご(20歳)

大阪府出身。風俗未経験で入店2カ月目。風俗を始めた理由は「高級車に乗りたい」から。数ある高級車の中でも、乗り心地から購入するなら国産車が目標だそう。お店と兼業して、普段はカフェ店員として働いている。映画鑑賞が趣味で、最近感動したのは「ダンボ」。

このインタビューのポイント!

  • 高級車に乗りたくて風俗業界入り
  • 安心感があった面接での店長との会話
  • 求人広告は隅から隅までチェック!

2019年2月、大阪・谷九エリアにグランドオープンした『VENUS Diary』。60分1万円以上バックのヘルスコースと、風俗未経験者限定で在籍できる60分4000円以上のリフレコースが併設された新しい形の風俗店だ。完全日給保証制度でオプション料金はすべてフルバック。交通費全額支給に雑費無しなど、圧倒的な好待遇で女性を迎えてくれる。オープン期間限定で面接手当も支給しており、まさに至れり尽くせりの新店だ。

今回お話を伺ったのは、黒髪で美白のおっとり系キャラで人気急上昇中のいちごさん。カフェ店員と兼業しながら、初めての風俗勤務で感じたお店への率直な印象や働きやすさについて語ってもらった。

高級車に乗りたくて風俗業界入り

VENUS Diary

――いちごさんは風俗未経験での入店とのことですが、前職はどんな仕事をされていたのですか?

前職というか、今もお昼から夕方の時間帯に勤務しているのですが、カフェの店員をしています。とにかくレモンティーが大好きで、ずっと匂いを嗅いでいたくて働いています。美味しいレモンティーを極めたいという理由です(笑)。

――好きこそものの上手なれを地でいくような素直な理由ですね(笑)。では、風俗で働き出したきっかけを教えてもらえますか?

それは、ずばり高級車に乗りたいから!

――入店理由も実にシンプルだった!

以前お付き合いしていた彼氏がレクサスに乗っていて運転したことがあるんですけど、乗り心地に魅了されてしまったんですよ。高級車もいろいろありますけど、やっぱり国産車が最高ですね。

――車に詳しくないのですが、大体どれくらいの値段の車を購入しようと考えているのですか?

入店前は500万円くらいのクラスを買おうと思っていたんですけど、この仕事が思っていた以上に続けやすいのでもっと上のランクを狙うつもりでいます。

――いちごさんは入店2カ月だそうですね。未経験で始めてもうそんなに仕事に馴染むことができているのですか?

これには、自分でもけっこう驚いています。想像していたよりも仕事が面白くて。入店の時は本当にお金が欲しいだけだったんですけど、今はそれにプラスアルファの楽しさが見出せていますね。

――こちらのお店はどうやって探したのですか?

高収入系の求人サイトで見つけました。こちらのお店は、風俗未経験の女性が対象で、仕事がないときも保証があると書いてあったので応募したんです。ネットで調べたら保証が貰えない店も多いと見たんですが、ここは「日給保証証明書を発行する」と記載があって大丈夫そうだなと思って。

――確かに求人と話が違っていたというトラブルは時折耳にしますね。

証明書を発行するお店って珍しいですよね?それで「信用の置けそうなお店かも」という印象を持ちましたね。

安心感があった面接での店長との会話

VENUS Diary

――ちなみに他のお店の面接も受けたのですか?

他にも3店舗、面接に行きました。ただ、他のお店のスタッフさんは女の子に対して上から目線で、少しとっつきづらかったんですよ。ここは店長が優しくて人柄が良かったので安心できました。

――面接ではどういった質問をされましたか?

普通のアルバイトのような質問が多かったですね。「いくら稼ぎたい?」とか、「週に何日出れる?」などです。他のお店では経験人数とか好きなプレイとか、いかにも風俗店という際どい質問が多くて、軽くセクハラっぽさを感じてしまったんです。だから余計に「ここのお店は本当に安全な気がする」という印象が強まりました。

――こちらのお店はリフレとヘルスのコースが選べるそうですね。いちごさんはどちらに?

入店時にどちらのコースで働くか選ぶのですが、私はヘルスコースで入店しました。リフレコースはハグやほっぺにキスなどとてもソフトな内容なんですけど、両方に在籍はできないんですね。私はより稼ぎたかったのでヘルスを選びました。コースは入店した後でも変更できるそうです。

――入店後に業種を変えたいと思った時に、わざわざ別の店舗へ移らなくて済むのは確かに便利ですね。

はい。その利点はすごくあると思います。風俗業界に興味があるけど未経験で不安な場合はリフレで働いて、慣れたらコースを変えられるので。そういう意味では同じ店で2つの道があれば、またお店探しをしなくていいので、長く稼ぎやすいお店だと思います。

――初出勤の日のことは覚えていますか?

初日は7時間出勤したんですが、お客様が本当に優しい方ばかりでホッとしたんですよ。仕事の流れを一通り教えてくださって、お客様というよりも接客の先生でしたね(笑)。でも、それがこの仕事を楽しいと思えるきっかけだったので、初日のお客様たちには心から感謝しています。

求人広告は隅から隅までチェック!

VENUS Diary

――今はどのくらいのペースで出勤されているのですか?

週に4日で、1日に5~8時間の勤務です。1日の平均では3~5万円といったところですね。最近は4時間以上のロングコースで入ってくださるお客様も増えてきて、余裕をもった接客ができています。

――入店2カ月でそんなお客様が付いてくれるなんて凄いじゃないですか。

そうなんですかね?お客様が喜んでくださるので、接客はイチャイチャしまくる恋人っぽいプレイを心掛けていますが、それが功を奏したんですかね。あと、笑顔は大事にしています。接客業だから、いつも絶やさないようにしなきゃって。

――そう。いちごさんは今もニコニコして答えてくださってるんですけど、この笑顔は絶対に武器になってると思います。他に自分なりのリピーターを掴むコツがあれば教えてくれますか?

写メ日記の更新頻度は高く、私の場合は1日に2~3回は投稿しています。写メ日記って何を書いたらいいかわからない女の子は多いみたいですけど、お客様へのお礼日記をつけるようにすればネタ切れはないと思いますよ。

――待機所の雰囲気についても教えてもらえますか?

うちは集団待機なんです。知らない女の子たちがいっぱいいるっていうのは、正直抵抗があったんですよね。でも、新規のお店ということで人間関係が完全にフラットで居心地が良いんです。それと、今は風俗未経験の女の子ばかりなのでお互いに気持ちが分かり合えるのも嬉しいですね。待機所の駄菓子も食べ放題なので、和やかな雰囲気が気に入っています。

――いちごさんにとっては、風俗未経験で入った初めてのお店。率直に言って満足度はどれくらいですか?

100点満点と言っていいと思います。自分の経験からも、お店選びに関しては求人広告を隅から隅までしっかりチェックしてみることをオススメします。文章がわかりやすくて情報量が詰まっているところは、やっぱりちゃんとしたお店じゃないかと思いますよ。

――その結果、実際に良いお店に辿り着いたわけですもんね。

あとは、実際に面接に行ってお店の雰囲気を見ることも忘れずに。そこでのスタッフさんの印象が良ければ、確実に働きやすいお店のはずですから。

梅田 オナクラ・手コキのお店

いちごさんが働く
「VENUS Diary」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由