サラリーマン街はお客様マナーが抜群!ソフトサービスで無理なく奨学金返済へ

公開日:
かりんと五反田/ゆず

プロフィール

ゆず

かりんと五反田/かりんとグループ

ゆず(19歳)

埼玉県出身。現役大学生。奨学金を返済するために高収入のアルバイトを探して、キャバクラへ。しかし、顧客からのボディタッチがひどく、それならソフトサービスの風俗で働きたいと未経験から同店で働き始める。彼女感を大切にした接客で、入店1年ほど経つ今も安定した人気を誇る。海外のアイドル全般が好きで、一番好きなグループはIZ*ONE(アイズワン)。

このインタビューのポイント!

  • 感染症、性病予防を徹底した、ハンドサービス専門のオナクラ店
  • サラリーマン街なら、身バレの不安がない
  • キャストもスタッフも支えてくれる環境は、未経験者にオススメ

働く人の顔が見えるインタビューに惹かれて入店

――ゆずさんが、こちらのお店で働こうと思ったきっかけを教えてください。

今大学に通っているのですが、学生のうちに奨学金を返済したくて始めました。高収入バイトを探して、最初はキャバクラで働いていたんですけど、仕事内容が想像以上にキツくて。これでは続かないなと今のお店を選びました。

――キャバクラは、どんな部分が大変だったのですか?

キャスト同士の仲がとにかく悪いんですよね。お客様を取った取らないの言い合いになるし、常に誰かが悪口を言っているような環境で。それに、ボディタッチ禁止でもお客様からベタベタ触られましたし、連絡先を交換して営業活動をするのも嫌だなぁって。

――なるほど。キャバクラって大変なんですね。

どうせタダで触られるなら、しっかりお金を取れる仕事の方がいいじゃないですか(笑)。それでハードすぎない風俗の業態を調べていくうちに、オナクラ店ならハンドサービスだけで働けることを知ったんです。その後、求人サイトで、カクタ店長のインタビューを読み、スタッフさんが顔出しているお店なら安心できそうだったので応募しました。

――「みっけ」のインタビューがきっかけだったんですね!嬉しいです。面接でお会いした印象はいかがでした?

「見たことある人が来た!」って思いました(笑)。その時に、ソープやピンサロなど他の業種のメリット・デメリットの説明を受けたり、ソフトサービスからヘルスに誘導する悪質な店があることなど、業界についても知りましたね。ちゃんと業界について知り、納得してから入店できるところに誠実さを感じて「このお店で働きたい!」と思ったんです。

――この業界について、ちゃんと知って納得した上で入店できるんですね。都内に何店舗かある「かりんと」グループの中でも、五反田店を選んだ理由は?

実は、初めは渋谷店で考えていたんですよ。でも、渋谷は友達に遭遇する危険がありそうだなと。五反田のようなサラリーマン街なら、知人に会わないですからね。実はもう一件、こちらのお店の前にハグ専門店にも面接へ行ったんですよ。そこも面接は受かっていたのですが、冷静に考えたらハグだけで高収入はなんだか怖くて。

――ハグするだけ……。それは怪しそうですよね(笑)

だから、面接でソフトサービスからヘルスに誘導するお店があると聞いて、「やっぱり怪しいお店もあるんだー!」と知れて良かったです。オールヌードがないとか、病気の心配がないとかもありましたけど、面接時に何でもお話ししてくれたところが良かったんですよね。

悩みを一人で抱えないから、スランプ知らず

――未経験からのスタートでしたが、新人のときに接客で戸惑ったことはありませんでしたか?

入店前にマニュアルを見ながら、接客内容だけでなく、タイマーの使い方から男心のつかみ方まで、細かいところまで教わったので、思っていたよりもすぐに馴染めました。もちろん最初の数人は緊張でド忘れしちゃうこともありましたけど。そんなときでも、お客様はいい人ばかりなので、何か困ってもその場で聞きやすくて大きな失敗はなかったです。それに接客場所は、事務所近くのホテルとレンタルルームだけですし、新人のときは常連のお客様が中心なのも安心できました。

――未経験でも始めやすいような仕組みなっているんですね。

それに3Pのコースだと、他のキャストさんがどうやって接客するのか間近で見られるんですよ。初めて手コキや乳首責めを見たときは「テクニックがすごい!」って感動しました(笑)。お客様はどうすれば喜ぶのか、そこで学んだ部分も大きいです。私も1年くらい在籍していますが、新人さんと3Pコースに入るときは「参考になれたら嬉しいな」と思いながら接客しているんですよ。

――誰かと接客に向かえるなら不安も減りますよね。でも、他のキャストさんと接客するのに抵抗はありませんでした?

3Pコースに抵抗があれば、NG設定もできますよ。私の場合は、仲良しのキャストさんなので楽しみでした。集団待機なのですが、お店の方針として「いってらっしゃい」や「おかえりなさい」などの声掛けを徹底しているんですね。だから入店時から疎外感を感じたこともないですし、すぐ仲良くなれて。困ったことがあればみんなで助け合う雰囲気が根付いているんです。

――私も何度か取材に訪れていますが、本当にみなさん仲良しですもんね。今はどれくらいのペースで出勤を?

授業がないときにシフトを組んでいるので、週4回ほど出勤しています。1日あたり6~7時間出て、平均2~3万円稼げるときが多いですね。キャバクラのときは、時給制なのにヘアメイクや衣装代、雑費等が引かれて1万円前後だったので、それに比べたら「こんなにもらえるんだ!」と驚きました。

――時給制のほうがいいなと思ったときはあります?

入店して1年経ちますが、お茶を引いたことはないので今の方がいいですね。自分が頑張った分だけ、成果として返ってくるのが気に入っています。風俗は新人時代が過ぎたら稼げなくなるイメージがあるかもしれませんが、行き詰ってもスタッフさんだけじゃなく、実際に接客しているキャストさんが相談に乗ってくれます。だから大きなスランプもないし、安定して稼げるようになるところが大きいです。

お金や待遇だけじゃない!接客が楽しいから続けられる

――ゆずさんが、接客で意識していることは?

清潔感を大事にしていますね。本指名のお客様を増やすには、「また会いたい」と印象を残さないとダメ。それで、密着したときに「いい匂いだな」と、石鹸やシャンプーの香りで記憶に残るように意識しています。その方が、彼女っぽいじゃないですか。私は女性主導で責めるのがそこまで得意じゃないので、自分で強みを活かしているんです。

――女性によって、接客の仕方も変わっていくんですね。

基本の接客は手コキだけなので、キャラクターでどう差別化できるかが重要ですね。 それもあって、仲がいい本指名のお客様には、就職の相談や素のキャラでお話ししているんですよ。

――会話面でも工夫されているんですか?

サラリーマンのお客様が大半だから、人生の先輩として聞くお話がすごく参考になるんです。お客様も仕事の悩みやプライベートなことなど、色々なお話をしてくれますし、そうすると私自身も接客が楽しめるんですよ。

――本当に好きな子に会いに来るような感じなのですね。会話メインのお客様も多いですか?

もちろん大半は、20分、30分のハンドサービスがメインです。でも、本指名の方になると会話だけ楽しみに遊びに来てくださる方も結構いますね。お客様から「会いたいから遊びに来たよ」「会ったら癒された」なんて言われると、すごく嬉しいです。

――お給料はもちろん、接客自体を楽しめるのって素敵。今後の目標は?

奨学金はほぼ返済できたので、就職が決まるまではお店にいたいですね。しばらくは、将来に向けて貯金を続ける予定です。それと私、海外のアイドルが好きなんですけど、効率よく稼げるようになったことで、語学の勉強する時間も増えたんですよ。将来、語学を生かせる仕事をしてみたいので、浮いた時間を使って勉強も進めていきたいです。

――浮いた時間を有効活用されていて、偉い!最後に、ゆずさんから見た、このお店の魅力を教えてください。

「こんなことまでするの?」って思う、ハードサービスが一切ないところですね。他のキャストさんやスタッフさん含めて、周囲に何でも相談しやすい環境です。全裸にならないし、 手だけのサービスで病気の不安もありません。しかも、接客前には医療用の消毒剤で自分もお客様もキレイにするから衛生的です。初めてだらけで、風俗が不安な女性にこそお勧めしたいお店です。

編集後記

藤原リョウコ

藤原リョウコ

首都圏を中心に、複数の店舗を展開する人気のオナクラ店『かりんと 五反田店』。今回取材したゆずさんに、この仕事で稼ぐ秘訣を尋ねたら「ランキングに入る人気キャストさんは、普段から人柄が素敵なんですよ」と、ヒントを教えてくれました。そんな彼女も私から見ると同様で、取材中も愛嬌抜群、彼女感がお客様から好評なのも大きく頷けます。キャストさん同士も仲が良く、和気あいあいとした雰囲気で、悩みを一人で抱え込む心配もありません。また、病気や感染症予防対策も万全で、接客前には医療用消毒液の使用を徹底。お店の雰囲気だけでなく、こんなご時世だけど不安なく働きたいと思う女性には、ぜひともお勧めしたい店舗でした。

  • 取材・文=藤原リョウコ

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由