店長・スタッフインタビュー 「マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子」安川さん

女性がお客様を選ぶ。希望条件の合う男性とだけ楽しく遊んで、お小遣い稼ぎ♪

PROFILE

安川マネージャー(48歳)

九州地方出身。風俗業界歴30年。様々なジャンルの風俗店を経営してきた。これまで面接した女性は、1万人以上!趣味はポーカー、ゴルフ、釣り。乗馬も得意で、休日は乗馬クラブへ。インド旅行で人生観が変わり、瞑想する時間を大切にしている。

このインタビューのポイント!

  • 業界初の「逆ナンパ的マッチングシステム」
  • 「働く」よりも「遊ぶ」感覚で。条件に合う男性と会える
  • 男性のプロフィールを確認できるから、身バレ対策も完璧

「男性が女性を選ぶ」という従来の風俗の概念を覆す店がある。男性も女性も登録制で、希望条件に合った異性と待ち合わせをする『マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子』だ。

風俗というカテゴリーで営業してはいるが、そのシステムはまるで出会い系アプリやデートクラブのよう。風俗とは思えない全く新しいシステムが好評で、素人好きの男性から絶大な支持を得ているという。空いている時間を楽しみながらお金に換えることができると、女性たちの間でも密かに話題になっているのだとか。

ここでは、女性がお客様を選ぶことが可能。実際に登録している女性の声を聞くと、「働く」という感覚よりも「フィーリングの合う男性と楽しく遊んでお小遣いを稼ぐ」という感覚に近いそうだ。

このシステムを考案した安川さん曰く、「登録している女性は本当に素人ばかり」。普通に働いているOLや学生が気軽に登録しているという。風俗未経験の女性や風俗に抵抗がある女性にぴったりのお店と言えるだろう。

業界初の「逆ナンパ的マッチングシステム」

マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子

――業界歴が相当長いとお聞きしましたが、いつ頃から風俗のお仕事をしているのでしょうか?

初めて風俗業界に入ったのは、もう30年も前のことなんです。いろんなジャンルの店を経験しましたね。

――30年前から!この業界の酸いも甘いも知っていそうですね。これまで、どんなジャンルのお店を経験してきたのか教えてください。

最初はピンサロのアルバイト。その後は、自分で高級デートクラブや外国人専門のデリヘル、テレクラ、風俗エステ店などを経営していました。軌道に乗った店を人に譲り、また新しい店を作る。新しいことにチャレンジするのが好きなので、そうやってどんどん違うジャンルの店をオープンさせてきたんです。当時も今も、「日本で一番面白い店を作る!」という気持ちはまったく変わっていません。

――こちらのお店はマッチング方式。これも安川さんのアイデアですか?

はい、このシステムを考えたのは2010年。当時の店は人に譲ってしまいましたが、オープン当初から評判はよかったですね。その後、2012年~2016年頃まで、一旦この業界を離れて。約1年半前に、同じシステムでこの店を始めたんです。

――風俗業界に復帰しようと思ったきっかけは何かあるのでしょうか?

長い付き合いの友人に、結婚相談所を経営している女性がいまして。彼女と食事をしている際に「人と人とを結びつける素敵な仕事をしているね」って言われたんですよ。ちょうど、風俗に対して若干否定的な感情が沸き上がってきて業界を離れていたときだったので、その言葉にハッとしましたね。それで、もう一度マッチングの風俗店をやろうと思ったんです。

――風俗店は男女の出会いの場でもある、と。たしかに、そういった一面はあるかもしれませんね。

結婚相談所と言えば、マッチングのプロ。彼女は本を出版するほど、その世界では有名なんです。そんな彼女に、自分のアイデアや仕事を「素敵」だと言ってもらえたことは本当に嬉しかったですね。

――こちらのお店は「マッチング」の風俗店。男女を結びつける大事なお店です。

風俗業界に復帰を決めてまず考えたのは、男性と女性が「ウィンウィン(Win-Win)の関係」でいられるような、これまでにない価値観の店を作るということ。お金のためというよりも、女性も楽しめる店を作ろうと決めたんです。

――男性も女性も登録制で、女性はプロフィールを見て相手を選べるそうですね。システムが風俗っぽくなくて、面白いコンセプトのお店だと思いました。

コンセプトは「素人女性と直接電話で話して待ち合わせ」。女の子を電マで気持ちよくさせて、お返しにヌイてもらうという業界初の逆ナンパ的マッチングシステムです。

――システムを簡単に説明していただけますか。

エントリーシートをもとに、条件に合った男女をマッチング。実際に待ち合わせした後は30分ごとに時間が区切られていて、まず最初の30分間はお試しタイム女性は服を脱がず、男性客は電マを使って女性との相性を探ります。その後、延長するかどうかは相性次第。もちろん、女性から延長をお断りしてもOK。「電マ付きのお見合い」とイメージすると分かりやすいかもしれません。

「働く」よりも「遊ぶ」感覚で。条件に合う男性と会える

マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子

――なるほど。そもそも、どうしてこのシステムのお店を始めようと思ったのでしょうか?

風俗は男性優位な世界だと、ずっと思っていたんです。風俗店では、男性がお金を払って女性を選びますよね?でも、風俗嬢が自分好みの女性じゃないと、気分が乗らないものなんですよ。価値がある女性にはいくらでもお金を払うのに、そうじゃないと損した気分になるのが男の心理。

女性の場合は、仕事と割り切れば大体どんなお客様でも大丈夫なところがあるんですけど、それをずっと続けていくと心が病んでいく……。そんな状況をなんとかしたくて考えたのが、このシステムなんです。

――たしかに、風俗店では女性が男性客を選ぶことはできませんよね。嫌なお客様も我慢して接客しなければならない……。

お金を払う、貰う。立場は違いますが、女性も男性も相手次第で楽しめるかどうかが決まると思うんです。

――好みの男性だったら、接客するのが楽しくなるかも(笑)。

好きなタイプの相手と遊んでお金を貰えたら最高じゃないですか?(笑)これは私の勝手な持論なんですけど、女性も男性と同じくらいエッチなことが好きだと思うんです。根っからのエッチ好きの男女が、お互いの条件に合った相手と遊んで楽しめるのがうちの店。だから、面接の際には必ず女性に「エッチなこと好きですか?」と聞くようにしているんです。女性にも思いっきり楽しんで欲しいと思って作った店ですから、嫌々やって欲しくないんですよ。

――聞けば聞くほど風俗店っぽくないですね。

実際に登録しているのは、風俗には抵抗がある、風俗はやりたくないと思っている女性ばかり。「働く」って感覚で登録している女性は少ないですね。「相手を選べるのがいい」「時間に自由さがある」という声をよく聞きます。

――ということは、女性は専業でこの仕事をするというより、空いた時間でちょっと稼ぐ、というイメージなのでしょうか?

擦れていない素人女性」が、うちの店のこだわり。登録しているのは、ごく普通の仕事をしている女性や学生です。この店の仕事を専業でやっている子はひとりもいません。見た目も風俗嬢っぽくない女性が多いですよ。

――こちらのお店を利用する男性は、「素人女性」が好きな方ばかり?

はい。素人女性と遊びたい、会いたいという願望を持っている男性が利用しています。利用客のほとんどが「素人・電マ・風俗」でインターネット検索して、この店を見つけているみたいですね。

――中には、一般的なデリヘルだと思っている男性もいますか?

念のため、登録する際は必ず電話で「デリヘルのようなプレイを求めているのなら、そのご要望にはお応えできません。女性はほとんど素人。今どこで何をしているのかは、私たちスタッフも把握していないため、今すぐに女性と会えるかどうかもお約束はできません。」とお伝えしています。

男性のプロフィールを確認できるから、身バレ対策も完璧

マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子

――すぐに会える保証もないのに、登録する男性が増え続けているとは……!男性はどこに魅力を感じているのでしょう?

相席屋や合コンで出会った女性だと、ホテルまで行ける保証はないですよね。でも、うちの店を利用すれば、素人女性とホテルまでは行けるんです。そこからは、男性の腕の見せどころ。風俗嬢ではない普通の女性とどこまで行けるか、どういうプレイができるのか。そこに挑戦するのが楽しいんだと思いますよ。

――そういう男性心理があるんですね。延長時間やプレイ内容は、男性が女性に交渉するのでしょうか?

交渉というより、その場の雰囲気や流れで。ナンパした相手と同じで、女性が無理!って言ったら無理なんです。もちろん、本番はなし。接客時間の平均は90分~120分ですが、女性には「30分のお試しタイムの段階で無理って思ったら延長をお断りしてください」と伝えています。

――どんな男性が登録しているのか教えてください。

利用客の約半分が個人事業主や会社経営者で、リピート率は80%以上。年齢は20代前半~60代と、幅広い年代の方が登録しています。

――女性が男性を選べるんですよね?

男性からエントリーがあると、その条件に合った女性だけに「男性のプロフィールを確認しますか?」と連絡します。そして、確認したいという場合のみ、男性のプロフィールを送り、実際に会うかどうかを決めてもらうシステム。男性の電話番号やメアドをチェックできるので、身バレ防止にもなると女性からの評判はいいですね。

――会う前に電話番号とメアドを確認できるのはいいですね。女性へのバックはどれくらいですか?

最低50%バックです。お試しタイム(30分)の料金は初回のお客様が10,000円で、リピーターが8,000円なので、その半額+交通費が女性へのバック金額になります。その後の延長料金は、30分ごとに男性が払う金額の半分が女性の収入に。自分で設定した金額にマッチした相手同士ですから、金額に関してはお互いに納得した状態で延長することができます。

――延長料金の設定金額はいくらぐらいが多いのでしょう?

平均すると、30分12,000円ぐらい。女性へのバックはその半額なので、6,000円です。男性が支払う金額は、一番低い設定でも30分8,000円。上限はありませんから、30分20,000円以上の高額バックを貰う女性も結構いるんですよ。

――登録している女性はどんな方が多いですか?

ほとんどが風俗未経験の女性で、年齢は19歳~30代面接、登録に関しては誰でもOKです。面接ではシステムの説明だけしますので、簡単に始めることができますよ。お金のやり取りはすべてLINE Payで行いますから、私と会うのも面接の時だけ。事務所に出勤したり、お給料を取りに来る必要はありません

――それはラクでいいですね。今後、こういったシステムのお店はもっと流行ると思います!

今後は、日本全国どこに行っても、どこに住んでいても条件に合う相手を見つけられるようにしたいですね。そのためにも、この店を全国展開していきたいと思っています!

マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子

渋谷 デリヘルのお店

安川さんが所属する
「マッチング方式 東京モニターガールズ 電マ女子」であなたも働きませんか?

このまま応募する