キャストインタビュー 「かりんと赤坂」しずかさん

夢は飲食店経営!開業資金に向けて体に負担なく続けられるオナクラ店

公開日:

プロフィール

かりんと赤坂 / かりんとグループ

しずか(19歳)

愛知県出身。自分で飲食店を経営したいと思い立ち、開業資金を貯めるために同店へ。大学に通いながら兼業でイベントコンパニオンとしても働く多忙な日々を送っているが、体力的に無理なく働けているそう。ハローキティが大好きで、趣味はサンリオショップをめぐること。キティちゃん好きがお客様にも知られており、ご当地グッズをプレゼントされることも多い。周囲から天然キャラと言われるが、接客に関しては顧客情報をノートで管理するほどの真面目でしっかりとした性格。

このインタビューのポイント!

  • ダミー店の誇大求人広告に騙された
  • オプションを自分で薦められるから、短いコースでも効率よく稼げる
  • 店舗経営の夢に向けて、居心地のいいお店づくりを勉強中

手コキのみのソフトサービスにこだわり、都内に複数のオナクラ店舗を運営する「かりんとグループ」。オプションでもオールヌード、キス、フ〇ラが一切なく、風俗未経験者でも抵抗なく始めやすい。さらに風俗店評価サイトでも、「最優秀オナクラ店」の称号をもらうほどの人気オナクラグループだ。その中でも『かりんと赤坂』は、大手企業やテレビ局など、立地的にも一流ビジネスマンが多く勤めるエリアに店を構えており、客層は紳士的。待機所となるオフィスや接客場所のレンタルルームも広く清潔感にあふれていて、在籍キャストからの評判も上々だ。

今回インタビューしたキャストのしずかさんに入店の経緯を伺うと、こちらのお店に応募する前に、ソフトサービスをうたうダミー店の求人に騙されたことがあると打ち明けてくれた。ダミー店とは、架空の求人内容で女の子を呼びこみ、実在するハードサービスのお店で採用する悪質な求人のこと。
そこでの教訓から、本当にソフトサービスだけで働けるお店を求めて、『みっけStory』の姉妹サイト『みっけ』で同店の求人を見て、入店したという。ダミー店とはどのようなものなのか、また現在のオナクラ店での働きやすさについて伺った。

ダミー店の誇大求人広告に騙された

かりんと赤坂

――風俗で働くのは、こちらのお店が初めてですか?

いえ、最初はとある求人サイトを見て、池袋にあるオナクラ店へ面接に行きました。そこのお店は、求人で「脱がない」「舐めない」「触られない」と書かれていて、ソフトサービスで働けそうだなと思い応募しました。でも、実際に面接へ行ったら「ヘルス店で求人を出すと女の子が集まらないから、オナクラ店として求人を出しているんです」と言われたんです。

――えー!いわゆる釣り求人だったんですか。それは酷いですね。

ただ、そのときはもう風俗で働く覚悟はできていましたし、「そういうものなんだ」と思って体験入店に向かいました。だけど結局、その後すぐに風邪をひいてしまったり、体力的にも精神的にも合わなくてすぐに退店してしまいました。
後日ネットで調べたら、架空のお店として嘘の求人を出して違う店舗で女の子を採用する、いわゆる“ダミー店“というものがあることを知り、本当にショックでしたね。

――そこから、こちらのお店にはどうやって?

今度は違う求人サイトで探そうと、ネットで検索するうちに『みっけ』にたどり着きました。改めてソフトサービスで働ける店がないか調べて、仕事内容が詳しく書かれていた今のお店へ応募しました。かりんとグループは都内に何店舗かありますが、私は兼業でイベントコンパニオンをしていて、絶対に派遣先で来ないのが赤坂エリアだったため、身バレの心配がなさそうなこちらのお店を希望しました。

――面接でのスタッフさんの印象はいかがでしたか?

明るくてフレンドリーな印象がありましたね。ダミー店の面接は、すごく事務的なスタッフさんだったんですよ。ここのお店は、「うちはのお店はハンドサービスのみだから、いきなり1日5万円も稼げるとは思わないでくださいね」とはっきり言われました。でもそこから「その代わり体には負担がないですし、最初は1日2~3万円でも頑張れば上を目指せますよ」と言われ、お給料に嘘がないところが安心できましたね。

――面接での対応に嘘がないと、逆に安心感がありますよね。他にはどんなお話をされましたか?

目標金額や入店理由ですね。採用が決まったあとは、口頭で接客の流れを教えてもらい、「こういうときはどうしたらいいですか?」と、接客対応で疑問に思ったことをいくつか質問しました。でも、最終的に「困ったら、お客様の前でもいいからすぐに電話して」と言われて不安が吹き飛びました。

――ちなみに、しずかさんの入店理由は?

姉がバーで働いていて、その姿がすごく楽しそうで、私も将来は飲食店を自分で経営したいと思っているんですよ。その開業資金を貯めるために始めました。

――なるほど。でも、それならご自身でもバーで働こうとは思いませんでしたか?

お酒がそこまで得意ではないですし、短期間でそこまで稼げないなと思ったので。ヘルスで体験入店したときに思いましたが、やはり体に負担なく続けられる仕事がいいなと思い、こちらのお店を選びました。

オプションを自分で薦められるから、短いコースでも効率よく稼げる

――今は入店してどれくらい経ちますか?

入店して2カ月目になります。大学が終わってから出勤していて、平日週5日で5~9時間待機1日平均3万円くらい稼げていますね。時給換算すると高額なので、私としてはかなり満足できている額です。

――お客様はどのような方が多いですか?

20~60代と幅広くて紳士的なサラリーマンの方が多いですね。場所柄テレビ局も近く、「この人見たことあるな」という有名人もいらっしゃいます(笑)
みなさん優しい方ばかりですし、差し入れをいただくこともよくありますよ。

――お店はビジネス街や繁華街に囲まれていて集客も期待できますし、キャストさんとしても通勤しやすそうですね。接客場所はどちらになりますか?

待機所のすぐ近くにあるレンタルルームで、とても広くてきれいです。20分コースが人気で待機所にいることもほとんどないですし、短いコースでもオプションを女の子からお客様へおすすめしてつけてもらえますし、思っている以上に稼げる日も多いですね。

――オプションは、キャストさんからお客様へご案内するんですか?

はい、基本接客はハンドサービスのみで、レンタルルームでお客様にお会いしてから決めていただきます。
オプションは豊富なため最初に覚える必要がありますが、基本のオプションがセットになったパックコースもあるので、それだけでも充分稼げます。あとは「ハグしたい」とか「これが得意なの」とお客様にオススメすると、「じゃあそれにしよう」と付けていただけますので難しくはないです。それにリピーターのお客様になると120分コースなど長い時間も増えて、一緒にお部屋で食事してから接客なんてこともあります。

――お得なパックコースや、キャストさん側で好きなプレイに誘導できるのは接客しやすいですね。スタッフさんから稼ぐためのアドバイスをもらうことはありますか?

スタッフさんは、皆さんお兄ちゃんみたいな雰囲気で話しかけやすいんですよ。ちょっとした雑談をすることもよくあります。でも、お仕事の話は在籍キャストさん同士ですることが多いですね。集団待機でキャストさん同士仲がいいのもあるんですけど、実際に接客している人から聞いたほうが、より具体的なアドバイスが聞けてわかりやすいですし、先輩キャストさんからも「何か困っていない?」と話かけてきてくれて、人見知りの私にも相談しやすい雰囲気です。

――実践的なお話をきけるのは嬉しいですね。指名を増やすために取り組まれていることはあるんですか?

お客様のことを覚えていたほうが、リピートに繋がりやすいと先輩に教えてもらったことがあり、お客様ノートをつけています。ノートには、お名前と前回いつ来ていただいたか、またそのときにした会話の内容、特徴、来店日付などをメモしていて、次回お会いしたときに、この間の会話の続きから話すことができて好評です。

店舗経営の夢に向けて、居心地のいいお店づくりを勉強中

かりんと赤坂

――入店して、最初にとまどったことはありましたか?

接客に関してはハンドサービスがメインなので、難しい内容はなかったです。でも、お客様によってどこが気持ちいいのか、どんなことが嬉しいのかとなると、皆様全員バラバラなんですよね。そうなると、「どうやって接客するのが正解なんだろう?」と思ったときはあります。

――そこからどのように乗り越えられましたか?

あれこれ迷わずに、遠慮せずに直接お客様に聞くようにしたんです。「これが気持ちいいですか?」みたいな感じで。そうするとお客様も年上の方が多く、「何もできないのか」なんて嫌な気持ちにはならずに、皆様喜んで教えてくれますね。

――確かに年上の方だと、むしろ甘えられたほうが嬉しいかもしれませんね。お仕事のやりがいはどんなところにありますか?

人見知りな性格でしたが、この仕事を始めてから色々な人に出会える楽しさを知りました。特に「ありがとう」や「元気な姿が見られて嬉しいよ」と言われると、そういうときはこの仕事をしていてよかったなと思います。

――お客様の声が直接聞けるのは、接客業のだいご味ですよね。

あとは最初ダミー店の面接に行ってしまい、お店選びを失敗したことも大きいのですが、とにかく体力的にも無理なく続けられていることが嬉しいです。
シフトも学校の都合に合わせて入れやすいですし、突然体調が悪くなってしまってもスタッフさんが優しくて休みやすいです。
あとは「そんなことか」と思うかもしれないですが、待機所もレンタルルームもオフィスやトイレがすごくキレイなところですね。私、実は駅ごとにキレイなトイレをリスト化しているくらい潔癖なんです(笑)

――いやいや、オフィスの快適さは女性側からするとお店選びのポイントのひとつですよね。しずかさんの今後の目標はありますか?

とにかく続けやすいお店なので、今後もしばらく開業資金を貯めつつ、ネイルや髪の毛など自己投資にもお金をかけたいですね。そして、今のお店のように関わる人皆が楽しみながら働ける飲食店をいつか開業したいです!

――しずかさんの将来の夢にも、今のお店のいいところが影響しているんですね。

キャストとスタッフさんが優しくて仲がいいというのは、働く側としても経営者としても大事だと思うんですよね。そのお店の雰囲気がお客様にも伝わっていい客層に繋がり、お店が流行っていく秘訣ではないかなと思います。経営者としても学びながら、目標額まで頑張ります

かりんと赤坂
  • 取材・文=藤原リョウコ(@fz_fujiwara
  • 撮影=AKIO

渋谷 オナクラ・手コキのお店

しずかさんが働く
「かりんと赤坂」であなたも働きませんか?

このまま応募する

編集部おすすめのMyStory

働くエリア

働く業態

入店前の風俗経験

給料(月額)

働き方

働く理由